ドラクエ11のウラノスとウルノーガに関するまとめ

魔法使いウラノスと言えば、様々な一面を持っています。例えば、

古代プワチャット王国の宰相
魔法使いウラノス
預言者ウラノス
魔王ウルノーガ
魔道士ウルノーガ
デルカダール王
いにしえの賢者

 

全くもって実態のわからないウラノスですが、邪神ニズゼルファ討伐成功に欠かせない人物です。

 

そんなウラノスとウルノーガに関する確定情報をまとめました。

スポンサーリンク

ローシュと共に旅をした魔法使いウラノスは、ウルノーガとして体を乗っ取ったデルカダール王に似ている

魔法使いウラノスの姿は、ローシュの記憶や神の民の里の石像でも確認できます。その姿は、体を乗っ取ったデルカダール王に似ています。

ウラノスの顔デルカダール王の顔
出典元©2017 SQUARE ENIX.CO.LTD.All Rights Reserved.printed in Japan ドラクエ11公式ガイドブック

魔道士ウルノーガはデルカダール王の体を乗っ取ったので、二人が似ているというのはおかしな話。似る必要はないですよね。

 

……にしても似てる……僕には、デルカダール王が年老いたウラノスにしか見えませんけどね。

ウラノスは先代勇者ローシュを倒し、ニズゼルファから闇の力を奪う

ローシュがニズゼルファに止めを刺そうとしたその時、ウラノスはローシュを背後から襲った。

 

右手にナイフを持っていますが、映像ではどちらの手を使ったのかは不明。こういう細かい所に目を向けないと、ドラクエ11は考察できません。

 

例えば、聖地ラムダの聖画に描かれた帽子だけ映るウラノスとかね。(笑)
三人に見えてキチンと四人いました。

 

そしてウラノスはニズゼルファから闇の力をもらってその場を去りますが、勇者たちがその記憶を見るきっかけになったのが預言者と名乗ったウラノス自身でした。

スポンサーリンク

預言者ウラノスが、魔法使いウラノスがローシュを倒す映像を見せた

正体を現す前の預言者

年老いたセニカと思われる預言者の姿のウラノスから、勇者たちはローシュたちの過去を知りました。

正体を現したウラノス

預言者ウラノスは、邪神の力を奪った自分はウルノーガとなり、ウルノーガのわずかに残った善の部分が自分だと言います。

ウラノスはローシュを伝説の勇者と呼ぶ

画像にあるウラノスの台詞ですが、ローシュを先代勇者ではなく伝説の勇者と呼んでいます。

 

そして主人公も、ニズゼルファ討伐後の肩書きが伝説の勇者になりましたね。

肩書きが伝説の勇者になる主人公の勇者

神の民の里にあるローシュの石像にも、伝説の勇者ローシュと書いてあります。ですが主人公は、その後聖竜から勇者ロトの肩書きをもらいますよね。

 

ウラノスがローシュを伝説の勇者と呼んだのは、ニズゼルファ自身が二度負けたという台詞を言ったことからもその理由がわかります。

魔王ウルノーガの気になる台詞

つけさんのコメントから

魔王ウルノーガは、「その目……かつての勇者たちをおもわせる。気に入らん」と言います。まるで魔王ウルノーガは、何人もの勇者と対峙してきたかのような台詞ですね。

勇者の目が気に入らないと言う魔王ウルノーガ

その通りなのですが、この台詞は魔王ウルノーガとしての台詞なのか?もしくは元々1つだったウラノスの記憶と重なった台詞なのか?

 

おそらく魔王ウルノーガ自身の記憶だと思います。その理由は、古代プワチャット王国を滅亡させたのが魔王ウルノーガだからです。

プワチャット王国を滅ぼしたのが魔王だと語るロウ

古代プワチャット王国の滅亡は、数百年前とされています。ということは、異変後の世界は数百年の歴史があったということですね。

 

勇者が何度魔王ウルノーガと対峙していても、おかしくはないです。

 

古代プワチャット王国の滅亡については、学者も語っています。

魔王ウルノーガを疑うプチャラオ村の学者

 

魔道士ウルノーガが語る天国の存在

過去へ戻った時の魔道士ウルノーガの姿天国へ連れていくと言う魔王ウルノーガ

 

グレイグに天国へ連れていってやると言う魔道士ウルノーガ。ご存じの通り、魂は冥府から命の大樹へ返ります。

 

魔道士ウルノーガの中では、生き死にの関係がロトゼタシアの仕組みと変わっているんですよね。これでは、大樹システムと天国システムが存在している事になります。

 

この天国システムのおかげで、勇者と表裏一体のニズゼルファを倒せた可能性はありますね。

 

 

考察・コメントお待ちしております。ウラノス関係につきましては、特に確定情報をよろしくお願いします。

スポンサーリンク