精神年齢は高いのに、なぜか小さいままのベロニカ。これまでずっと謎でしたが、それが当たり前なのではないか?という結論が出せました。

 

まるでロトゼタシアの全てを知っているかのようなベロニカの行動と言動。

 

その理由は、キナイと人魚のロミアの関係に答えがありました。

 

この考察は、ロトゼタシアの世界が二つあったのではないか?という自分の考察をぶっ壊す記事の始まりになると思います。

スポンサーリンク

亡くなった人間は、命の大樹の葉になる。よってキナイとロミアは、巡りめぐって再び会っていた?

人魚のイベントがなぜ行われたのかを考えていると、おかしな点に気づきました。

 

キナイのおじいちゃんと、ロミアが愛し合っていましたよね?

 

そしてロミアが再会したキナイは、孫の代になります。

 

しかしキナイの孫と言っても、血の繋がりがありません。

 

ということは、ロミアが握ったキナイの手が似ていたのはおかしいのです。

 

なぜ似ていたのか?

 

それは、巡りめぐってキナイ本人が生まれ変わっていたからです。

勇者たちのデジャブは、似て非なるものだった

大樹崩壊後の世界。なぜか勇者の回想が入ります。

 

本当に、ベロニカが仲間を転送したのか?その転送によって、仲間は助かっていたのか?

 

キナイとロミアの関係からすると、助かっていないと思います。

 

いかにもベロニカの転送直後かのようにストーリーは流れますが、一体何年経っていたのでしょうか?

 

先代勇者と呼ばれるローシュ。これは、何人か勇者がいたかのような表現。

 

そうです!勇者は何人もいたのです。同じ格好の勇者が何人もね。

スポンサーリンク

時の守り神は、人間は不思議だと言っていた

記憶を紡ぐ人間というのは不思議なものだなぁ……

 

この言葉からも、勇者が何回も生まれ変わっていた事がわかります。もちろん、勇者だけではありません。

 

特に、ベロニカが何回も生まれ変わっています。

 

ベロニカは、セーニャに死するときは同じと言われましたが、そうだといいわねと言っていた。

 

生まれた時は、ベロニカとセーニャは双子として共に成長したのだと思います。

 

ですが、どこかのタイミングで死期がズレてしまった。そして、生まれる時期もズレてしまった。

 

それでも記憶を紡ぎますので、二人はいつの時代でも双子という共通認識を持っています。

 

でも、ベロニカは小さいです。

 

ということは、本当にベロニカは幼いままなので、これで間違いはないのです。

ウラノスの姿は、各々がイメージした姿に映る

なぜウラノスがベロニカを本来の姿ではないと言ったのか?

 

それは、生まれる変わる時期が他の仲間とズレていたから。

 

そしてウラノスがウルノーガの姿で現れた時、各々がイメージする姿に映ると言いました。

 

これもそうです。ウラノスは、ここにいる生まれ変わった全員が、ウルノーガ姿の自分を敵だと共通認識するのかを試したのでしょう。

 

ということは、ウラノスがウルノーガ姿のまま、誰かが仲間として共に行動していた時代もあったという事になりますね。おそらくベロニカ。

時の守り神は、ちょうどタイミングが合ったから、この勇者にニズゼルファ討伐を託したと言っていた

でも、時の破壊者として実力を試してましたよね?

 

最後に食らわそうとした技が、その答えだと思います。何度も転生させたのでしょう。少くとも勇者は、時の破壊者と初対面ではなかったと思います。

 

でなければ、人間は記憶を紡ぐ不思議な生き物とは言いませんね。

この考察だと、ロトゼタシアは最初から一つの世界で、過ぎ去りし時を戻ったのではなく転生して少しずつ強くなった!となる

転生した時点で、全ての記憶と全ての能力を思い出せた訳ではなかった。

 

そして、時の守り神が選んだ勇者のその仲間は、ケトスを強化できるベロニカとセーニャしか確定していない。

 

長い時間と数々の冒険を転生して繰り返すうちに、また一人と仲間が増えていったと思う。

 

とりあえず、ベロニカとセーニャの年齢が違うのに、なぜか双子という共通認識を持っている事は説明がつきました。

 

何度か迷いましたが、やはり先代パーティは数百年前のパーティですね。

 

この考察のオチですが、勇者は本当にエマと結婚したかったのだと思います笑

 

だけど、何度も若くして大樹へと返っていった。

 

エマが必ずイシの村に帰ってきてね!と願いながら勇者を見送るのは、何度目の見送りだったのでしょうか?

 

あの涙は、エマの辛い記憶にも紡ぎ残っていると思います。

 

だから主人公が勇者と言われた時、またか……と眠れなかったのでしょう。

スポンサーリンク