ロトゼタシアの歴史が色々おかしいのは過去をやり直しているからと思います。その中の1つに、聖地ラムダにあるローシュパーティーの聖画がありますね。

f:id:huletter:20170912234111j:plain

ここには、なぜかセニカがいない。

 

しかし時のオーブを壊したのはセニカなので、あの絵になったのかなと思います。

 

ではまずは、ロトゼタシアの過去を変える仕組みを振り返りましょう。

スポンサーリンク

時のオーブで過去を変える

僕は時のオーブを世界のリセットのように思っていますが、正確には時系列をペシャンコにするものですかね。

 

記憶や能力は過去へ持ち帰えれますので、本来その時代に存在しなかった事が普通にありえてしまう。

 

つまりは歴史を変えてしまう訳ですね。

 

異変前のベロニカの死後、異変後で魔王ウルノーガを倒した勇者はベロニカが死ぬ直前と思われる時系列まで歴史をペシャンコにしました。

 

しかし、そこにいた勇者は暗黒斬を覚えています僕らが習得したのは覇王斬まで。

 

本当に勇者は過ぎ去りし時を求めて、ベロニカが亡くなる直前に戻っていたのかは怪しいですね。

大樹の記憶で過去を変える

これは正確かどうかわかりませんが、異変前に一度だけありましたね。

 

テオにもらったまほうの石です。

 

主に大樹の記憶は、勇者を成功ルートへ導く為のもの。では、なぜあのように勇者は十年前へ戻ったのか?

 

例えばですが、通常大樹の記憶で成功ルートを勇者がたどるなら、テオがまほうの石を部屋に隠すなどのシーンでもいいはず。

 

そしてとりあえずまほうの石を手に入れますが、使い方がわからない。テオが知っていたのは、新しい世界への扉を開ける石だということ。

 

仮に勇者に伝えなかったとして、旅立ちのほこらの扉は開かなかったのか?

 

僕は開くと思うんですよ。グレイグが追いかけてきますしね。なので、わざわざあのような演出は必要なかったと思います。

 

では、なぜあの演出が用意されたのか?

 

それは、一緒にいたカミュが過去を見れなかった事実を作る為だと思いますね。他の記憶は、仲間たちは勇者と一緒に見ていますのでね。

スポンサーリンク

未来を知って過去を変える

少しややこしいですが、未来を知らない人間に未来を教えれば、過去を変えたことになります。

 

未来を知らなければ、今を変えられませんからね。その今は、未来から見た過去になるので、夢見のチカラは過去を変える方法と言ってもいいでしょう。

 

ですがロトゼタシアでは、なぜ夢見をするのかハッキリと説明されていません。この説明に近い出来事は、異変後と過ぎ去りし時の時系列にいる神の民。

 

勇者が時のオーブを破壊した後、異変後の世界を夢で見たように語っています。一応、過ぎ去りし時の時系列から見た異変後は未来になります。

 

もし仮に、異変前に神の民に会っていてこのような台詞を言われれば、それは夢見の現象と似ているかと思いますね。

預言者ウラノスが過去を変える

これも預言者ウラノスから見れば、未来を変えている事になります。ですが勇者たちは、過去を変えているんですよね。

 

普通は、決まってしまった過去を変えられません。変えられるのはまだ訪れていない未来なのですが、未来が確定しているなら過去(今)を変えなくてはなりません。

 

ややこしいですね。笑

 

なので未来を知る預言者ウラノスによって、過去は変えられているという事ですね。

冒険の書をムチャクチャにする

これも過去を変えていました。まさかドラクエ3の勇者が二度と戻れないアレフガルドへ行った後、バラモスが復活するなんて……とね。

 

もしあのままバラモスを誰も倒せなかったら、ドラクエ3の物語は完結しなくなってしまう。

 

ですが、結局の所はバラモスは倒され、ゾーマも倒されて世界に平和が戻ったとなりました。

 

公式で発表されているのは、この世界は収束しているということ。そこから考えると、ドラクエ11の世界を収束させたのは勇者となります。

 

メチャクチャになったロトゼタシアの勇者の物語を収束させたのは、主人公でしたので。そして時の流れを見守るヨッチ村には、勇者の石像も立ちました。

セニカが時のオーブを破壊した後、対峙の聖画は見れない

過去を変える為に過去へ戻った勇者がしていたのは、未来へ行って現代に戻ってきたとも思えます。

 

これと同じ現象が、セニカですね。聖地ラムダの対峙の聖画には、セニカがいません。まるでローシュのパーティーが三人かのように描かれています。

 

しかし、時のオーブを壊したセニカの姿がパッと消えたのであれば、セニカは未来で何をしていたのか?

 

それは、時の賢者をしていましたね?

 

ということで、あの三人パーティーのローシュの絵はセニカが時のオーブを壊したから生まれた絵だったでした。

 

実際に勇者は、時のオーブ破壊後に過去へ戻りました。そしてロトゼタシアを平和にしたのですが、その後セニカも過去へ戻りました。

 

果たして、聖地ラムダの対峙の絵は、四人になっているのでしょうか?

 

見ることはできませんが、おそらく四人になっていると思いますね!

ではでは!

スポンサーリンク