命の大樹での聖竜の話

ドラクエ11の聖竜に関する情報のまとめ

命の大樹へ姿を変え、ドラクエ11の舞台となるロトゼタシアを創造した聖竜。

 

邪神ニズゼルファとの戦いに破れて命を落としたが、聖竜は失われし時の化身の力を奇跡と言いましたね。

 

聖竜が姿を変えた大樹のたましいには、邪神ニズゼルファの闇の衣を剥がす勇者の剣・真がありました。

 

聖竜に関する確定情報は少ないですが、まとめてみましたのでご覧下さい。

スポンサーリンク

エマが勇者と同じ日に生まれたのは、聖竜の仕業?

てこさんのコメント

主人公である勇者と同日生まれ→聖竜が操作して同日にした?
エマ=ドイツ系の名前に多く、「万能」という意味がある。 神様って意味にも思えてきた。

 

神の民は聖竜と共に生きてきたので、聖竜が神でもおかしくはない。
そして大樹の苗木から生まれたとされる勇者と結婚するのがエマ。

 

聖竜とエマが無関係とは考えにくい。

聖竜は、神の民と共に邪神ニズゼルファと戦った

戦った場所は不明だが、聖竜は神の民と共に邪神ニズゼルファと対峙した。

 

確定情報ではないが、ロトゼタイシスという名の古い詩集・第二章が世界の創造について書かれていることから、聖竜とニズゼルファが戦ったのはロトゼタイシスと思われる。

神の民は、大樹の葉から甦る

オイラが口癖の神の民は、神の民も大樹の葉から甦ると言う。

 

このことから、ロトゼタイシス第一章(詩集は未確認)は、命の大樹の誕生ではないかと推測する。

 

そうなると、聖竜が姿を変えた命の大樹は二本目の可能性がある。(ニズゼルファに燃やされた大樹と聖竜は別かもしれない)

 

神の民は、ニズゼルファに破れた聖竜に祈りを捧げた。その結果聖竜は、失われし時の化身によって命の大樹へと姿を変えた。

スポンサーリンク

聖竜に会ったのは三人のみ

命の大樹での聖竜の姿

 

ドラクエ11のラストシーンで、勇者の剣・真を命の大樹へ返しに行ったのは勇者・ベロニカ・セーニャの三人でした。

 

そこで聖竜は姿を現したのですが、なぜ三人だったのかは疑問が残ります。そして聖竜は、異世界から姿を現したようにも見えます。

考察・コメントお待ちしております。新たな確定情報がありましたら、追記しますのでよろしくお願いします。

スポンサーリンク