イニシャルDの劇場版Blu-ray

ほぼ漫画でしか読んでなかったけど、アニメのイニシャルDは迫力がありますねー。

やはり、公道バトルという車同士の戦いにアニメは合ってます。

最近考えていたのですが、漫画でも面白いけどアニメになるとさらに魅力が増す作品ってなんだろう?と思っていたのですよ。

もちろんアニメだから動くだけでなく喋るんですけど、声優さんの力も作品の魅力アップなのかな?

うん、あるある。

 

そこで今回、プロジェクトD編になるまでをリニューアルした劇場版ブルーレイを見ました。全編のアニメは途中で止まってるんだよね。また機会があれば見ようかなとおもうけど、

もうね、ブルーレイでもスゲェ迫力!つい、一気に見てしまった。

まぁ有名な漫画なので、改めて面白さにしびれましたね。

僕もシナリオ書きますけど、やっぱ1話って大事だなぁと思いました。

スポンサーリンク

1話の設定が素晴らしい

 

まずは、俺TUEEEの主人公から。

天才ドライバー藤原拓海。スタートは高校三年の夏で、実家の豆腐屋の配達を地元の峠にあるホテルに五年間毎日届ける。その間、峠を攻めるようになり、自然にドラテクを身につける。

 

若くてすごいって、スポーツでも人気の要因ですよね。高校一年でレギュラーとか。中学で世界大会出場とか。

理由はよくわからないけど、僕も若くてすごいと興奮しますね。

拓海の場合はドラテクですけど、普通免許が取れるのは18才。なのに、18にしてすでに天才ドライバー。

レーサーになるには、子供の頃からカートとかに乗って練習?が一般的ですよね。

でも、もし拓海がその設定だと魅力が無くなる気がする。

 

大きな声では言えないけど、中学の時から無免許で峠へ配達に…という台詞が、漫画の設定上で峠のスペシャリスト扱いになるから面白いのかな。

現実的にはダメなんだけど、あり得ないくらいの設定が漫画は面白いですけどね。

若いのにメッチャ速い!
さらに、峠しか知らないスペシャリスト!

 

これがいいのでしょうね!

そして、主人公の拓海を支える回りの登場人物ですが、まずは親友で走り屋に憧れるイツキ。

免許取りたてで、ハチロクという車に憧れる。

拓海は「ふ~ん。」とか言ってるけど、拓海が五年間乗ってて今も配達に使ってる車がハチロクだぞ!という設定がニクい。

いや、本当に拓海は知らないんだけどね。

 

そんな二人のバイト先が、ガソリンスタンド。

そのバイト先に、走り屋チームのリーダー池谷がいます。

 

またここでイツキが言うんですよね。

 

「池谷先輩。俺をチームに入れて下さいよぉ!」

「お前が車買ったらな!で、何買うつもりだ?」

 

「ハチロクっすよハチロク!」

「ほぉ~ハチロクかぁ、渋いな。」

 

拓海は横で、「ふ~ん」ですよ。

 

いいなぁ、こういう設定。拓海、早く走ってくれよーって思っちゃう。

 

で、池谷の誘いで週末夜の峠へ三人は行くんですけど、ここで池谷先輩、走り屋の先輩としてヒルクライムで飛ばします。

拓海は、池谷の運転が下手なのでビビリまくり。そんな拓海にイツキは、これが走り屋の世界なんだよー!と一喝。

 

ププッてシーンですね。

 

そんな秋名峠の頂上で、群馬エリア最強のレッドサンズが交流戦を申し込む。

一緒に走る池谷率いるスピードスターズだけど、みんなついていけなくてヘコむ。

 

もういいから拓海走ってくれよ!早く見たいんだよー!

 

こんな状態のふうは無視して、拓海はぼーっとしてます。

 

そんな中、無双する赤城レッドサンズのナンバー2高橋啓介が、朝方まで秋名峠をプラクティス。その帰り道に、ついに拓海と出会ってしまった。

 

配達後の拓海と、いきなりのバトル開始。おぉ…。

拓海は相変わらずぼーっとしながらスゴい運転してますけど、啓介はちょい本気。

 

拓海、サラッとすごいドリフトで啓介のRX-7FDをかわす。

…余裕…さすが天才や…。

その後、負けた啓介はガソリンスタンドに乗り込んでくる。

リベンジだぁ!

だけど、池谷たちには秋名峠最速のハチロクを知らない。

すると、ガソリンスタンドの店長が秋名最速は豆腐屋のハチロクだと言う。池谷に電流走る。

 

豆腐屋…豆腐屋…ここか!ハチロク発見。

拓海の親父が伝説の走り屋と知り、地元の面子にかけて啓介とのバトルを頼み込む。

やだね…。

池谷ヘコむ。

 

拓海はまだ茅のそとだよ~。

 

ここから池谷、走り屋の意地を見せて峠を攻めるが玉砕。車も壊れちゃう。

やっぱむりだよぉ。拓海の親父さんに頼むしかない!

 

やだね。ガキ同士の喧嘩に付き合えるかよ。

 

またまた池谷ヘコむ。でも拓海の親父、文太はバトル参加の可能性を示唆する。

 

行ってやれねぇこともねぇけどな。まだ五分五分ってとこだ。

 

池谷復活!文太を信じて秋名峠の頂上で文太を待つ。

 

一方拓海は、女の子とのデートで文太のハチロクを借りたいと思ってお願いするが、文太は赤城の小僧を軽くひねってこいという。

そして、ガソリン満タンの条件付きに、拓海はバトルよりもそっちにひかれる。

 

まだ1話だからね。拓海は全然走り屋に興味ないんだよね。そこが設定の魅力なんだけど。

 

そしてイツキも待つ秋名頂上へ。そこへ、遅れてきた拓海とハチロク登場。

 

メンバー唖然。

 

そりゃそうだよね。まさか高校三年の拓海で、しかも走り屋の世界に全く興味がないんだから。

当然スタートラインを聖域のように扱うイツキは、拓海にキレる。

 

たっくみぃ!早く車どかせって!

すると、再び池谷に電流。

 

まさか拓海、今はお前が豆腐の配達してるのか?

まぁ…そぉっすけど。

 

啓介はハチロクを覚えているので、やる気満々。早く車を並べろ!俺の相手はコイツなんだろ?

あぁ!!池谷ドヤッ。

 

そして、拓海と啓介の秋名ダウンヒルが始まる…。

 

と、1話越えちゃってるかもしれないけど、あんまり感想を話してもね。

見てない人が、

 

おいおいおいー!続き楽しみじゃ~ん!

 

となるような、アニメの紹介方法でお送りしたいと思いますのでね。(僕は先を知らない方が楽しめる派なので)

僕は車が特別好きではないけど、切ない恋愛とかも絡んでてドキドキしちゃいます。

 

もちろん、最大の見所は拓海が強敵たち対してどのようにバトルを展開していくのか?ですので、彼らの走りが面白いです。

 

公道バトル

 

実際、今はエコカーブームで走り屋は少ないと思うけど、憧れちゃう気分になるおすすめのアニメですね。

漫画の方は、アニメにないエピソードが多少ありますので、興味のある方は是非!

スポンサーリンク