異変前のイベントでいない仲間

メダル女学園の思い出の木には、勇者の成功ルートが記憶されていますよね?
(悪夢から覚めとかね)

その大樹の記憶を見返してみると、異変前も大樹の記憶にあるはずの仲間がいないんですよ。これはまさかでした。


異変後に先にロウを仲間にするとシルビアがいなくて、先にシルビアを仲間にするとロウがいない事は知ってました。

そして異変後にガイアのハンマーを取りに行く時まで勇者の星落下イベントを先伸ばしにすると、ロウは思い出したかのようにサマディー王にガイアのハンマーの事を聞きます。

この時、ロウはサマディー王に勇者の星が消滅した原因を聞きに行ったので、ガイアのハンマーどころではなかった!とは言い切れないでしょう。


なぜなら、サマディー王に会いに行ったのは勇者とロウの二人だからです。(二人しかいないから、思い出の木を見てみてね)


ということで、異変後のイベントで誰がいないのかは知ってましたが、偶然異変前のイベントにも仲間がいないことに気づきましたので調べましたよー笑

そのイベントは、

メダル女学園に訪れた時。
海底王国ムウレアに着いた時。
ナギムナー村に着いた時。
しじまヶ浜に着いた時。
リーズレット戦の時。
そして、聖地ラムダのファナード長老と話している時

でした。

いるはずの仲間がいない事が意味するのは、何度もやり直しているということですね。ちなみに下記で訪れた場所は、グレイグ以外が全員仲間になってからのイベントです。

スポンサーリンク

メダル女学園に訪れた時にいない仲間

全員いません(笑)

メダル校長に会ったのは、勇者だけでした。でも、小さなメダル集めとストーリーは関係ありません。


特に小さなメダルを集めなくても成功ルートは完成してますからね。

なので、出演は勇者のみでいいとも思えます。次っ。

海底王国ムウレアに着いた時にいない仲間

これは驚きましたね。船がないと行けないはずの海底王国ムウレアに訪れたのは、勇者・カミュ・ロウ・マルティナの四人!

僕らは船を持つシルビアと海底トンネルでムウレアへ行きましたので、四人というのは変ですね。さらにセレン王女に会ってグリーンオーブをもらうのは、勇者とカミュです。

ついには、ロウもマルティナもいません。

スポンサーリンク

ナギムナー村に着いた時にいない仲間

ロウとマルティナがいません。船で外海へ出る為には、ロウの協力で水門を開けてもらう必要がありました。

なのにいません。さらに前回書きましたが、しじまヶ浜に降りて人魚ロミアに会ったのは、勇者・マルティナ・ベロニカの三人です。

キナイに会ったのもこの三人。マルティナは、ナギムナー村に降り立っていないのにイベントに参加していました。

化け物イカ退治

まず、操縦士のアリスちゃんがいません。船を操縦しているのはシルビア。そして勇者とカミュが乗っていますが、化け物イカ退治はこの三人です。


面白いですね!

次は、途中からいなくなるので、さりげなく混乱するイベント。

リーズレット戦の時にいない仲間

クレイモラン城は少し特殊で、人によっては解釈が違うかもしれませんが一応。

主に勇者とベロニカのイベントになっています。


以下に書いたイベント以外は、グレイグ以外全員います。

ムンババ戦後

ムンババ戦後、勇者は倒れて仲間が助けに来ますよね?その後、学者のエッケハルトから勇者の看病をした人物を聞きます。そこにいるのは、ベロニカとセーニャ。勇者を助けたのもベロニカの炎でした。

古代図書館

エッケハルトと古代図書館へ行ったのは、勇者とベロニカ。ついにセーニャもいなくなりました。

クレイモラン城でのリーズレット戦

シャール女王の正体がリーズレットと見破るまでは、全員います。しかし、リーズレットが正体を表した途端に勇者とベロニカのみになります。

リーズレットを封印した後、ベロニカはシャール女王(リーズレット)に封印の書を渡すのを拒否。そして勇者に渡します。


その後クレイモラン城に入るのですが、その時は勇者・ベロニカ・セーニャの三人。さらにシャール女王と再び対面すると、今度は全員います。

ということは、ここでシャール女王の正体を見破れず、一度失敗している可能性がありますね。正体を暴いたのは、ベロニカでしたから。

聖地ラムダのファナード長老と話している時の仲間

聖地ラムダへ着いた時、全員で赤子の洗礼の日に参加します。しかし詳しくファナード長老と話すのは、勇者・ベロニカ・セーニャの三人。

その後、ファナード長老は夢見の話をしますが、

どう見ても、この夢見の記憶は三人ですね。やはりこの三人が最初に命の大樹へ登り、ホメロスにやられた時系列が存在すると思います。

ちなみに大聖堂でファナード長老から話を聞く時は、全員に戻っています。

画面枠の都合上とは考えられない理由

そこにいるはずの仲間がいないのは、画面枠の都合上とも考えられます。見映えってヤツですね。にしても、ドラクエ11というゲームは本当によく出来ています。

よく見ないとわからないように、大樹の記憶が成功ルートだけで繋がれていますね。

特に聖地ラムダの外でファナード長老と三人が話をする記憶では、セーニャが邪悪なる者の話をします。すると画面が暗転し、戻ると三人とファナード長老になっています。

異変前のイベントで仲間がいないのは、やり直しているから

勇者・ベロニカ・セーニャの目的は、六つのオーブを集めて命の大樹へ登ることと思われます。

そして、それはベロニカが持つ天空のフルートを使えば集められた可能性は高いですね。ですが一番厄介なのは、海底王国ムウレアにあるグリーンオーブ。

そしてベロニカは、海底王国ムウレアへ行くのは不可能に近いと言いますよね?

ということは、ベロニカとセーニャはムウレアへ行ってない可能性が高いです。実際に二人はムウレアにいませんし、大樹の記憶通りですね。


そしてグリーンオーブをくれたセレン王女は、

この台詞の後にカミュが苦い顔でピキンと閃き、セレン王女は笑います。カミュに過去の記憶がよみがえったのてしょうね。

そして極めつけがこの台詞。

お、お返ししますって!いつから勇者のグリーンオーブだったんですかぁ(笑)


ということでした。

細かく注意してみると、異変前もこんなに仲間がいないイベントがあるとは思いませんでした。とても面白かったです。

そもそも虹色の枝に六つのオーブが天空の祭壇にある記憶がありますので、誰かが集めてないとおかしい話なんですけどね。もちろん勇者ですけど。


異変前で特におかしいのは、やはり人魚ロミアとキナイのイベントでした。面白いとで、思い出の木を見直してみて下さいね。

スポンサーリンク