ドラクエ11の世界では、何度も繰り返されていて成功ルートへ行く話や、初めてだけど導かれて成功ルートへ行く話などが混在しています。

 

……ホント、ワケわからないよ……

 

ということで、

どこまで正確で、どこまで分析できるかは無理だと思いますが、僕の感覚でまとめてみようと思います。

スポンサーリンク

時のオーブで成功したルート

ドラクエ11最大の鍵と言ってもいい時のオーブシステム。まずは時のオーブでの成功ルートを模索してみましょう。

(思い出せる範囲なので、疑わしい出来事の追記コメントお願いしますね!)

悪魔の剣を作った

ニズゼルファ討伐という最終目標を達成する為に悪魔の剣が必要だったのか?は謎ですが、一応ストーリーとしてホメロスにやられては先がないので悪魔の剣は必要でしたね。

 

そもそもウラノスがウルノーガにならなければ……という時間を時のオーブでやり直せばよかったのでは?と思いますが、成功ルートはそうなっていませんでした。

 

ウラノスがウルノーガになり、それを撃退してからのニズゼルファ討伐達成でしたね。

 

なので、必要だったのだと思います。

セニカの帰還

これも時のオーブシステムの確定情報から。成功ルートの仕上げですね!

 

オマケのように思えますが、これもニズゼルファ討伐への成功ルートに必要な出来事だったと思います。

 

ここは明確ではありませんが、セニカはあの時へ戻りました。あの時がどの時代なのかはわかりません。

 

でも、時のオーブを破壊すると記憶を紡ぎますよね?そして勇者たちの世界に異変はなかった……

 

ように思わされているかもしれません。

 

実際、セニカの時のオーブ破壊後は、イシの村とオーブのない大樹しか見れません。

 

もしかすると、あれは数百年前の世界かもしれませんね。

ローシュとウラノスの誓いは、勇者のニズゼルファ討伐後の可能性

時のオーブを使うと、このように歴史が逆転しているのかもしれませんね。てこさんも前に仰ってましたが、その繰り返しで今のロトゼタシアができていると思います。

 

どうもつじつまが合わない歴史は、時のオーブの破壊で繋がってしまった世界なのかもしれません。

オープニングの大人ベロニカ

静寂の森?と思われる場所で、大人ベロニカがセーニャに出会います。これも時のオーブの破壊かなと思いますね。

 

勇者の星はあるので、ローシュたちの成功ルートが完成した後かなと思います。

夢見と思われる成功ルート

夢見と思われるのは、エレノアとテオですね。エレノアの手紙とテオのまほうの石。

 

エレノアは逃げていることから、漠然とした危機感だったと思います。テオが虹色の枝ではなくまほうの石を選んだのも、トレジャーハンターの書から漠然としていました。

 

ここで漠然という繋がりで考えると、ウラノスの予言が加わりますよね?ですが夢見の本には、夢見は少し先の未来がわかると書いてあります。

 

まさにファナードは夢見をする者ですが、成功ルートを一度たどっていたなら話は別。そして、失敗ルートの記憶と混ざっている可能性もありますね。

 

ファナードが夢見した、ベロニカが勇者の丘で天空のフルートを吹く姿とかね。これは成功ルートにはなかった映像。明らかにケトスを呼ぶベロニカの姿ですからね。

 

このように混乱する夢見と予言の違いですが、ウラノスの言い方は漠然としています。

 

例えばカミュの贖罪とか、セニカを時の賢者と呼ぶとかね。

 

夢見は映像、予言は言葉なんですよね。そして、これらは確定的ではないように見えます。

 

確定的に見えるのは、デンダの言葉ですね!

スポンサーリンク

赤本と緑本の成功ルートとは?

これを語る前に、リーズレットが本に封印されていたことを書きたいと思います。

 

なぜあのイベントが必要だったのか?

 

思い出してみると、学者が封印の呪文を唱えています。これと似た現象を、プレイヤーは経験してますよね?

 

出ました!ヨッチイベント!!

 

これも各冒険の書に入る為には、合言葉を用意しなければダメでしたね。

 

これを赤本や緑本と重ねると、合言葉があれば各本の中へ入れそうな気がします。

 

赤本と緑本は、もちろんドラクエ11の冒険の書でしょう。冒険の書は、結末が勇者を讃える内容になっていればいいので、その途中は重要ではないですよね。

 

でも冒険の書を読めば、勇者の成功ルートがわかります。もしその成功ルートを書き換えることができるなら……

 

それが、デンダの予言かなと思います。時のオーブ破壊での記憶かもしれませんが、それにしてはハッキリとしています。

 

例えばベロニカの潜在能力。例えば勇者たちが魔王にやられる未来。

 

あ!今書いてて気づきましたけど、この魔王は誰なのかわかりませんでしたが、デンダが言ってますね?やはりウルノーガ一人しかいないかもしれませんね。

 

……でも、ウルノーガが魔力を集めてないのが腑に落ちないですけど……デンダがどこからその情報を知ったのかは、未完成の赤本かと思いますけど……違うのかな?

 

未完成というのも変な話ですね。笑
(デンダの説明は、まだ闇の中……)

 

時のオーブ、夢見、予言、各本のまとめ

時のオーブ破壊と夢見は関係があると思います。そして、予言と赤本・緑本も関係があると思います。

 

異変前のクレイモランの学者(中央広場かな?)は、リーズレットの出来事を予言していました。

 

ですが、氷付けになっている間にリーズレットは王室に入る存在になっていたと驚いてましたね。

 

予言をして自分の時が止まり、その間に出来事が終わっていた。

 

これ、セニカに似てますね笑

時の賢者になっている間に、ニズゼルファは倒されて平和になっていた。

 

学者もセニカも、まさか時が過ぎているとは思わなかったでしょうね。

 

まぁ……ドラクエ11の住民で時を感じているのが何人いるのかわかりませんけど……

 

全てを知る者は、数百年生きてるセレン王女だけかな?笑

 

書いてみると全然まとまってなかったので、またコメントお待ちしております。

 

ではでは!

スポンサーリンク