異変後のイシの村。

テオが釣りをしていた場所で出会ったのが、セーシェルという女の子です。

 

これが少し面白い台詞を言ったので、簡単に取り上げてみました。

 

では、僕はまだ探してる途中なのでサクッと行きましょう!

スポンサーリンク

暗闇が二回目?

とりあえず写メをどうぞ。

異変後のイシの村にいる女の子

異変後のイシ。村にいる女の子2

何度もやり直してるよねぇ?という考察に繋がるセーシェルの台詞ですが、興味深いのは前にもあったということ。

 

これ、魔王ウルノーガが二回誕生しているという確定情報ですかね?もしくは、聖竜がニズゼルファにやられた時の闇を言っているのか?

 

僕的には、異変後が二回目だったら面白いと思いますね!

セーシェルがどこにいたのかわからない

まだキチンと探してないのですが、知ってる方がいましたらコメント下さい。

 

異変前のデルカダール城下が怪しいな……と思ったのですが、セーシェルはいませんでした。

スポンサーリンク

ネタバレ会でそそられた、仲間との会話が面白い

まだ異変直後なのですが、エマが私の勇者……って言うのが面白いですね。もうネルセンいらないじゃん!

 

これは最後の砦強襲の後に、兵士の怪我を治してるエマの台詞。

 

後は、時間を忘れない為に時間を数えてる兵士もいましたね!やはり、どのくらいの時が過ぎたのかはわからないです。

 

そしてグレイグ。

 

どうもデルカダール王の近くで気がついたようですね。その後、世界中を旅してデルカダールの民を探していたようです。

 

特に深い意味はなさそう。

 

それよりもセーシェルの台詞に繋がりそうなのは、16年前を一度目の暗闇と言った兵士ですね。

マルティナがいなくなった一回目の暗闇

今まで考えなかったのですが、16年前のユグノア襲撃時は晴れていました。

 

おそらくニズゼルファ(ウルノーガの可能性もあり)と思われる黒ヨッチが、暗闇と雨を連れてきたんですよね。

 

そして場面は勇者を拾ったテオになりますが、まるで一夜が明けたように見えます。

 

まさかとは思いますが、グレイグが知らなかったイシの村は別世界だから晴れていて、ロトゼタシアは16年前からしばらく暗闇だったのかもしれませんね。

 

ですが、セーシェルは子供なので16年前は生まれていなかったと思います。そうなると、もう何度ロトゼタシアを暗闇が襲ったのかはわからなくなりますね。

 

とりあえず、異変前と過ぎ去りし時でセーシェルを探そうと思います。

 

どんな話をしてくれるのか、楽しみですね!(いるのかなぁ……)

 

ではでは、またセーシェルが見つかったら続編を書きますね!

スポンサーリンク