過ぎ去りし時を求めたのが神の民であるなら、このニズゼルファ討伐計画の首謀者はイゴルタプとなる。

 

本当に?

 

ごめん、わかんない笑

 

前回気休め苦笑記事を書いたので、今回はお口直しです。

 

セニカが時のオーブを破壊した事により、ローシュのいるロトゼタシアへ戻ってしまった。

 

つまりこれは、ローシュとセニカの記憶が逆転しているということ。

 

この記事、結構面白いかもしれないよ?笑

スポンサーリンク

セニカの時系列を整理する

ローシュと出会い、ネルセンやウラノスとニズゼルファ討伐を行う。

失敗したので、ニズゼルファの肉体を封印。

しかしローシュを求めて、神の民が持つ神秘の歯車を使って忘却の搭へ。

 

そこで時のオーブ破壊に失敗し死亡。

 

すると、神の民の願いを聞く失われし時の化身が、聖竜同様再び現れる

 

セニカは生き返り、時の番人へと姿を変えた。

数百年後の勇者と出会う

時の番人となったセニカは、ニズゼルファを倒した勇者と出会う。その勇者は、自分にロトの剣・真とローシュの持っていた紋章をくれた。

 

セニカは感謝し、ようやく時のオーブを破壊した。過ぎ去りし時へ戻ったセニカは、ローシュと会う。

 

ここまでが、セニカの時系列ですね。

僕もね、これが過ぎ去りし時を求めたセニカの時系列だと思います。

 

しかし、セニカの中では時が逆転しているのです。

 

その理由は、セニカは数百年も経っているとは思ってないからです。

スポンサーリンク

魔王ウルノーガは誕生しなかった。そして大樹も崩壊しなかった

混乱しますので、実際に起きた事を先に書きましょう。

 

勇者は過ぎ去りし時を求めて、ベロニカがいなくなる前に戻った。

 

しかし、ベロニカにとっては魔王ウルノーガを知らない。

ここが重要ですね!

 

ベロニカが知ってるのは、魔道士ウルノーガです。

 

そして、ニズゼルファを倒しました。

 

ベロニカの時系列では、このように変わったのです。

ベロニカの時系列では魔王ウルノーガに会っていない。でも、嬉し涙を流した

おかしいですね?

 

記憶は紡ぐはずなのに、ベロニカは魔道士ウルノーガに対して初対面のような態度を取ります。

 

ということは、

 

ベロニカの記憶では、魔王ウルノーガは勇者に倒されて平和になったとなっている。そこへ魔道士ウルノーガが現れたので、倒す決意をしています。

 

ベロニカは、こんなことが前にもあった気がする……と、嬉し涙を流す。

 

それもそのはず!自分は魔王ウルノーガと戦ってはいないけど、ウルノーガを倒すという旅を続けていたから。

 

誰が魔王ウルノーガを倒したのかはわからないけど、再び現れた魔道士ウルノーガを倒すとベロニカは言うのです

 

では、セニカに戻りましょう。

先代勇者は、ローシュから勇者ロトへと変わった

元々の歴史は、先代勇者ローシュのパーティが積み重ねたことを主人公が成し遂げました。

 

しかし、時のオーブを破壊してローシュの下へ戻ったセニカは、勇気ある者たちがニズゼルファを倒した事を知っています。

 

よってローシュの時系列は、

 

ニズゼルファは勇者ロトによって倒された。その勇者の名を受け継ぐローシュは、バラモスと戦う運命を背負うことになる。

 

来ました!

 

なぜあの時、ローシュは手ぶらで歩いていたのか?

 

ローシュはケトスに乗ってロトゼタシア中を駆けめぐり、戦士ネルセンと賢者セニカと魔法使いウラノスと出会っています。

 

おかしいですね……もうセニカに会っちゃいました……

 

しかしバラモス城への行き方がわからない。そこでローシュは、先代勇者(主人公)が集めたオーブに目をつけます。

 

これくらいで……いいかな

楽しんで頂けましたでしょうか?

読み返すと、結構強引な考察ですねぇ。書いたのは誰でしょうか。

 

中二病のワシじゃ!

 

先代勇者ローシュのやった事が主人公へ受け継がれ、主人公のやった事が後輩勇者ローシュへと受け継がれる。

 

この記事のオチは、聖竜は主人公にロトの称号を与えたんですよね?なので、ローシュもセニカも主人公が勇者ロトとは知りません……

 

ちょっと待て!セニカは過去へ行ったんだぞ?ローシュと主人公の時代が逆転するわけないじゃないか!

 

可能性はあるんじゃないですかね?時間の流れがないロトゼタイシスにローシュがいたならね……やっぱ強引かな?

 

でも、神の民イゴルタプたちならやりかねない。時のオーブを数百年間破壊させる訳にはいかなかった。

 

それだけ、ニズゼルファは神の民にとって強敵だったのでしょう。

 

こんな考察も、楽しいですよね?
まさか勇者の時代が逆転していたとは……なんてね(笑)

 

ではでは、ここまで読んで頂きありがとうございました!

スポンサーリンク