失われし時の化身が作る時のオーブ

ドラクエ11の時のオーブに関する確定情報

ドラクエ11では、時のオーブを破壊すると過去へ戻れる設定になっています。

 

そのドラクエ11のサブタイトルは、過ぎ去りし時を求めて。

 

このサブタイトルに時のオーブは大きく関わるのですが、過去を求めるというシステムのおかげで様々な考察に分かれています。

 

そんな時のオーブについてまとめました。

スポンサーリンク

時のオーブとは?

忘却の搭にあり、悠久の時を紡ぐ光の玉ですね。

 

勇者が最新の時のオーブを破壊した事から、いくつもの時のオーブが存在することはわかります。

 

時のオーブを破壊すると、壊した本人が求める過ぎ去りし時へ戻れる。しかし、過去へ戻れるのは本人のみ。

 

時のオーブを破壊したのは、ベロニカのいる過去を求めた勇者と、ローシュが生きている過去を求めたセニカの二人ですね。

時のオーブ破壊後、ロトゼタシアはどうなった?

時のオーブを破壊し、勇者もセニカもそれぞれが求める過ぎ去りし時へ戻りました。

 

その結果、勇者だけではなく仲間たちもデジャブを起こしていました。

 

この事から、全ての人間の記憶は紡がれていると思われる。よってパラレルワールドは存在しないと推測する。

 

※追記
ネタバレ会で、堀井さん自身がドラクエ11はパラレルワールドではないとおっしゃってました。

スポンサーリンク

セニカが時のオーブ破壊を試みた時、時の番人はいなかった

失われし時の化身が時のオーブを作っていますが、彼らは時の流れを見守っているだけで管理はしません。管理していたのは時の番人に姿を変えたセニカでしたね。

 

そして神の民の長老イゴルタプが忘却の搭への鍵となる神秘の歯車を持っていて、時の番人へ姿を変えたセニカが勇者たちが忘却の搭へ訪れた際の手助けとなっていました。

 

セニカが忘却の搭を訪れた時は、時の番人と思われる描写は確認できません。おそらく時の化身以外はいなかったと思います。

 

時のオーブを破壊出来なかったセニカが時のオーブ破壊について詳しかったのは、謎のままです。

時のオーブの技術は、古代プワチャット王国の遺産?

忘却の塔へ入る為に必要な神秘の歯車には、四つのオーブらしきものが確認できます。そして忘却の搭にある動く床は、古代プワチャット王国の魔法技術です。

時のオーブシステムと古代プワチャット王国の魔法技術が同じかは謎のまま。

 

そして忘却の搭の建設技術は、古代プワチャット王国の遺産と思われます。

時のオーブ破壊には、勇者の紋章が必要?

時のオーブを破壊した勇者とセニカに共通するのは、勇者の紋章を持っていたこと。

 

紋章の譲渡が可能なのは、セニカやウルノーガの例からして明らかです。

 

勇者は、オリハルコン製の勇者の剣で時のオーブを破壊しました。一方セニカは、勇者の剣・真で時のオーブを破壊しましたね。

 

勇者の剣・真が何から作られているかは謎のままなので、時のオーブを破壊した剣については共通とは言えない。

 

結果的に勇者の剣は折れ、勇者の剣・真は折れませんでした。これが何を意味するかは、いまだ不明です。

 

 

考察・コメントお待ちしております。新たな確定情報がありましたら、追記しますのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク