本当にコメントは宝です。

ドラクエ11を色んな角度から考察すると、今までの考察が覆されて面白いですね!

 

今回は、てこさんから頂いたコメントを皆さんに紹介します。考察しちゃって下さいね!
(転載許可は頂いてます)

 

ロトゼタシアにはたくさんの本が散らばっていますが、その中でもてこさんが注目したのがナナシのトレジャーハンターの本

 

勇者がオーブを探す手助けになった虹色の枝に関する本ですね!

 

と思いきや、五章ではまほうの石を手に入れていた!しかもナナシのトレジャーハンターはテオだった!

 

これは見て欲しいと思い、記事にさせて頂きました。

スポンサーリンク

ナナシのトレジャーハンターの本の場所

とあるトレジャーハンターの本の場所です。

 

第1章 グロッタのハンフリーの自室の本棚
第2章 ナギムナー村のキナイの家の本棚
第3章 プチャラオ村の武器屋北の民家の本棚
第4章 クレイモランの民家の本棚
第5章 聖地ラムダの長老の家の本棚

 

まほうの石の事は最後に出てくるんですが、ここでまほうの石がどこで入手したかの経緯が書かれてるんですよね。でも、他の事でも現在までとの細かい繋がりがどこかにあるかも?

ここまで。

 

最初の本がグロッタの町にある。グロッタは神の民の里の近くなんですよね。で、その本の内容が、戦士ネルセンが作ったバンデルフォン王国の話で始まっています。

虹色の枝の行方は?

第1章はバンデルフォンで賞金がかかった虹色の枝の話。数百年前に光の御子が命の大樹から持ち帰ったと伝わっていた。

 

ローシュが枝を持っていたような描写があったようななかったような…情報が多過ぎて混乱気味です。

 

第2章は、ナギムナー村一番の猟師がキナイ・ユキとすぐわかりましたね。人魚イベントとの関連性があるだけで特に深い情報はなさそう…。

 

第3章で、小さなメダル99枚で虹色の枝がもらえる噂を聞いてメダル女学園に行き、だいぶ移動してますね。

 

交換できたものは「渋い紫色のユグノア兵士の服」ということなんですが、冒険者にぴったりな丈夫な服らしく、これが主人公が着ている服みたいなんです。

 

ユグノア王国の映像では着ているような描写なかったですし、特定の人物の服?だとすると「ユグノア兵士」とは書かないだろうし。

 

深い意味はないんですかね。主人公の服はユグノアと繋がっていた、みたいなだけなのか、やっぱり。

 

第4章では、クレイモランに入る前の雪道で「故郷に帰りたい」という若者を助けています。

 

酒場で知り合った砂漠から来た老医師が同行、3人で旅をします。なのでクレイモランには寄ってない様子。

 

この若者がどこの里なのかは、どこかに描写があるかも?

 

第5章は聖地ラムダに本があります。若者の故郷がどこかは不明ですが、若者は里の長の息子でした。

 

この里がラムダの事なのかは不明ですが、光の御子が持ち帰ったまま虹色の枝がラムダにあったとしたらラムダの事なのかも。

 

その里に「まほうの石」と「虹色の枝」があり、まほうの石に関しては記載がありました(笑)完全に見落としです。

 

「世界のどこかにある旅の扉を開き、新しい世界へ誘うまほうの石」

 

ということで、「新しい世界」って書かれている辺りにとても違和感が。

 

テオは散々冒険していて、まほうの石で行ける場所も知っていたかのように思えるので、砂漠やホムラに元々は行けなかった、とかなんですかね?

 

最終的に使える場所を知っていたのでテオは行った事ないのも変ですよね。

 

虹色の枝を受け取った老医師は生涯の宝として大切にすると言っていて、その後サマディーにずっとあったとは思うのですが、国宝か何かになっていませんでしたっけ?

 

この本はただ重要アイテムの行き先の歴史を語っただけにはなんか思えなく、疑ってばかりいます。

ここまで。

 

これは疑いますよ!しかも、新しい世界へ行く旅の扉って……僕はドラクエ11では、旅の扉が別空間への移動手段だったのでロトゼタシア・似の世界を妄想しました。

 

か、書いてあるじゃないですかぁ!

 

いやぁ、盲点でした笑

 

確かにてこさんのおっしゃる通り、テオは砂漠の王国サマディーやホムラの里へはトレジャーハントしていないんですよね。

 

でも、なぜ聖地ラムダの長からテオと砂漠の医師にお礼がされたのかを考えると、これからもお宝を求めると書いたテオは、サマディーへも行っている可能性はありますよね?

 

それは、どう考えてもグロッタの町からメダル女学園へは行けないからです。サマディーへなら楽々行けますね。

 

ということは、テオはホムラの里へも行っています。

 

一度しか入れない旅立ちのほこらの旅の扉は、ホムラの里へ繋がっていた。そして荒野のほこらと呼ばれる旅の扉から旅立ちのほこらへ戻ると、扉が開かないんですよね。

 

この先の世界、行ってみたいですねぇ……。

スポンサーリンク

テオはキナイ・ユキと親友だった。だからメダル女学園やプラチャオ遺跡へ行けた

キナイ・ユキ(キナイのおじいちゃん)と言えば人魚ロミア。テオ、惜しかったですねぇ……もう少しで海底王国ムウレアに行けたじゃないですか。

賢者の石でもトレジャーハントしてきて欲しかったですね笑

メダル女学園でちいさなメダル99枚と交換したのは、ユグノア兵士の服?

勇者がイシの村を旅立つ時、ペルラに着せてもらったのがこの服ですね。まさかテオがおデブちゃんで着れなかったから、勇者にあげたとは……笑

 

これは勇者が知れば、一番驚くでしょうね!

 

ではない!

 

メダル校長は、勇者を見てメダル集めのセンスがあると言っていた。やはり、勇者の着ていた紫色の服が、その昔はメダル99枚で交換していた服だったからでしょう。

 

それを越えるちいさなメダル100枚で、勇者の盾がもらえます。

 

トレジャーハンターテオ!装備できないけど、惜しかったね……あと一枚!どうせ旅立ちの日にくれるなら、勇者はそっちが欲しかったよ?笑

紫色の服はユグノア兵士の服。なのにロウもマルティナも気づかなかった?

おそらくテオも気づかなかったと思います。そうメダル校長に言われたから、ユグノア兵士の服と書いたのだと思います。

 

ローシュの時代から、数百年の歴史がありますからね。衣替えしたのかな?

 

浅い!そんな意味のない記述を残す訳がない!

 

そもそも、ちいさなメダル99枚集めるのは、世界中を旅しないと無理!それはメダル校長もわかってる。そして勇者の盾は、ネルセンの迷宮ではなくメダ女にあった。メダ女は、モンスターも共存する国。そんな神の民の里のような長のメダル校長が、99枚でユグノア兵士の服をくれた。

 

テオも段々、このトレジャーハントの旅の意味がわかってきた段階なのかもしれませんね。

 

どうしてこんな古い服をワシに……き、着れない!

バンデルフォンで虹色の枝に価値をつけたのは、最終的にどこかの王様に持たせる為?

一体何の為の枝なのかもわからないのに、光の御子が大樹から持ち帰ったとされて価値をつけた虹色の枝。

 

そりゃ売りますよね?転売を繰り返せば、高値で買ってくれるのは王様しかいない。

 

砂漠の医師が、サマディーの国宝としたのも頷ける。

 

これなら、いつか勇者の下へ虹色の枝はたどり着くでしょう。(実際は、サマディー王は売っちゃったけどね笑)

 

にしても、グロッタの町は不思議な町ですよねぇ。武闘会に虹色の枝とイエローオーブですよ?

 

さぞかし、虹色の枝は光まくったでしょうね笑

 

じゃなくて……

 

そこにはロウとマルティナがいました。出会う運命にあり、とある商人にグロッタへ導かれた。

 

商品は、優勝と準優勝者に与えられる。しかも闘う。

 

これも、勇者たちの経験値を高めるイベントだったのでしょうね。

テオは聖地ラムダの長の息子を助けた

クレイモランへ行こうとしていたのに、テオは聖地ラムダへ向かう。助けた男の故郷がラムダだとわかったのはなぜ?かは重要ではないと思うけど、そのきっかけで出会った人物が重要だった。

 

聖地ラムダの長!

 

お礼に虹色の枝とまほうの石をくれたのですが、先に選んだのはテオなんですよね?

 

その時テオは、なぜか求め続けてきた虹色の枝ではなくまほうの石を選んだ。虹色の枝は砂漠の医師が持ち帰る事になったのですが、まほうの石は新しい世界への旅の扉に繋がっていた。

 

もうね、誰かに導かれてるとしか考えられませんね。

 

テオがたどり着いたのは、存在しなかったイシの村

世界中を旅していたテオも、まさかこんな所にイシの村が存在していたとは思わなかったでしょう。

 

そして釣りです。テオは釣りが好き!

 

ではないですよね?

 

この続きは、次の記事にします笑

ということで、てこさんから頂いたコメントと僕の考察を記事にしました。本当に皆さん凄い!

 

僕は時の代弁者の気分です。ありがたいですね。

 

こうしてネットで公開させて頂けるので、皆さんの考察を楽しみにする方もいるでしょうし、僕なりにまとめて記事にすることで、コメントでは隠れてしまう見て欲しい内容を、見やすくできるのも嬉しいです。

 

まだまだわからない事だらけのドラクエ11。

 

新たなコメント、お待ちしてますよー!

 

つけさんに続いて、てこさんが本気出してきたので、僕もがんばろー笑

スポンサーリンク