異空間に引きこもるニズゼルファ

初めに闇あり……

ベロニカがいる過ぎ去りし時を求めた勇者。そこにはニズゼルファもいました。

勇者たちはウルノーガを退けてニズゼルファ討伐へと向かうのですが、ニズゼルファは結界に包まれた異空間に姿を潜めます。

ケトスを覚醒後、ニズゼルファのいる異空間へ乗り込みましたが、乗り込まれた側のニズゼルファは全然余裕(笑)

だって俺、邪神だからねっ!神だからさっ

勇者の剣・真で闇の衣を剥がされても余裕。さらには倒されても魂は不滅と余裕なまま。

そんな邪神ニズゼルファが焦ったのは、突然光だした自分の体に気づいた時でしたね。

ところで、大樹の魂(命の大樹かはわからない)を奪うのが目的だったニズゼルファは、どうして肉体に戻ってすぐに命の大樹へ向かわなかったのでしょうか?
(そもそも聖竜が命の大樹へ姿を変えなければ、ニズゼルファに狙われる事はなかったのではないかとは思いますけどね)

おい、ニズゼルファ、君はなぜ引きこもったんだい???

ではね、いろいろな可能性を考えてみましょうかね。

スポンサーリンク

ウルノーガがいなくなって安心した

ニズゼルファは、ウラノスに闇の力を与えました。が、これが失敗!結果生まれたウルノーガは、ニズゼルファを裏切った。だからニズゼルファは、勇者の剣・真を奪おうとするウルノーガの邪魔をするしかなかった。

そのウルノーガを勇者が倒したので、ニズゼルファは無事肉体に戻れた。敵はいなくなり安心したので引きこもりになった。

でもまぁ、まさかその勇者がすぐに自分を狙ってやってくるとは思わなかったのでしょうね?肉体へ戻ったニズゼルファは余裕でしたから。

にしても……

自分でウルノーガを誕生させておいて、それが失敗で一度は肉体を破壊されてメチャメチャ落ち込んだ異変後のニズゼルファがいました。

では、どうしてニズゼルファはウラノスに闇の力を与えたのですかね?そもそもそんな事をしなければ、ニズゼルファはウラノス(ウルノーガ)に肉体を破壊される事はなかったんですよね。邪神にも失敗はある!と言えばそうでしょうけど……

ニズゼルファからすれば結果論ですが、実はウラノスにはめられた可能性がありませんかね?ウラノスの狙いは、もちろんニズゼルファ完全消滅です。

ニズゼルファ弱体化してた説

長らく肉体は封印されていたので、肉体へ戻ったばかりのニズゼルファはリハビリが必要だったから引きこもっていたのでは?

確かにそうかもしれませんね。ニズゼルファは過去にローシュにも結界を破られています。ニズゼルファは二度も負けたと言いますので、その記憶はあるはず。(ただし、ニズゼルファと似たようなものと語る時の守り神は、人間は記憶を紡ぐ不思議な生き物と言うのは気になる所ですが……)

ドラゴンボールで言うギニュー隊長みたいな感覚がニズゼルファにもあったかもしれませんね。でもまぁ、ニズゼルファは余裕だったので可能性は低いかなと。

やはりこの時のニズゼルファは、大樹の魂に興味がないように思えます。

スポンサーリンク

俺、勇者に勝てなくね?

ニズゼルファ
「ほう、よく結界を破れたな」
勇者
「まぁな(時の賢者を用意したからね)」

ニズゼルファ
「ほう。よく闇の衣を剥がせたな」
勇者
「まぁな(勇者の剣・真を持ってきたからね)」

ニズゼルファ
「……っていうか、お前ら人数増えてね?」
勇者
「え?勝つまでやり直してなんかないぞ?(笑)」

ニズゼルファ
「嘘つけー!あは……もうヤダ……」

そしてニズゼルファに残された唯一の抵抗は、モンスターを邪にして光の世界から闇の異世界へ引きこもる事だけだった……

以下、ニズゼルファの一人称

あのさぁ?俺は邪神だぞ、邪神。わかる?闇が好きなんだよ、引きこもりてぇんだよ。それなのにさー、聖竜やら神の民やらが乗り込んで来てさー、勝手に俺の闇に光を入れてくるんだぜ?まぶしいんだっつーの。お前らだって朝カーテンをサーッと開けられたら布団に潜るだろ?ヤダよな?

だから……えーと聖竜だっけ?アイツは返り討ちにした。これでまた大好きな闇に引きこもれるって思ってた訳よ。

そしたらさー、なんかよくわかんねーけど、まーた気づけば俺の世界に光があるんよ。それが今度はデカイ木だった。光はマジで邪魔だからさ、俺はその木を燃やしたったんよ。そしたら変な四人組に返り討ちにされた(笑)

邪神の俺が負けたのか……ショックだったなぁ。

だってさ、しつこいけど俺は邪神。なのに人間に負けちゃったんだぜ?で、ローシュだっけ?アイツつえぇわ。っていうか闇の衣を脱がすなよ。勇者はどんな趣味をしてんだ?変態か?俺はお前の鎧を脱がしてないよな?

だけどまぁ、邪神であるがゆえの余裕ってやつなんかなぁ。だって俺の魂は不滅だし、また生まれ変わってボッコボコにすればいいだけの話……あ?待ったコイツ邪じゃん?このジジイ闇にして、今世はコイツらぶっ飛ばすわ。じゃジジイ、俺の代わりにコイツら殺っといてくれよな?

よし、ローシュに勝った!……ん?ジジイまだ二人いる……まぁいいか。

あー、スッキリした。次に生まれ変わったら……

……ポン!

あれ?俺のナイスなツルピカ肉体どこかなー?それとあのジジイは……お?いたいた。

なになに?闇ジジイは王様?んー、よくわからん者になってるのか。っていうか今ジジイ何歳だよ(笑)

見た所、ローシュの奴はいないようだ。んフフ、闇ジジイよくやっ……はぁ!?ジジイ、お前今勇者とか言ったか?言ったよな!今すぐその赤ん坊とやらを殺れ!そうだ、そいつはローシュや!よし行け。偉いぞジジイ!お前マジ有能、マジ使える!

……あれ?勇者どこ行った?ジジイは逃がしたのかなぁ。まぁ俺が今すぐ肉体に戻れば赤ん坊勇者など……その肉体が無いんだけど?どこだ?おい、ウルノーガとか呼ばれてたジジイ。俺の肉体どこよ?

……ウルノーガ。コイツには黒ヨッチの俺は見えないのか。くっそ、俺の存在に気づかせる方法ないかなぁ。肉体がどこにあるのかわからねぇしマジまぶしいし、俺もうヨッチでいるの限界かも……あ?コイツが勇者?ローシュと全然似てないけど……?

ウルノーガ
「コヤツは勇者。悪魔の子だ!」

本物勇者キター! しかも捕らえた!さすウルだぜ。

な~んて思ってた時系列が、俺にもありました。ウルノーガは勇者を泳がせて命の大樹へ行った。俺は影から見てたけど、ウルノーガは大樹の魂を奪って世界を闇にした!

が!?

ウルノーガは俺の肉体を斬りやがった!

もうダメかなぁ……俺、邪神なのに誰にも気づかれず黒ヨッチのまま過ごすのかなぁ……

な~んて思ってた時系列が俺にはありました~が!まさか勇者が時を遡っていたとは……それが肉体へ戻るチャンスになろうとは……勇者アホちゃう?

……ナンテオモッテタヨ……

くっそ、なんだよこの時のオーブシステム!記憶を紡ぐだかなんだか知らねえけどさ、人間最強邪神弱っ。こんなん勝てる訳ないだろ!そりゃ引きこもるしかねぇわ。

俺は覚えてないんだよなぁ。何で引きこもってるかって?それが俺にもわかんねー。弱いはずの人間がつえぇんだわ。こいつら八人だけ何かつえぇの(笑)

もしかして俺、操られてたのかな?

結局ニズゼルファも操られてた説

そんな説はないと思いますけど、例えば、

ウラノスがベロニカを操りベロニカがウルノーガを操りウルノーガがニズゼルファを操った。

なんて事もあるのかなと思いますね。ニズゼルファはおそらく覚えていないので、あんなに強い人間が襲ってくるとは思わなかったでしょう。

勇者たちがニズゼルファを倒せるタイミングに、ニズゼルファも復活のタイミングを合わされたと考えればいいと思います。

そりゃ、なんとなく安心してなんとなく引きこもっちゃいますよね(笑)

だって俺、邪神なんだぜっ!!

ではでは、そこはこうなんじゃね?みたいなコメントお待ちしております。

スポンサーリンク