西島(さいとう)ナインが守備につき、一番長谷川(はせがわ)から始まる八回表が始まった。スコアは8対5。西島高校3点のリードとはいえ、試合の流れは完全に愛報(あいほう)高校へと傾きつつあった。

 

そして、一番の長谷川が打席に立つ。

 

「今の俺たちは誰にも止められない。お前らを超えさせてもらうぜ」

「望む所です。僕らも愛報高校を超えますよ」

 

「その台詞、覚えておく」

 

(長谷川さんには初回にも打たれてる。148……いや、リバース状態で打たれた150のインコースでいく!今の限界はここだ!)

 

遠矢(とうや)はサインを出し、一奥(いちおく)は150キロのストレートをインコースへ投げた。

 

(八回でこのスピードか!だが、コースと球種はわかってんだよ!)

 

長谷川が初球から攻めた!

 

(限界を超えた?)「仟(かしら)ぁ!」

 

遠矢は素早くマスクを取って叫ぶ。おもいっきり引っ張った長谷川の打球は、一・二塁間の深い位置を襲った。

 

(絶対アウトにする!)

 

止めてもタイミング的に間に合わないと判断した仟は、打球に対してダイビングではなくスライディングで対応。

 

伸ばした左足のつま先でボールを上へ蹴り上げると、しゃがんだ状態からジャンプ。グローブを外した左の素手でボールをキャッチし、そのままファーストの杉浦(すぎうら)へ投げた。

 

打った長谷川は、一塁へ懸命のヘッドスライディング。

 

「セーフ」

「しゃぁ!」

 

両手でガッツポーズする長谷川。仟のこの上ない守備だったが、長谷川の執念が勝った。

 

内野安打でノーアウト一塁。愛報高校の反撃が、ジワジワと西島高校に襲い始めた。

 

続く二番長井(ながい)の頭に、送りバントはない。長谷川同様、バッターボックスにただならぬ決意で立った長井の思いは1つだった。

 

(絶対に逆転する!)

 

一奥の投げた球は、インコースのストレート。長井も初球から狙う。

 

(これが愛報高校の力だ!)

 

「センター前!」
『しゃぁ!』

 

一奥の頭上をライナーで抜けた打球へ、センターの要(かなめ)が頭から飛び込んだ。

 

「フェア!」

 

惜しくもショートバウンドでのキャッチだったが、要はまだ諦めていない。飛び込んだ勢いそのままに、グローブと左手をついてそのまま前方に宙返りした。空中姿勢のまま二塁へ送球。
ショートの神山が懸命に足を伸ばしてキャッチした。

 

「セーフ」

 

またしても長谷川の足が勝ったが、神山は間に合うと判断したファーストへ投げた。

 

「セーフ!」

『オォォォォォ!』

 

今度は、愛報ナインが観衆をうならせた。西島高校のギリギリの守備を、ことごとくセーフにした長谷川と長井。ノーアウト一・二塁を作り上げた。

 

そして、三番の長間(ちょうま)を左バッターボックスに迎える。

 

キャッチャーの遠矢は、バッターを迎えるごとに大きくなる愛報高校の勝利への執念を感じていた。

 

(限界が読みきれていない。超のリバースリミットはかかってないのに、各バッターがそれぞれ自ら限界を超えてくる……)

 

三番長間がバットを構えた。ここでバッテリーは、初球を変える。一奥と遠矢は、スライダーから入った。だが球種の変化は、今の長間には関係なかった。

 

(何がなんでも愛理に満塁で繋ぐ!)

 

痛烈な当たりが、今度はサード村石(むらいし)を襲う。

 

(体で止めるしかねぇ!)

 

キャッチャーの経験を生かし、村石は打球を体で前に転がそうとした。しかし、バウンドして左肩に当たった打球がショート方向に跳ねる。ショートの神山(かみやま)がキャッチするが、どこにも投げられなかった。

 

「来たー!」
「ノーアウト満塁!」

『オォォォォォ!』

 

球場の雰囲気は一気に愛報高校へ。ここで迎えるは、満塁を含む2ホーマーの愛理(あいり)。

終盤八回。観客の盛り上がりは、逆転の期待で膨れ上がっていた。

 

だが、観客は愛理のリバースリミットを知らない。愛理自身もリバースリミット無しでの打席となったが、繋いでくれた仲間の期待に応えたかった。

 

(ミスは許されない……私が決める!)

 

すると、固い表情で打席に向かった愛理に一塁ベンチからタイムがかかる。球審のその姿に愛理は振り向いた。

 

(監督が私を呼んでる?)

 

愛理は一塁ベンチへ走った。

 

「監督、私に任せて下さい。必ず逆転します!」

「ダメだ愛理!三振してくるんだ」

 

「嫌です!どうしてですか!私はこのチームを信頼しています。だからこそ、みんなの期待に応えたいんです!」

 

強い口調で監督に言い聞かせる愛理とは違い、監督は言葉に想いをこめるように言った。

 

「その信頼しているチームが出した答えがこれだ。そのバットは、九回に使えとな」

「九回?私に打席が回るはずは……」
「本当にないのか?」

「ッ出て」

 

愛理は目を閉じた。

 

(ここで私が繋げられる保証はない。でも三振しての九回なら、リバースリミットで打てる。ゲッツーさえなければ……一人出れば私に回る……)

「愛理」

「……わかりました、監督」

 

「いや、お前はわかっていない」

「え……」

 

「私がお前に伝えたいのは、その肩の荷を降ろせという事だ。責任感の強いお前は、三年間ずっとチームを影から支えてきた。この試合も大黒柱として一人で支えている。愛報高校は、お前が春に言った台詞を二度と聞きたくないんだ」

「ハッ!」

 

愛理は息を飲み、下を向いた。そして、春に名京(めいきょう)高校に負けた時の自分の台詞を思い出す。

‘ ごめん、みんな。私があそこで国井(くにい)君を抑えろなんて言わなければ……負けたのは、私の責任よ’

「愛理、本当の意味で弱味を見せろ。お前が引っ張ってきたチームメイトを頼れ。愛報(ウチ)が今負けているのは、お前がナインではないからだ。8足す1を、9にしてこい」

 

下を向いていた愛理は、監督の言葉に微笑んだ。監督の目を見た愛理は、「はい!」と笑顔で返事をして、バッターボックスへ戻った。

 

構えた愛理の姿は、一人の野球好きの少女になっていた。そのワクワクするような笑顔を見た各塁のライナー3人は、微笑んでいた。

 

この瞬間、キャッチャーの遠矢は静かに肩を落とす。

 

(やられた……。ここで愛理さんを抑えれば、愛報野球は流れを失いバラバラになっていた。これで本当に、試合はわからなくなったか……)

 

そんな遠矢に、愛理は微笑みかける。

 

「遠矢君、遠慮はいらない。私たちは、私たちの野球で勝つわ」

「そうですね。ここで愛理さんと、勝負したかったんですけどね……」

 

「そうね。さすがと言わせてもらうわ」

 

一奥の投じたストレートを、愛理はバットを肩に置いたまま見送る。

 

(私はいつから、チーム野球を忘れていたのかな……)

 

続く二球目も見送る。

 

(みんなが私をよく知るように、私もみんなをよく知っている。自分自身って、わかってるようで一番わからないものね……)

 

パーン「ストライクバッターアウト」

 

(ここは任せたわ……)

 

愛理は微笑みながらベンチへ下がる。この三振で、愛報高校は一気にチームとしての限界を超えた。愛理自身は気づいていないが、ずっとチームを見てきた監督は気づいていた。

 

(長い時間を共にした愛理とこのチームにのみ影響する、新たなリバースリミットが今生まれた。これまで一度もなかった満塁での愛理の三振。3人にしか影響しなかった愛理のリバースは、他のメンバーが4人を頼りにしていたからだ。それは愛理も同じ。自分が打てばいいと、メンバーを心から信頼していなかった。だからこそ、その立場が今逆転(リバース)したんだ)

 

リバースリミットが無くても、元々愛理は打撃のある選手。自分より実力が上と思う選手が打てない場合、普通は愕然する。あいつが打てないなら、俺にも無理だと。

 

だがこのケースは違った。愛理の覚悟と信頼に、チームの誰もが愛理の為にと一つになった。その五番バッターがくらいついた打球は、まさに執念の一打だった。

 

鋭いピッチャー返しが放たれる。一奥はグローブを、「うおっ!」っと左へはじき飛ばされた。そのままセンターへ抜けると思われた打球に、前進守備のショート神山が飛びこむ。ノーバウンドで捕球した神山が各塁を見たが、ライナー全ては戻っていた。

 

「くそー!」
「惜しい!」
「抜けていれば二塁の長井も帰れたぜ」

 

悔しがる台詞とは裏腹に、愛報ベンチの表情は明るかった。それを見ていたベンチの愛理は、微笑んで明るい声を出す。

 

「いけー!望月!」

 

叫んだ愛理に続き、ベンチメンバーたちも勢いに乗る。

 

「そうだ!まだ満塁だ!」
「お前なら打てるぞ!」
「一気に逆転だー!」

 

その声を背中で聞いていた六番の望月(もちづき)は、右バッターボックスに入ると集中した良い表情をしていた。

 

(俺が決めるっす!)

 

そんな望月がバットを構えたその時、監督の隣に座っていた愛理が不思議な事を言い出した。

 

「監督」

「どうした?愛理」

 

「大会前の、練習試合での彼の打席を覚えていますか?」

「ん……、確かツーアウト満塁でサードライナーだったな」

 

「はい。実は望月は、その打席でボールが止まったように見えたと言っていたのです」

「なに?まるでお前らバッテリーの守備と同じじゃないか!」

 

「そうですね。私はバットがボールを呼び寄せますが、望月のバットはボールが待ってくれるようです。例えるなら、ティーバッティングのよう」

 

「愛理。それが本当なら……」

 

望月が初球を叩く。その快音を聞いた瞬間、監督と愛理の目は空に奪われた。

 

「こうなるかもしれないと、私は思っていました」

 

一奥のインコースのストレートが、レフトスタンドに運ばれる。

 

『オォォォォォ!』

 

「よっしゃぁ!」
「逆転だぁ!」
「ナイスバッティング!望月~!」

 

一塁ベンチとスタンドの大声援に応えるように、ダイヤモンドを一周する望月が両腕でガッツポーズを決めた。ホームインした3人が待つ中、打った望月がホームインすると同時にポカポカと頭を叩かれる。

 

「やったぜこのヤロー!」
「ああ!よく打ったぜ!」
「ナイスバッティングだ!」

「いてて、えへへ」

 

叩かれながらも、望月は笑っていた。そんな望月や3人の姿に、ベンチの愛理も微笑んだ。

 

「望月!ナイスバッティング!」

 

立ち上がってピースした愛理に、頭を押さえて中腰のままベンチへ下がる望月も「はい!」とピースした。

 

スコアは9対8。八回表、愛報高校が逆転。キャッチャーの遠矢は、今の望月のバッティングで確信した。

 

(条件はわからないけど、望月は一奥のストレートを止めたように見えた。愛理さんはボールを加速させ、望月はボールを止めていたのか……。逆転は痛い。でもこれで加速対策は……)

 

この瞬間、遠矢に電流が走る。

 

(違う!愛理さんの三振で、八回の裏は加速しない!という事は、あのドリルが……止まる?)

 

終速を操るリミッターの望月。ドリルによって、その球は初速から全くスピードの落ちない球になっていた。それをさらに風で加速させていたのが、リバースリミッターの愛理。遠矢の推測通り、愛理が三振した事によって加速はなくなった。

 

(同じ軌道から描かれる枝は二本……あるいは変化球が苦手そうなあの投げ方だと、僅かに曲がって三本……しくじれば、へたれる四本目があるかもしれない)

 

七番バッターの打球はサードを強襲。村石は体で止めて前に落とし、ファーストは間に合いチェンジ。遠矢はベンチへ戻る途中、キャプテンの神山に円陣を組むように頼んだ。西島高校が円陣を組む中、遠矢が推測を話し始める。

 

「この回ですが、ボールの加速はないと思います。望月の終速は落ちないので、ストレートは普通に伸びる感覚ですね。それとボールを止めていたのは愛理さんではなく、ピッチャーの望月だとわかりました。先程のホームランの理由がこれです。もしこの回にバッテリーがドリルで来るなら、その球は同じ軌道からおそらく四本に分かれます。ストレート、止まるストレート、僅かにまがるスライダーです。四つ目があるなら、投げ損ないの抜けたスライダーですね」

「うっし、上出来だ!遠矢」

 

先頭の三番白城は、先に円陣から出てバッターボックスへ向かった。中心にいる神山は、遠矢を真剣な顔で見る。

 

「白城はいいが、具体的にはどうするんだ?」

「まだ策はありません。梯(かけはし)高校の松原のフォークみたいに回転が違えばいいんですけど……今は、狙い球を絞るしかありませんね」

 

「三振覚悟か……わかった。よし、点差は一点だ!逆転するぞ!」

『おーぅ!』

 

「西島~fly!」『high!』

 

西島メンバーがベンチへ入り、先頭の三番白城が右バッターボックスに立つ。八回の裏、一点を追う西島高校の攻撃が始まった。

 

「白城君。残念だけど、この回に加速はないわよ?」

「そう言うと思ったぜ。仟が言った消える球を、俺が超えたかったんだけどな。ドリルは隠してたのかよ」

 

「それは違う。この試合で望月が、自分のリミットを超えたのよ」

「へぇ。それは良い事を聞いた。……なら、俺自身もリミットを超えるまでだ!」

 

白城がバットを構えた。

 

(破のブレイクリミットを超える……か。私のリバースリミットがない今、望月のリミット内で抑えるしかない。ここは……)

 

キャッチャーの愛理がサインを出す。頷いたピッチャー望月を見て、白城はすぐに気づいた。

 

(なに?リードを極めたノーリードキャッチャーが、ここでリードを出すのか……面白れぇ!)

 

初球、キャッチャーの愛理はインコースの止まるドリルを要求。白城は対応する。

 

(止まった?くそ、ただ伸びねぇ方か!)

 

白城はハーフスイングを取られると、すぐに愛理を見る。

 

「普通逆じゃねぇか?インコースのドリルなら伸ばすだろ?」

「そんなルール、あったかしら?」

 

微笑む愛理に、白城は「へっ!」とマウンドへ向いた。

 

「確かにねぇな。アンタがバケモンだって事を、忘れていたぜ」

「そっ……」(白城君に二度目はない。今の球は、次は打たれると思った方がいいわね)

 

二球目、愛理は外の止まるドリルを要求。白城は泳がされた。

 

(くっ……また止まるのかよ!)

 

打球はファールとなり、一塁側スタンドへ入った。追い込んだ愛理は、ここまでは予想通りと頷く。

 

(やはり当ててきた。それなら……)

 

三球目、愛理はとんでもないサインを出す。ピッチャーの望月が投げた瞬間、白城は上を見上げた。ボールはバックネットに当たり、ガシャーンと音を立てる。

 

「なんだよ、女王様。まさか敬遠か?」

「コントロールが未熟なのよ」

 

「なるほど。歩くのはホームランだけにしてくれよ」

「それは私が一番よくわかってるでしょ」

 

「そうだったな……」

 

しかし四球目、愛理の狙いが明らかになる。

 

でも(白城君。今のあなたを抑えるにはこれしかない。当てたらごめんなさいね……)

 

愛理は止まらないストレートで、インハイのデッドボール付近を要求。ピッチャーの望月が振りかぶり、愛理はチラッと白城を見る。すると、白城はニヤリと微笑んでいた。

 

「やはり女王様は……」

(なんなの?)

 

白城の呟きに愛理は眉をピクリとさせる。望月が投げた瞬間、白城は三塁側へバックステップした。

 

(しまった!)

 

白城に読まれた愛理が焦る。だがボールは、すでに白城の顔へと迫っていた。

 

「優秀なバッターだぜ!」

 

白城はビーンボール気味の球に対してスイングに入る。だが、

 

(なに!)
(え?)

 

今度は白城と愛理が同時に驚く。ボールは右へスライドし、インハイのストライクゾーンへ向かっていた。ピッチャーの望月が、二人の予想を裏切るようにしくじった。とっさにカットしようとする白城も、あまりの予想外にしくじる。

 

「くそっ」

 

フラフラっと一塁方向へ上がったフライを、セカンドの長井が追う。必死に飛びつくが、グローブ一つ分届かなかった。

 

「フェア」

 

一塁塁審がセーフを告げる。その声が響く中、もう一つの予想外が長井の目に映った。ボールを切るように打った白城の打球はワンバウンドし、長井から逃げるように一塁スタンドの方へ転がる。それを見た白城は、一塁を回った。

 

カバーしたライトの間口がボールを拾い、二塁へ送球。白城はヘッドスライディング。送球を受けたショートの長谷川が、白城の左腕にタッチした。

 

「セーフ」

「面白くねぇ……」

 

立ち上がってユニフォームを手ではらう白城は不満そうだが、三塁ベンチの遠矢はすぐにネクストバッターズサークルの杉浦の下へ走り出そうとした。だが、前に出された杉浦の手を見て、遠矢の足は止まった。二人は頷き合い、杉浦の狙い球が決まる。

 

(遠矢、わかっている。……狙い球を絞って打つのは、久しぶりだな)

 

杉浦が打席に立った。

 

(この四番は外に弱い。インコースは必要ないわね)

 

キャッチャーの愛理はミスのあるドリルを辞め、リードを終速とコースの攻めに変える。だが、杉浦の構えを見た愛理は不思議そうな顔をした。

 

(握りが逆?左手がグリップではなくバットの中間を握っている。一見バントの構えにも見えるけど、本当にこのまま打つつもりなの?)

 

三塁ベンチの一奥も、杉浦の構えを見て遠矢に話しかけた。

 

「遠矢、いよいよ薙刀(なぎなた)打法を出すんだな」

「そうだね。終速に差があるなら、杉浦さんはこの方が打てるよ」

 

「にしても、あれは誰もマネ出来なかったな」

「杉浦さんのパワーがあってこその打法だからね」

 

左足を開き、オープンスタンスに構えた杉浦の姿は、まさにバットを薙刀のように構えていた。

 

(仟と要の構えに比べても、これはあまりにも異質。でも不気味過ぎるのも確か……一球外に外すして動きを見たいわ)

 

キャッチャーの愛理は、普通のストレートを外に要求。投じられたその瞬間、あらかじめバントのように前へ出された杉浦のバットが、軸足のはずの右足と共にホームベース方向へ動いた。踏み出した右足と連動するように、バントの構えのまま左へボールをはらうように、杉浦は捉えた。

 

「むむっ……」

 

バットの先であったが、痛烈な打球が一塁ランナーコーチをライナーで襲うファールとなった。三塁ベンチの一奥は、「おっしい!」と両手で頭を抱える。

 

杉浦は再び同じ構え。しかし、愛理は弱点に気づいた。

 

(あの僅かなバット移動のみでこの打球。軽視できないパワーね。望月の球が伸びても止まっても、振り幅の小さいこの構えならタイミングは合わせやすい。そして外に外した球でも届いた。……でも残念ね、これはバントになるわよ)

 

愛理は外に同じ球を要求し、杉浦も同じようにファールを打った。

 

(これで追い込んだ。次のファールで終わりよ)

 

愛理の思惑とは裏腹に、杉浦は構えを変えない。三球目、再度外の伸びるストレートが杉浦を襲う。

 

「ファール」

 

杉浦の変化に、さすがの愛理も苦笑いした。

 

(なるほど。打ちに行く瞬間、左手をグリップの位置まで戻しての左手打ち。ここまでやられたら、インコースで勝負したくなったわ。得意コースで詰まらせる!)

 

四球目、愛理が選んだのはドリル回転の伸びるインコースのストレート。外のボールを耐えに耐えた杉浦は、「うらぁ!」という叫び声と共に逆手バントの構えのままボールを捉えた。打球はピッチャー望月の左上をライナーで抜けてセンター前へ。

 

「ガハハ!見たか!一奥」

 

抜けた瞬間、杉浦は三塁ベンチの一奥に大声で笑いながら叫んだ。

 

「杉浦先輩、ナイスバッティングだぁ!」

 

しかし杉浦が二塁を見ると、白城はスタートをきっていなかった。

 

「こらぁ!白城!」

「やべっ。すんません杉浦さん、当たりが良すぎたんすよー!」

 

「お?うむ……所詮白城だからな。許すか」

 

杉浦のヒットを見たネクストの神山がスッと立ち、ベンチに送りバントのサインを出した。遠矢は頷き、それを見ていた仟は全体にサインを送る。

 

そして、左バッターボックスに入った五番神山がバントの構えをした。

 

(点差は1。送るのはわかるけど、それで勝てると思ってるのかしらね)

 

キャッチャーの愛理がバントの構えの神山を見てそう思う中、三塁ベンチでサインを出した仟も疑問を遠矢にぶつけた。

 

「遠矢さん。送って2点返せたとしても、それで本当に九回を逃げ切れるのでしょうか?」

「無理だと思うよ」

 

「遠矢さん……またアッサリと」

 

すると、遠矢がグラウンドを厳しい目で見た。

 

「仟、攻めて勝つのさ!」

 

遠矢の言葉を聞いた仟は、「そうですね」と2回頷いてグラウンドを見た。そしてキャッチャーの愛理は、神山にバントをやらせようとしていた。

 

(ワンアウト二・三塁で六・七番。望月なら抑えられる)

 

初球。三塁線へ見事な送りバントが決まり、神山は一打逆転のワンアウト二・三塁を作った。迎えるは、六番の村石。バッターボックスへ向かう中、ネクストの七番鶴岡が遠矢と仟の下へ来た。

 

「遠矢、仟。俺に代打を送ってくれ」

 

鶴岡の問いに遠矢が答える。

 

「どうしてですか?」

「もちろん勝つ為だ!俺は、小山田(おやまだ)を代打に送りたい」

 

「まっ、待って下さい!鶴岡さん。こんな大事な場面で僕が代打なんて……」

 

小山田が謙遜(けんそん)する中、迫る鶴岡が小山田の両肩を正面から両手で強く握った。

 

「自信を持て!小山田。お前は繋ぐ事に関しては、人一倍の力を発揮する。今のバッテリーは、愛理のリバースリミット内ではない。遠矢(こいつ)はとぼけているが、自分だけの策は持っている。だから遠矢に繋げるんだ」

「え?」

 

小山田は遠矢を見た。遠矢は微笑みながら目を閉じて、おでこを人指し指でポリポリかいていた。その姿を見た小山田は、鶴岡に勇気をふりしぼって言う。

 

「わかりました。やってみます」

「あぁ。任せたぞ、小山田」

 

小山田がヘルメットを被る中、同じ2年生の光、影山、杉浦弟が励ました。

 

「今日の所は、君に譲るよ。」
「…(君ならできる。)」
「だーいじょーぶ!」

 

「みんな……」

 

小山田は「よし!」と気合いを入れて、ネクストバッターズサークルへ向かった。

 

一方、バッターの村石は初球こそ外のストレートをファールにしたが、続く外の止まるストレートに全くタイミングが合わずに空振り。カウントは、ツーストライクと追い込まれていた。

 

(くそっ。なんとか犠牲フライでいいから打ちてぇ……)

 

そして三球目をピッチャーの望月が投げた。外を攻められていた村石は、無意識に左足を踏み込んでしまう。

 

(しまっ……インコースのドリル!)

 

村石は必死にくらいつくも、最後は手が出ず見逃し三振に終わった。ベンチへ下がろうと歩き出すと、ネクストの小山田に気がついた。

 

「小山田?そうか、鶴岡が託したんだな。粘れよ!」

「はい!」

 

ツーアウト二・三塁。球審に交代を告げた小山田が打席に立った。

 

(ここで代打か……。随分小柄な選手ね。バットは一握り短い。大振りしないタイプは、少し厄介ね)

 

愛理は代打の小山田を見た後、ネクストの遠矢を横目に見る。

 

(遠矢君には悪いけど、ここはあなたに回したくないわ。このバッターで終わらせる)

 

明らかに緊張しているバッターの小山田に、三塁ランナーの白城が声をかけた。

 

「小山田~!俺はお前のヘッドスライディングを、全て鮮明に覚えてるからな!」

 

小山田は真面目で遠慮しがちな性格。白城の言葉は、チーム1の責任感と繋ぐ意識の強い小山田が魅せる執念の姿を表していた。白城を見た小山田は、無言で頷く。

 

(ありがとう白城。どんな形でもいいから、遠矢君に回すんだ!)

 

初球、愛理はインコースのストレートを要求。終速の落ちない望月の球に、初見の小山田は驚いた。

 

(凄い……みんな、こんな球と戦っていたんだ……)

 

しかしネクストの遠矢は、打てないまでも対応は出来ると確信していた。

 

(小山田さんの粘りの最大の特徴は、グリップの残し方にある。小山田さんから空振りを取るのは、本当に大変だった。頼みますよ)

 

二球目、愛理は外のストレートを選択。

 

(ドリルは万が一がある。でもここで追い込めれば、しくじったドリルでもバッターに迷いを生める。望月、おもいっきり来なさい!)

 

粘る事に集中する小山田は、このストライクを見送ってしまう。

 

(もうツーナッシングか。けど、ここからが勝負だ!)

 

三球目、愛理は外の止まるストレートを要求。しかしバッターの小山田は、ストレートのタイミングでスイングに入ってしまった。

 

(くっ……これが止まるストレート!)

 

小山田はバットを止め、なんとかボールに当てた。

 

(危なかった……。集中を切らせたら、アッサリ空振りしてしまう。でも、なんとかついていけた!)

 

四球目、愛理は同じ止まるストレートを外に要求。小山田は同じようにファールで逃れた。

 

(マグレではないようね。それなら応えてあげるわ)

 

五球目、愛理は外のドリルを要求。しかし、コースを見切った小山田のグリップはギリギリで残った。キャッチャーの愛理が球審にスイングの確認を求めるが、一塁塁審は両腕を横に広げる。

 

(ストライクなら終わっていた。でもこれで、ドリルも投げさせた!)

(やはりドリルはコントロールに欠けるわね……)

 

続く六球目、愛理はもう一度外のドリルを要求。しかし望月は投げ損なう。スライドして明らかなボールとなった。

 

(私が加速させられない今、ドリルは抜けると危ない。これでカウント的にも、ドリルが使いにくくなったか……)

 

カウントはツーツー。愛理が選んだ六球目は、真ん中高めのストレートだった。あらかじめストレートにタイミングを合わせている小山田は、この球を執念でファールにする。これが愛理のリードを僅かに狂わせた。

 

(ファールが真後ろへ飛んだ。今のは私のミスだわ。まだ心のどこかで、このバッターに対する慢心がある。攻めて打ち取るしかない!)

 

七球目、愛理はついにインコースのドリルを要求。だが、そのストレートはインハイに。小山田は歯を食い縛り、デッドボールを取ろうと決めた瞬間だった。

 

「避けろ!」

 

叫んだ遠矢の声が小山田の耳に飛び込む。

 

パーン「ボール。フルカウント」

 

小山田は体を反らし、間一髪避けた。当たらなかった小山田の姿に、遠矢はフゥ~と息を吐いた。

 

(遠矢君……まだ名京戦の事を気にして……よし!)

 

小山田の集中力が、遠矢の気持ちで高まった。

 

(これでフルカウントまで来たんだ!絶対に繋ぐ!)

 

(この粘りは見事と言うしかないわね……決めたわ)

 

愛理が選んだのは、ど真ん中のドリル。

 

(恐らく打球は前に飛ぶ。みんな、頼んだわよ!)

 

ピッチャー望月が八球目を投げた。

 

(伸びる!くらいつけ!……え!しまっ……)

 

小山田は、予測以上の伸びに振り遅れた。

 

バッ……「ハッ!」

「ストライク」

 

しかし、キャッチャー愛理(あいり)のまさかのミス。閉じたミットに当たり、ボールを後ろへはじいてしまった。

 

「走れ!小山田(おやまだ)ぁ!」
「愛理!後ろっす!」

 

三塁ランナーの白城(しらき)とピッチャーの望月(もちづき)が叫びながらホームへ向かう。キャッチャーの愛理はバックネットへ走り、バッターの小山田は振り逃げで一塁へ走る。

 

バックネットへ当たったボールは、運良く愛理の正面へ跳ね返ってきた。

 

「チッ」

 

舌打ちし、タイミング的にホームはアウトと判断した三塁ランナーの白城が急いで三塁へ戻る。それを見たキャッチャーの愛理は、一塁へ送球した。バッター小山田はヘッドスライディング。

 

「セーフ」

「しゃあ!」(遠矢(とうや)君に繋いだ!)

 

大人しい小山田の叫びに、西島ベンチも呼応する。

 

「ナイスガッツだー!」
「よく走ったぞ!小山田!」
「繋いだ!繋いだぜ!」

 

小山田のガッツあふれるプレーに、ネクストの遠矢は奮い立つ。バッターボックスへ向かうと、ホーム付近でカバーに入っていたピッチャーの望月とキャッチャーの愛理が話していた。

 

「ごめん、望月。捕ったと思ったんだけどね……」

「いいっすよ。点は入らなかったっすから。にしても、さっきの球、変じゃなかったっすか?」

 

「そう?」

 

そう言った愛理が、バッターボックスへと歩いてくる遠矢に気づく。

 

「ツーアウトよ望月。遠矢君を抑えましょう!」

「え?あ、わかりました」

 

望月は、小走りでマウンドへ戻った。場面はツーアウト満塁。八番の遠矢が打席に立った。

 

(ここは、逆転では足りない。一点でも多く返したい!)

 

「遠矢君。私の言葉は必要かしら?」

「いりませんよ、愛理さん。真っ向勝負です」

 

「わかったわ……」

スポンサーリンク

ありえない球

遠矢がバットを構えた。

 

(小山田さんの打席は参考になった。止まる球は気合いでカットする。狙いはこの試合を左右する決め球、ドリルだ!)

 

サインに頷いたピッチャーの望月が初球を投げる。

 

(ど真ん中のドリル!)

 

だが遠矢はバットを止めた。すると、ど真ん中のドリルはシュートしながら落ちた。その球がインローに決まる。

 

(ここでしくじったシュートか……)

(今の球。遠矢君は望月がしくじったと思ったはず……)

 

そんな愛理は、望月がマウンドへ戻る寸前に耳打ちをしていた。

 

‘ 初球と二球目だけ、球離れを早くしなさい。勝負は三球目よ’

 

その後、望月は頷いてマウンドへ行ったのだった。

 

続く二球目。

 

(またど真ん中のドリル!でも、これも変化する……)

 

遠矢の手前でゆっくりスライドしたボールが、今度はアウトローに決まった。

 

(二球続けてのドリルか。愛理さんには、ありえないがありえる。この場面で一番ありえない球は、白城さんへの勝負球だったインコースのドリル……これしかない)

 

三球目、望月が投げたのは遠矢の読み通りインコースだった。

 

(きた!もらったぁ!)

 

遠矢が捉えたと思ったその瞬間だった。その視界からボールが消える。

 

「ありえない……」

「ストライクバッターアウト!チェンジ」

 

あまりの衝撃に、バッターボックスから動けない遠矢。

 

(最後のドリルが……加速した……)

 

その足下へ、キャッチャーの愛理は一塁ベンチへ下がりながらボールを転がした。

 

(私もリバースリミットを超えていたのね……感謝するわ)

スポンサーリンク