窓際に置いたポケットWi-Fiの端末

現在ポケットWi-Fiでは、プランによって無制限で使えるWiMAX2+と、オプションでより速くなるLTEの二つの回線があります。

では、一体どのくらい速さが違うのでしょうか?これは言うまでもなくLTEの方が速いです。(笑)

 

では、体感でどのくらい速さに差があるのでしょうか?

 

実際にポケットWi-Fiを使っている僕が語ってみたいと思いますが、結論から言えばそれほど変わりません。

 

インターネット回線には上がり速度と下り速度がありますが、実際に何bpsだったのかを気にする人は少ないですよね?公式サイトで専門用語を言われても、僕もよくわからないです。

 

そこで分かりやすいように、同じホームページにアクセスしてみて、完全に開くまでの体感時間の差を計測してみました。

 

対象は、Yahoo!のトップページですね。

スポンサーリンク

体感でどのくらい差があった?

こちらが実際にYahoo!トップページへアクセスした時の、完全にページが開くまでの時間です。

 

まずは無制限で使えるハイスピードエリア、WiMAX2+でアクセスした場合の時間。

これは9秒でした。続いて同じスマホで、今度はハイスピードエリアプラスのLTEでアクセスした時間ですね。

こちらは6秒でした。

その差約3秒なんですね!

 

僕は気にする程の差ではありませんでしたが、いかがでしょうか?正直もっとスピードに差があると思っていましたので、意外な結果でした。

 

これだと、読み込みスピードに差がないならWiMAX2+とLTEを使い分ける意味がないじゃん!と思われますよね?

 

でも実際にはLTEの方が速いので、そのお得な使い分けをお話します。その前にまず知っておいて欲しいのは、ポケットWi-Fiの速度制限ですね。

WiMAX2+とLTEの速度制限

WiMAX2+とLTEにそれほどスピード差がない事がわかった上で、気をつけて欲しいのはポケットWi-Fiの速度制限です。

 

ここまで書くと、ポケットWi-Fiには速度制限があるの?と思われるもしれませんが、安心して下さい。

 

スマホの無制限プランの速度制限は一ヶ月です。ポケットWi-FiのWiMAX2+の無制限プランは、直近の三日間だけです。

三日間の速度制限を詳しく教えて!

無制限プランのWiMAX2+は、直近の三日間で10ギガ以上使用した場合、夜18時から翌日の2時まで最大速度は1Mbpsになります。

 

よくわかりませんね。(笑)

 

まず三日間使ってみます。その合計が10ギガを越えたら、四日目の夜18時から深夜2時までの八時間、速度制限になるということですね。

 

もう少し砕いてみましょう。

 

一日目、7ギガ
二日目、1ギガ
三日目、2ギガ

 

これで合計10ギガなので、四日目は八時間の速度制限がありましたね?では五日目はどうなるのでしょうか?

 

それは、一日目を除いた直近の三日間になります。一日目を除きますので、

二日目、1ギガ
三日目、2ギガ
四日目、6ギガ

合計9ギガですので、これなら五日目の速度制限はありません。このように一日ずつズレて行き、直近の三日間での合計が10ギガを越えなければ大丈夫です。

速度制限を防ぐ目安はあるの?

ポケットWi-Fiの使用量画面

画像は僕の使っているポケットWi-Fiの画面ですが、パケット使用量はポケットWi-Fi端末に表示されます。そして三日間の合計を出してくれます。

 

これを目安にポケットWi-Fiを使えば、速度制限の目安になります。

 

ですが1つだけ注意が必要ですね。

 

リセットすると、直近二日間の使用量がわからなくなってしまい、その日に使い過ぎると翌日速度制限になってしまいます。

 

ですので、小まめにメモする必要があります。これでは使えるようで使えませんね……。でも大丈夫です。

 

仮に10ギガを越えてしまっても、WiMAX2+の速度は1Mbpsです。

 

また専門用語が出てきましたので、これも体感で調べてみました。とりあえずここまでをまとめますね!

 

・WiMAX2+とLTEの速度差はほとんどない。
・WiMAX2+の速度制限は直近の三日間。
・ポケットWi-Fi端末に使用量の目安は表示されるが、細かいメモが必要。

 

そしてもう1つのLTE回線ですが、

 

一ヶ月の使用量が7GBを越えたら、翌月まで速度制限になります。

 

LTEの速度制限は、読み込みスピードが128Kbpsになります。これは本当に辛い……!

 

では、WiMAX2+とLTEの速度制限はどのくらいの体感になるのでしょうか?

スポンサーリンク

速度制限中に、動画を再生してみた

まず、インターネットで一番パケット使用量が多いのは動画の再生です。YouTubeや、映画・アニメ見放題サイトを使っていると、約二時間弱くらいで1ギガ消費しますね。

 

僕はdアニメストアを利用していますが、アニメ1話に300MB弱消費されています。ちなみに1ギガは、1000メガバイトです。

 

これだから、スマホの無制限プランはすぐに速度制限になってしまうんですよね。たったアニメ12話見ただけで、使用量は約3.6ギガ。無制限でなければ絶対に寝落ちは出来ませんよ。(笑)

 

ここまでわかった上で、ポケットWi-Fiの速度制限中に動画を再生するとどうなるの?

 

これが全然大丈夫なんです!

 

WiMAX2+の速度が1Mbpsと言いましたが、これを分かりやすく言いますと、YouTubeの動画は普通に見れる速度になります。ポケットWi-Fi無敵ですね!

 

なので、僕は速度制限中でも普通にスマホで動画を見ます。約1年程使っていますが、全く問題ないですね。ですが誤解を招くといけないので、あくまで体験として聞いて下さい。

 

続いてLTEでの速度制限中の動画再生ですが、先程月で7ギガ以上使用した場合、翌月まで最大速度は128Kbpsになりますと言いました。

 

これはダメでした!動画は全く動きませんし、Yahoo!のトップページが開くまで1分以上時間がかかります。読み込み速度は10倍も遅くなりますので、ポケットWi-Fiで動画を見る時はWiMAX2+の回線で楽しみましょう!

 

このように、便利なLTEにはキツい速度制限がありますので、注意して下さいね。

 

では、そんなLTEに使い道はないのでしょうか?WiMAX2+とLTEを使い分けると、便利なんですね!

 

LTEは、調べものなどのネットサーフィンで使います。ページの読み込みが速いですからね。

 

そこで気になるのは、WiMAX2+の速度制限中の動画の再生までの時間です。これはどうなのでしょうか?

速度制限中で動画が再生されるまでの時間は、わずかに遅い

まず前提として、速度制限中ですからね?遅いのは当たり前です。しかし、それでも体感では問題はありません。というのも、

 

一度動画を読み込んでしまえば、速度制限中のWiMAX2+でも普通に見れます。

 

ここで速度制限中のWiMAX2+と、通常のWiMAX2+の動画再生までの時間も計りましたよー!

 

その差約5秒

 

これは遅いように感じるかもしれませんが、結局は読み込んで再生されれば問題ないです。途中で止まる時もありますが、動画がカクカクする事はありません。

 

これだけポケットWi-Fiが売れている今、持ち出せるポケットWi-Fiの便利さを考えれば十分おつりがきますね。

とにかく値段が安い!GMOとくとくBB

ポケットWi-Fiを安く使いたい方は、GMOとくとくBBですね。キャッシュバックキャンペーンが本当にお得です。キャッシュバックの受け取りが11カ月後になりますので、それだけは注意して下さい。

 

スマホの無制限プランと比較しても、僕はポケットWi-Fiに変えるだけで数千円単位で安くなりました。

 

しかも動画を好きなだけ見れて、気になっていた速度制限も体感で問題なし。もちろん外へ持ち出せますし、引っ越しにもポケットWi-Fiが使えるのかエリアチェックを忘れなければ、工事期間がありません。

 

※2/2現在
最新端末「Speed Wi-Fi NEXT W05」のキャッシュバック額が最大35,200円になっています。詳しくはこちら。

【GMOとくとくBB WiMAX2+】公式サイト

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク