ほとんど情報がない古代プワチャット王国。僕らがプレイした時系列では、プチャラオ村として観光名所になってましたね。

 

ご存じの通り、ウラノスは古代プワチャット王国の宰相。そして魔法技術に力を入れていました。

 

それがなぜ?

古代プワチャット王国を滅ぼしたのがウルノーガではないかと言うのです。

古代プワチャット王国とウルノーガの関係を語る学者

もうウラノスとウルノーガさん?謎多すぎですよ?笑

スポンサーリンク

学者の台詞はほぼ確定

ドラクエ11内での学者の台詞は、考察経験上ほぼ確定情報。プチャラオ村にいるこの学者はウルノーガではないかと疑ってると言いますが、この線で考察していいと思いますね。

 

古代プワチャット王国を滅ぼしたのはウルノーガです!

 

これでいいと思います。笑
そもそもなぜこの学者がそう疑っているかの理由がありません。ここで嘘を言う理由もない。

 

だから、本当だと言い切っちゃっていいと思いますね。

光ルートだけでは、ウラノスとウルノーガは語れない

勇者の成功ルートを作る上で、ウラノスとウルノーガを全て光側の行動と考えて語れないんですよね。どうしても闇側の行動も見えます。

 

今回は古代プワチャット王国をテーマにしましたが、ウラノスが魔法技術を研究したこの国を、ウルノーガが滅ぼすって……闇側だよねぇ……?

 

確かにウルノーガはニズゼルファの闇の力を奪い(貰い?)ましたが、勇者のチカラが古代プワチャット王国の魔法技術だと考えると、ウルノーガにとって邪魔なチカラではないんですよね。むしろ悪魔の剣を作るのに必要なチカラでした。

 

それを魔王ウルノーガが滅ぼしたと言うのだから困っちゃう。笑

 

さらに困るのが時系列。僕らがプレイした魔王ウルノーガのいる時系列には、古代プワチャット王国が存在しないんですよね?

 

なんとなく異変前と異変後の繋がりに違和感を持っていましたが、やっぱり繋がっているようで繋がっていなかった。

 

古代プワチャット王国が存在した時系列から魔王ウルノーガがいるので、異変後の世界はかなり前から存在している事になりますね。

 

これなら、天空魔城がいきなり現れたのも納得です。あの城も、かなり古いとなりますからね。

スポンサーリンク

魔王ウルノーガが古代プワチャット王国を滅ぼした目的は?

おそらくウルノーガの闇側の行動かと思いますが、消去法で考えて対ニズゼルファは関係なさそう。やはり魔王ウルノーガとしての自分への脅威ではないかなと思います。

 

でも不満はあります。僕がウルノーガなら、最大の脅威は時のオーブだと思うんですよ。上手く行ってもリセットされてはたまらない。

 

忘却の塔の動く床は古代プワチャット王国の魔法技術なので、ウラノスは関わっています。でも忘却の塔は破壊しなかった。

 

そう考えると、ウルノーガの行動は光側に見える。これではなぜ古代プワチャット王国を滅ぼしたのかが振り出しに……。ガクッ

 

それと気になるのは、神の民の里は破壊しておきながら、天空の古戦場や伝説の鍛冶場が無事な件ね。

 

魔王ウルノーガが知らない訳がないので、忘却の塔と合わせてウルノーガが光側に見える。

 

となると、魔王ウルノーガは光側って事になりますね。ホメロス編では悪役でしたが、魔王ウルノーガもどう考えても光側になってしまう。

 

邪竜ウルナーガとの金の双頭竜の姿とかね。笑

 

もういい加減、ウルノーガを光側と決めつけて考察してもよさそうです。その視点から今回の古代プワチャット王国壊滅理由を考えると……なんでしょうね?笑

 

これは考察コメントお待ちしてます。宛名のないコメントには返しませんのでご了承下さい。ではでは!

スポンサーリンク