小さいベロニカ

背が少し縮んだベロニカ

じゃ~ん!

ワシはロトゼタシアの物語を書いた時の守り神じゃ。なんじゃ?ふう船。なぜベロニカが子供のままなのか理由が知りたいじゃと?

 

仕方ないのう……お主の疑問に答えてやろう。特別サービスじゃぞ?

スポンサーリンク

異変前のベロニカが小さいって、おかしいですよね?

ベロニカ?あの赤い少女じゃな。確かにあの少女は大きかったのう。しかし小さいままなのは変だと申すのか?

 

まぁよい。あれはな、聖地ラムダに伝わる恋の歌がヒントじゃ。

 

二人は双子。その願いは同じという訳じゃな。覚えておるか?セーニャという少女がベロニカが生き返るなら何でもすると言っておったな?

 

ほほっ。その顔はわかったようじゃな。

 

ベロニカとセーニャはな、また同じ葉として同じ時を過ごしたかったのじゃ。だが、どうしてもそれが叶わなかったから、時のオーブを利用したのじゃ。

 

なに?さすがじゃと?当たり前じゃ!ワシが脚本だからな。テヘペロ

荒野の地下迷宮と命の大樹のベロニカ

ふむふむ。確かに荒野の地下迷宮で、ベロニカはセーニャと約束した契りを語っておったな。そのベロニカが、命の大樹では命がけで仲間を救ったのが変じゃと言いたいのか?

 

そうじゃな。再び一枚葉として出会うのを願っていたベロニカが、自らセーニャを残して散ったのじゃからな。

 

ま、冒険の書を汚したのはワシじゃが……ムッ、だまっておれ!もう語らぬぞ?いいから早くニズゼルファを倒してまいれ!

 

まぁ……そこまで頭を下げられては許すしかないのう。えーと、なんじゃったかな……お、ベロニカか。

 

プッ……それより勇者よ!ベロニカじゃが、ワシが終末の炎をブッ放そうとした時の顔を見たか?メッチャ驚いていたな?ん?過去にワシがやったのかじゃと?バカモーン!あれはニズゼルファじゃ!ワシはお主らに思い出させようとやったのじゃ!

 

……とにかく。ワシはベロニカの願いを叶えてやったじゃろ?こうしてワシの前に二人揃って現れた訳じゃし。

 

ケトスとか言ったかのう。ワシのおかげで、あれの覚醒も出来たじゃろ?ワシと同じ色にしたのが、オシャレなポイントじゃ(笑)

 

なんじゃ?その怪しんだ顔は?

スポンサーリンク

大人ベロニカではダメだったのですか?

考えてみよ?ダメに決まってるじゃろ。そもそもな、お主は覚えておらぬじゃろうが、荒野の地下迷宮の記憶はバラバラなのじゃぞ?あれは繋ぎ合わせたのじゃ。大人ベロニカの姿では、牢獄から出られなかったじゃろ?

 

それにじゃ。セーニャが倒れておったじゃろ?その姿にベロニカは驚いておったな?

 

……勇者よ、ワシはベロニカを驚かして喜んではおらぬぞ?たまたまじゃ。

 

ベロニカが焦ったのは、過去の記憶じゃ。セーニャはあの場所で倒れたのじゃよ。うむ、そうじゃ。やったのはワシの油性ペンじゃ。

 

苦労したじゃと?まぁ良いではないか。それより考えたか?どうすれば荒野の地下迷宮でデンダを倒せるのかをな。

 

ほほぉ。さすがワシの選んだ勇者じゃ。だからワシは、お主とカミュを旅立ちのほこらから飛ばしたのじゃよ。ベロニカに頼まれたじゃろ?助けてくれとな!

ベロニカがセーニャを助け、セーニャもベロニカを助けたの?

そうじゃよ?脚本はワ……こら、口をふさぐでない……。

 

これで荒野の地下迷宮は突破できたのじゃが、ワシのイタズラでダークオーブにやられたじゃろ?

 

まぁまぁ怒るでない、勇者よ。これは二人の運命なのじゃ。感動的じゃろ?

 

また二人は、命の大樹で切り離されるわけじゃ。ワシの脚本は天才的じゃな!

 

こら、勇者!聞いておるのか!戻ってこ~い!

 

そしてな?ん?知ってるじゃと?……まぁ待て。その通りじゃが、セーニャはまたベロニカのいる時系列へ戻ったのじゃな。うんうん、いい話じゃ。

 

な、なんじゃ?勇者よ。このワシに背を向けるとは何事……しまった!それはワシの脚本のクロスマダンテではないか!待て待て!双賢の姉妹!!勇者よ、止めよ~!

 

あ、そうじゃ。こやつらをヨッチ村へ移動させれば……えいっ。パッ……

 

ホッ、危なかったな。全く……神に逆らうとは何事じゃ。誰じゃ?あやつらをニズゼルファ撃退にまで能力を上げた奴は……

 

ワシか!?

 

まぁ、ワシが脚本じゃからな!

時の守り神さん、ベロニカの解説ありがとうございました!

ということで、今までよりアッサリしたベロニカの考察でした。ベロニカが小さくなったのは、意外にシンプルかもしれませんね。

 

これも一例として、これからもDQ11の大人ベロニカ考察をしていきたいと思います。

 



【ドラクエ11】ベロニカのまとめ

【ドラクエ11】セーニャのまとめ

ではでは、ここまで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク