ケトスでは行けない試練の里。そこには神の民がいるのですが、またベロニカの爆弾発言です。

 

イゴルタプの兄弟なのよね。どこか似てると思ったわ!

 

ちょ、ちょっとベロニカさん?今なんと?

 

それ、誰に聞いたの?

スポンサーリンク

ルーラで試練の里へ行けるが、ロトゼタシアの地図上には存在しない

神の民のイゴルタプ長老は、淡い青色の服。ベロニカの爆弾発言の兄弟は、青色の服。

 

特に繋がりはないと思いますが、同じ神の民なのに居場所が違うのは変。

 

しかもベロニカが兄弟と言いましたから、本当にびっくりした。

 

二人の姿を比べて見ましたが、まぁそっくりでした笑

神の民はロトゼタシアにいる。では試練の里にいるイゴルタプの兄弟はどこにいるの?

そもそも試練の里へは、旅の扉からたどり着いた。そして、試練の里からケトスは呼べない。

 

全くの別世界なんですよね。でも、共にニズゼルファ討伐を目的にしてます。

 

時系列は同じですね。

スポンサーリンク

ロトゼタシアと、ロトゼタイシス。二つの世界が存在する?

ロトゼタイシスの世界については、神の民の里の本に詩集として残されています。

 

命の大樹の種子を育て、大地が出来て生き物が生まれ、最後に人間が生まれた。

 

それを見届けた後、聖なる竜の種火を持って、雲の中に隠れた。

 

すべてを知る者となった神の民は、命の大樹を空から見守ることにした。

これがロトゼタイシス?

 

でも、命の大樹は聖竜が姿を変えたものですよね?

ニズゼルファは、聖竜の大樹のたましいを狙っていた

聖竜は、ニズゼルファに倒されます。しかし、そこへ現れたのは失われし時の化身。

 

聖竜は奇跡が起こったと言いましたので、失われし時の化身の姿は見えていない様子。

 

命の大樹となった聖竜がいる世界は、ロトゼタシアと呼ばれている。そして、再びニズゼルファに襲われた時の為に勇者を用意したとなってます。

 

聖竜が命の大樹にはなりましたが、ロトゼタシアの大地を作ったのは神の民ということでしょうか?

 

ストレートに考察してみる

聖竜は、ニズゼルファに倒された。しかし失われし時の化身が聖竜を甦らせ、聖竜は姿を変えて命の大樹となった。

 

命の大樹の種子を育て、後に神の民となる小さき者たちは、人間の誕生を見届けて聖なる竜の種火と共に雲に隠れた。

 

そして空から、命の大樹を見守ることにした。これがロトゼタイシスの詩集である

 

ん?なにかおかしい……ロトゼタシアじゃなくて、ロトゼタイシス?

命の大樹となった聖竜のたましいがニズゼルファに狙われた時、ニズゼルファはパープルオーブとブラックオーブを目に宿していた

つけさんから頂いたコメントから、神の民の里に描かれたニズゼルファの目に、どうやらパープルオーブとブラックオーブを目に宿したニズゼルファがいた事がわかりました。

 

いつもコメントありがとうございます!

 

しかし、ここには二つの大樹の絵があります。

 

一つは、イエローオーブらしき物をもった命の大樹。そしてニズゼルファに襲われているかのような命の大樹には、イエローオーブがありません。

 

イエローオーブを光とするなら、パープルオーブは闇。ブラックオーブは邪でしょうか。

 

ニズゼルファに大樹のたましいを狙われた時は、命の大樹は大地に誕生した勇者を用意していた。

 

光の子と呼ばれている勇者の剣は、闇を打ち払う力を持つ。

 

この時のイエローオーブには、その力があったのかもしれない。だから命の大樹はイエローオーブを勇者に渡していたのかもしれない。

イゴルタプのいる神の民の里の技術は、忘却の搭と同じ技術。しかし、ネルセンの神殿には使われていない

宙に浮く床でしょうね。ということは、プワチャット王国の古代技術が使われているかもしれない。

 

しかし、神の民の里のように試練の里は宙に浮いているとはいえ、イゴルタプのいる神の民の里のような宙に浮く床はない。

 

そもそもロトゼタシアの地図上にないのだから、そこがロトゼタイシスの世界だと思う。

命の大樹の種子があれば、世界はいくらでも作れる

命の大樹に姿を変えた聖竜。その種子を育てて大地と生物を生み出したのが神の民。その世界はロトゼタシアだと思う。

 

そして、命の大樹の種子を別空間でも育てた。そこに出来上がったのが、ロトゼタイシス。

 

島を宙に浮かせる技術を開発したのが、ロトゼタシアにあったプワチャット王国なら、ロトゼタイシスと思われるネルセンの神殿も、同じ技術で島が浮いていると思う。

 

イゴルタプの兄弟は、こうして二つの世界の雲の中に隠れたのかもしれない。

 

移動手段の旅の扉も、プワチャット王国の古代技術だと思う。

この記事のオチとしては、イゴルタプは二人兄弟ではないかもしれない。だから、世界は複数存在するかもしれない。

 

その理由は、勇者とエマが結婚した記念の絵に、アーウィンとエレノアとテオが映っている。

 

その頭には、天使の輪があるのよ……オマケにスライムもいる。結婚式の絵はイシの村っぽいけど、そうではないね

 

これはロトゼタシアで言われている、亡くなったものは大樹の葉になるという流れとは違うことを意味します。

 

イゴルタプに兄弟がいて、ロトゼタイシスという世界は命の大樹の種子から生まれていたので、よく言われるロトシリーズの続きとか天空シリーズの続きとかの考察では、全然方向が違うことがわかります。

 

つけさんのおっしゃる通りでした。

 

やはり、ドラクエ11の考察を進めなければ、どのように他のドラクエへ繋がるのかはわかりませんね。

 

では、コメントお待ちしておりますね!気軽にどうぞ~!

スポンサーリンク