邪竜ウルナーガとベロニカの共通点

本当に謎が多いベロニカですが、今回はなんとベロニカが邪竜ウルナーガじゃないの!?という考察をしたいと思います。

は……?

ですよねー。僕もそう思います。


ということで、とりあえず邪竜ウルナーガとベロニカの共通点を見てみましょう。

スポンサーリンク

そもそも邪竜ウルナーガとは?

こいつです(笑)

異変後の魔王ウルノーガと双頭竜の姿をしたボスキャラですね。魔道士ウルノーガは、大樹(聖竜)の力を吸収して魔王ウルノーガになりました。

なので、竜の力を解放して邪竜ウルナーガを生み出したと思われます。

メラゾーマと炎

邪竜ウルナーガの攻撃は、

メラゾーマと、

しゃくねつの炎です。後は食われたりして毒におかされたりしますけど、とりあえず炎の攻撃が得意です。

炎と言えばベロニカ!

というのは単純ですけど、異変後の世界にベロニカがいないのが気に入らないんですよ。

なぜなら、ベロニカも生まれ変わっているはずだからです。

魔王ウルノーガと勇者の技

魔王ウルノーガと勇者の技を参考までに載せておくと、

いかずちと、

集中なんだってばよ!(笑)

スポンサーリンク

なぜホメロス戦の前にベロニカが出てきたのか?

どうしてあの演出が組み込まれたのかを考えていたのですが、正直いらなくないですか?

あれって、ただのホメロスのいやがらせじゃないですよね?ホメロスのイメージダウンの為に用意したのでしょうか?


んな訳ないよね!

あれが異変後のベロニカの姿だよ?と、僕らに教える為ですよね?

セーニャがサラッと倒してしまいますが、異変後のベロニカは強いはず。ある意味目覚めしベロニカのはずです。


でもさぁ、ふう船さんよぉ。異変後のベロニカは、セーニャに能力を渡したんだぜ?あれはベロニカの幻影でいいんじゃねぇの?

僕もそう思ってましたけど、ホメロス戦の前にホメロスが心理作戦を仕掛ける理由がないんですよ。それよりも、どの場面で異変後のベロニカを登場させれば違和感がないか?を考えた結果、ホメロス戦の前になったと思います。

マジかぁ!?

ベロニカは魔道士ウルノーガにメッチャ怒ってたぞ?

 

まさか、ベロニカは魔王ウルノーガに邪竜ウルナーガにされたから怒ってたのか!?

そうなんですよね。過ぎ去りし時を戻ったデルカダール城での魔道士ウルノーガ戦の前、ベロニカは散々振り回してくれたわねとウルノーガを怒ります。


そ、そりゃあね?ベロニカが邪竜ウルナーガの姿にさられたなら、怒りますわね。

でもね、本当にその可能性はゼロじゃないのよ。

勇者と旅をするベロニカとセーニャは、人の姿をした魔物

異変後のグレイグの台詞ですね。勇者は暗黒斬が使えますし、闇落ちした可能性もあります。もっと言うと、異変後に戦った魔王ウルノーガは、闇落ちした勇者かもしれないのよ。

これは面白かった考察だから書いちゃうけど、ありえないとは思うけど異変後のイベントは、闇落ちした勇者(魔王ウルノーガ)と闇落ちしなかった勇者の戦いだったのかもしれない。(まぁ、よみがえりを考えると、無理なんですけどね)


でもね、これを書くことに意味があると思うのです。もしかしたら、誰かが考察を繋げてくれるかもしれないでしょ?

まぁたふう船がアホなこと言ってるわ!って、笑ってくれるのも楽しいし、もちろん新たな考察コメントが来るのも楽しい!


あの絶望感に満ちた異変後のベロニカと闇落ちした勇者が魔王ウルノーガと邪竜ウルナーガだったら面白くないですか?

くだらないコメントばかりくれるあなたたちに言ってるんだよ?もっとドラクエ11考察を楽しめないのかなぁ?何でも否定するのは簡単だけど、どうせ同じ時間を使うなら人を楽しませる努力をしない?その方があなたたちも幸せだよ?


でね、異変前の魔王の剣誕生の時のキョロキョロする目ね!あれって一体何だったの?って結論が出ていないのです。

こういう考察コメントをくれたら、喜んで公開するんですけどねぇ……

魔王の剣→目がキョロキョロ→闇落ち勇者→恨みベロニカ→邪竜ウルナーガ

魔王ウルノーガ
「その目、かつての勇者たち(自分)を思わせる。気に入らん」

なんてね!(笑)


デルカダール兵がベロニカとセーニャを人の姿をした魔物と言ったけど、異変後のセーニャはどこに行った?となります。

うわぁ……これ、マジで大人ベロニカ時系列が存在するのかなぁ……以前書いた異変前に仲間を助けたのはセーニャ時系列ありそうじゃん(笑)

もうなんでもアリです

答えなんてないから、書いちゃったもん勝ちですね。まぁ、特に誰かと勝負してるつもりはないですけど、僕は面白ければいいです。

でもね、的はずれすぎるのはダメだよね。(この記事はギリギリアウトか?笑)


ということで、まさか邪竜ウルナーガって恨みベロニカなの!?でした。

ウラノスとベロニカは、悠久繋がりでもあるしね。そのウラノスの悪の心がウルノーガで、勇者と魔王は表裏一体と言ったのがデルカダール王(魔道士ウルノーガ)。

異変後の勇者はウルノーガを恨んでいたし、それを助けたのは母のエレノアと父のアーウィン。

異変後のベロニカは、見たまんま勇者たちを恨んでいた。


まさか!本当に勇者ウルノーガと邪竜ベロニカが存在した時系列があったのか!?

楽しんで頂ければ幸いです(笑)

まだ読んでない方々は、他の考察記事も楽しんでね!是非、アホな管理人ふう船を笑ってやって下さい。

ドラクエ11徹底考察!中身を深く知ると、各シリーズへは繋がらない

ではでは!

スポンサーリンク