幼い頃のベロニカを語るカミュ

テオ・トレジャーハンターは、クレイモラン地方で里長の息子を救っています。クレイモランから一番近い里と言えば、聖地ラムダ。

 

しかし、その息子らしき人物には会えません。情報も全くない。ですが、異変後のカミュがおかしな事を語っています。

 

カミュと言えば、妹のマヤと共にバイキングの一員として暮らしていました。そしてカミュに両親の記憶はありません。出生も謎のまま。

 

そこで、まさかカミュは聖地ラムダ出身だったのか?という考察をしてみたいと思います。

スポンサーリンク

ベロニカを語るカミュの記憶がおかしい

幼い頃のベロニカを語るカミュ2

カミュはかなりベロニカを恐れてますね?しかも具体的過ぎですし、これは幼少期のベロニカそのままの話なのです。

幼少期のベロニカを語る聖地ラムダの村人

幼いベロニカを知ってますね!カミュ。

 

これは本当に、カミュの出身地は聖地ラムダかもしれませんね。

カミュは、まほうの石を勇者と共に使った

テオはトレジャーハンター時代、おそらく聖地ラムダと思われる里長からまほうの石をもらいました。

 

もしテオが助けたのがカミュなら、まほうの石を知っていた可能性がありますね。勇者にまほうの石を使えと指示したのは、カミュでしたから。

スポンサーリンク

カミュはベロニカさんにも誉められてました

ベロニカに誉められるカミュ

この台詞も、初めて会ったのに違和感ありましたね。これまで色々と考察しましたが、この記事の理由が一番シックリきます。

覚えていないカミュに、ベロニカはガッカリした?

驚くルコと話し終えたベロニカは、下を向いているようにも見える。

カミュにガッカリするベロニカ

少し強引ですが、自分を覚えていないカミュにガッカリしているのかもしれませんね。

服装が似ている

これも強引ですが、カミュとベロニカの服装が似ている?ようにも見えます。(今更?笑)

最後に

というわけで、カミュは聖地ラムダの村長の息子?でした。かなり妄想が入っているとは思いますが、こんな記事も面白いかな?と思ってアップしてみました。

 

もし本当にカミュが聖地ラムダ出身で、幼い頃にベロニカとセーニャと共に暮らしていたならなんなの?

 

そう問われると、まだ答えは出ていません。もしなにか思う事があれば、コメントお待ちしております。(宛名なしはスルーしますので、よろしくお願いいたします)

 

ではでは、とりあえずカミュが僕らの知らないベロニカに詳しいという記事でした。

スポンサーリンク