ドラクエ11のセーニャに関する確定情報のまとめ

姉のベロニカと双賢の姉妹と呼ばれるセーニャ。竪琴を操り、賢者セニカにもっとも近い存在と思われる人物です。

セーニャと言えば、異変後に魔竜ネドラを一撃で倒す程に強かったり、勇者にしか使えない呪文のベホマズンが使えたり、頼りない性格のはずなのに強気な性格になったりなど、様々な謎があります。

 

ここでは、そんなセーニャの確定情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

セーニャとベロニカの性格が逆転している?

異変前のセーニャと言えば、ボケていて頼りない性格。双子のベロニカの性格は、生意気で強気です。

 

しかし、

 

異変後から過ぎ去りし時のセーニャはしっかり者。逆に過ぎ去りし時のベロニカは、まるでセーニャのような弱気な発言が目立ちます。

弱い心があると言うベロニカ

まるで二人が入れ代わっているかのようにも聞こえます。

悲しき恋の歌を歌うセーニャ

悲しき恋の歌を語るセーニャ

異変後にベロニカの死を知ったセーニャは、聖地ラムダで悲しき恋の歌を歌いました。

 

後の世も ひとつの葉に生まれよと契りし
いとおしき 片葉のきみよ
涙の玉と共に 命を散らさん

うつろう時に迷い 追えぬ時に苦しみ
もがく手が いかに 小さくとも
この願いひとつが 私のすべて

 

この歌は、いにしえの時代から聖地ラムダに伝わる死に別れた恋人をいとおしむ歌だとセーニャは言います。

 

いにしえの時代に恋人と死に別れたのはセニカです。

 

セニカがいたのはいにしえの時代だと語るベロニカ

そうなると、この歌を作ったのはセニカになります。しかし詞の内容は、セーニャとベロニカを連想させます。そしてローシュとセニカの歌だとしても、内容が合いません。

 

セニカはどうしてこの歌を作ったのか?

 

それは、時のオーブ破壊によって時系列がメチャクチャになったからだと思いますね。

スポンサーリンク

セーニャのイメチェンリング

大樹崩壊後、セーニャはナイフで髪をバッサリと切ります。そしてイメチェンリングを装備すると、セーニャは過ぎ去りし時でもその姿になれます。

 

どうしてセーニャにイメチェンリングが用意されたのか?そしてなぜ、ベロニカには大人姿になるイメチェンリングがなかったのか?

 

それは勇者が望む願いをネルセンが叶えたからだと思います。実際セーニャは過ぎ去りし時へ戻る勇者に対し、髪の短い私が望みなら、過去の私にそう伝えて下さいと言っています。

 

 

考察・コメントお待ちしております。新たな確定情報がありましたら、追記しますのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク