デルカダール城でウルノーガと戦うベロニカ

ドラクエ11のベロニカに関する情報のまとめ

聖地ラムダの静寂の森で、ファナード長老にセーニャと共に拾われたベロニカ。両親は育ての親で、セニカの天空のフルートを受け継いだのもベロニカでした。

 

そして大人ベロニカは、オープニングにしか出てきません。

 

他にも真実が真実ではないようなベロニカ言動など、とにかくベロニカは最初から最後まで意味深だらけです。

 

そんな大人気のベロニカの謎に迫る確定情報をまとめました。

 

スポンサーリンク

ベロニカのお墓の文字

つけさんのコメント

アストルティア文字で、確か女神の祝福を、ははなる大地と共にって書いてあったと思います。

 

これは、わざとですよね?明らかに。
ベロニカ死んでませんよっていうメッセージですよね?

ベロニカには堀井さんも言えない秘密がある?

つけさんのコメントから

堀井さんを含めた対談の内容みたいなものがネットにあがっているのですが、第一ソースが分かりません。

 

内容としては、ストーリーは練りに練って、ベロニカには言えない秘密があるそうです。

スポンサーリンク

ベロニカの幼女姿に驚く仲間たち

少女である妹のセーニャと双子のベロニカ。しかし、再会したセーニャはベロニカの幼女姿に驚いていた。

 

ベロニカは魔力が戻れば元に戻ると言っていたが、魔力が戻っても姿は小さいままでした。

 

ベロニカとセーニャを勇者探しの旅に行かせた聖地ラムダのファナード長老も、ベロニカの幼女姿に驚いていました。

 

しかしベロニカは、ファナード長老を誤魔化しましたね?

 

数年間勇者を聖地ラムダで待っていたファナード長老。その長老がベロニカが小さくなったと言ったので、ベロニカとセーニャは大人の姿で勇者探しの旅へ向かったと思われます。

 

しかしこれは、少なくとも二回目の可能性があります。ファナード長老がベロニカとセーニャを送り出した時系列と、ベロニカが説得して飛び出した時系列が存在しています。

ベロニカは、勇者が一目でわかった

祖父のロウでさえ、勇者のアザを見なければ勇者とは気づかなかった。しかしベロニカは、ホムラの里の酒場前で出会った勇者にすぐ気づいた。

 

加えて双子のセーニャも、一目で勇者だとわかった。

 

1つ気になるのは、ベロニカが勇者に名前を聞いたこと。

 

勇者の目の奥に灯る光で主人公が勇者とわかったとベロニカは言いますが、そもそも聖地ラムダを飛び出したベロニカとセーニャは、顔も名前もわからない勇者をどのように探していたのでしょうか?

 

カミュは主人公が勇者だと名乗ったから気づきました。クルッチは、自分の姿が見えるから勇者だと気づきましたね。

 

ベロニカは、あたしはアンタが何者か知ってると言っていました。

天才情報屋、ルパスが見たベロニカの姿

「そこで オレは 見ちまったんだ。人さらいの魔物と 必死で戦う姉ちゃんの姿を。」

 

どうやらホムラの里でデンダに捕まる前は、ベロニカは大人の姿だったようですね。

デンダのベロニカに対する台詞

「あのベロニカというはただ者じゃねぇ。ケタはずれのチカラと 極上の素質を秘めた何年に一度現れるかわからない 逸材だった

「あのの魔力を 全部 お納めすれば いずれ現れる魔王さまの右腕に なれただろう それを……それをお前らはアァァァ!」

「ククク……いずれ 魔王さまにやられちまうオメーらに 何を教えたって ムダさ……。命あっての特ダネとは…このことよ……ぐふっ。」

 

どう見てもルパスとデンダの台詞は、幼女ベロニカに対するものではないですね。

 

やはり大人ベロニカの姿です。

ベロニカは、勇者にルーラを教えた

ホムラの里を出る直前、ベロニカは勇者にルーラを授けます。

 

一度行った事のある場所ならこれで行けるとベロニカは言いますが、その時点で行ける場所はホムラの里のみ。(DS版ではヨッチ村も行けます)

 

しかしそれまでの勇者は、

イシの村
デルカダール城下
導きの教会

へと行っています。

 

おかしい点は、勇者はホムラの里へまほうの石を使って旅の扉を経由しました。ロトゼタシアでは、どの旅の扉に入っても別空間への移動となります。

 

あのタイミングで、ベロニカが勇者にルーラを授ける理由がありません。早いレベルで勇者がルーラを覚える設定でも構わないからです。

 

ちなみに、

まほうの石でホムラの里へ行く前にキメラの翼を使うと、不思議な力でかき消されます

ベロニカのレベルとルーラのログ

つけさん調べ

これは、私の場合のレベルの変化です。
異変直前、主70、カ72、べ72、セ69、シ69、マ67、ロ67

魔王ウルノーガ討伐直後
主99、カ99、べ??、セ99、シ95、マ92、ロ92、グ77

時を遡った世界でイゴルタプに眠れる力を引出してもらった直後
主99、カ99、べ99、セ99、シ95、マ92、ロ92、グ77

この間、ボス戦以外していません。

この結果から見ると、ベロニカに経験値は、しっかり入っています。彼女は、どこで戦っていたのでしょうか、姿を変えて?世界を変えて?

 

また、時を遡った際に天空のフルート、聖なる種火、ガイアのハンマーは、大事なものリストから消えます。

 

あと、異変後の世界で魔王ウルノーガを倒してもモンスターは消えませんし、強の状態のまま維持されます。

 

そして、異変前の世界と異変後の世界が別世界であることと、時を遡っていないことの証拠を一つ見つけました。

 

私たちが散々考察したルーラです。

 

異変前のルーラのログは、異変後に魔王の力でキャンセルされます。そのため、再度訪れたりキャンプを実行することで再登録されます。

 

そして時を遡った世界では、気持ち悪いことに異変後の世界で最後の砦から聖地ラムダまでのログに戻ります。(過ぎ去りし時に戻った直後は、聖地ラムダのルーラのログもありません。つまり勇者は、過ぎ去りし時の聖地ラムダへ初めて来た事になります。聖地ラムダの大聖堂で、ファナード長老の話を聞いていたはずですよね?)

 

つまり、異変前の聖地ラムダに着いたときのルーラのログ(魔王ウルノーガに消されたログ)には戻りません。

 

そして、イゴルタプに眠っている力を呼び覚ましてもらうとルーラのログを思い出します。(ドゥルダ郷が追加されます。)

 

しかしこれは、異変後のログが蘇るだけです。変だと思いませんか?

 

異変前の世界に戻ってきたのに、ルーラのログは異変後のログなのです。

勇者に記憶があるからということも言えますが、神の民の里や天空の古戦場のログは無くなっているのです

 

仲間は、記憶を微妙に引き継いでます。明らかに異変後の世界が姿を変えただけですよ、これ。

 

異変前の世界≠異変後の世界

異変後の世界⇒時を遡ったように見える延長世界

ドラクエでは、ルーラを覚える前に訪れた城や町もログがあります。しかし、ドラクエ11ではそれがないんですよね。

 

僕は序盤のルーラのログを書きましたが、つけさんの調べでは過ぎ去りし時を戻っているルーラのログです。

 

これでは過ぎ去り時へ来たのに、ルーラを唱えると未来へ行けるようにも思えますね。

 

ウラノスからもらったネックレスで、ベロニカは本来の姿になった

ウラノスがベロニカに渡たしたネックレス

ネックレスをつけたベロニカの幼女姿

ネックレスをつけたベロニカの少女姿

本来の姿になったベロニカとセーニャと向かい合って祈ると、ふたりの姿は導きの木になりました。

 

これは、二人が大樹の苗木から生まれた証拠ですね。

 

考察・コメントお待ちしております。新たな確定情報がありましたら、追記しますのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク