以前ドラクエ11の冒険の書を直したのは勇者?を書きました。

 

ヤバイ考察してますね!笑
多分八月なので、ふう船は熱中症か何かになっていたのでしょう。いい思い出として読んで下さい。

 

そこで今日のタイトルになるのですが、

時の守り神が勇者を冒険の書を直す救世主に指名したのなら、イタズラしたのはニズゼルファ!それならニズゼルファがイタズラをしなければ、冒険の書の中身はどうなっていた?

ですね。

 

これはもしかすると、赤本と緑本に繋がるかもしれません。(先に言っておくと、赤=ドラクエ3、緑=天空シリーズと僕も言いたかった。これも似て非なるものであり、証拠はなかったよん。今はやっぱりベロニカとセーニャで考えたいね!)

 

ということで、まずはニズゼルファが汚さなかったロトゼタシアの歴史を考察してみましょう。

スポンサーリンク

邪神のいなかったロトゼタシア

始めに光あり。聖女セーニャは命の大樹でそう言いました。そして聖竜はニズゼルファと戦った。これが汚れてしまった歴史としましょう。

 

簡単に言うと、ニズゼルファがロトゼタシアに来なかったらどうなってたの?ですね。

 

これは、平和ではなかったかもしれません……。(一応聖竜闇落ちいにしえの勇者対決を疑ってますし……)うん、次。

ニズゼルファがやった事を取り除く

ドラクエ11の冒険の書がニズゼルファに汚れたのなら、ニズゼルファのやった事を除いてみましょう。何したっけ?笑

 

まずはロトゼタシア(ロトゼタイシス?)に聖竜と神の民が住んでいたと思われます。そこに混沌が現れました。混沌は光と対になっているので、初めは勇者とニズゼルファというよりは、聖竜とニズゼルファだったのかな?

 

で、結局はそこにニズゼルファが現れてモンスターたちを邪にして暴れさせたから、聖竜がニズゼルファに挑んだ!と。

 

もしくは、元々はニズゼルファの混沌の世界だったのに、そこへ聖竜が光を浴びせたからニズゼルファが怒った!かな。

 

どちらにしても、とりあえずニズゼルファを取り除きましょう(なんのレシピだよ!笑)

 

全てを知る者となった神の民は、天空へ移動。ここでオリハルコンをめぐって争いが起こりますが、ニズゼルファはいないので争いはないね。

 

この辺が神話の時代かな?

スポンサーリンク

いにしえの時代

神話といにしえの順番がわからないけど、とりあえずいにしえの時代ね。

 

大きな出来事は、古代プワチャット王国の滅亡かな。滅亡させたのはウルノーガ。でもウラノスはニズゼルファの闇のチカラでウルノーガになったので、ニズゼルファがいなければこれもなし。

 

……平和だなぁ……

数百年前

平和平和!なーんにもないと思う。ロトゼタシアの英雄はグレイグだし、勇者じゃないもん。

 

ってことは、ローシュもセニカもいなかったかもしれないって事だね?

 

なら、どーしてこーなった!?

煮詰まったので、ニズゼルファを加えます

どうでしょう?ニズゼルファを加えると、かなり味が変わりましたね?だから何のレシピだよ!

 

ニズゼルファ初登場は、どの時代だったのかな?と思いませんか?

 

例えば異変後の平和になったロトゼタシア。ここでの時系列は、仮ですが一番最新の時のオーブとしましょう。

 

ヤバイな……絶対勝てないわ!

 

では、時のオーブを壊してみましょう。そうですね……神話の時代まで壊しましょうかね。するとどうなるの?

 

ニズゼルファはいないはずだよね?でも、実際はいました。なぜって、ロトゼタシアには聖竜がいたからね。

 

時のオーブは世界ごと巻き戻すので、神話の時代にいなかったニズゼルファがいることになっちゃう訳です。

だから時の守り神は怒った!

「平和だった時の流れをぶち壊しよって!ニズゼルファ!」

 

でも見守るのがお仕事なので、手は出せない。見守っても見守っても、ニズゼルファをこらしめる奴が現れない。さすがは邪神!強い!

 

「おい!ローシュ!後一撃だったじゃろ!全く……ん?なんじゃ?今度は魔王ウルノーガじゃと?また歴史が変わったではないかー!もういい!ムカついた!他の冒険の書も知らん!えーい!」

 

どんなイタズラ書きなのかはカミュに聞いてみないとわからないけど笑、時の守り神はかわいいイラストでも書いたのかな?

 

でもね、まだ時の守り神は勇者を主人公にはしなかったと思う。

 

「魔王ウルノーガか。あやつはニズゼルファの弱体化には使えるのう。なら……こうしてこうして……できた!主人公はあいつじゃ!」

 

オギャー!

 

となったかもしれない。なぜ異変後を時の守り神が知っているというと……

勇者の剣が魔王の剣になる瞬間

勇者たちも異変前から知ってました!

 

そう考えると、

 

数百年前に古代プワチャット王国は滅んでいますし、滅ぼしたのは魔王ウルノーガですので、異変後の世界は数百年の歴史があるという事になるね。

プワチャット王国の滅亡を語るロウ

なっが!

おしまいに

ということで、ニズゼルファを無視してみた平和なロトゼタシアでした。やっぱりコンセプトなのかな?ドラクエ11の世界も壊れた冒険の書を勇者が直したと考えると、結構シックリきますね。(ナイス!ヨッチ族イベント!)

 

勇者は死なないし、年も重ねない。(度々マルティナが不思議がってますからね。たまにシルビアも)

 

ニズゼルファは黒い精霊であり、その対となる勇者はヨッチ族も時の化身も見える。なら、勇者はかなりの長寿なんですね!

 

異変後に勇者は何度も魔王ウルノーガと戦って強くなったんでしょうね!暗黒斬!!

 

そうなると、異変前と過ぎ去りし時は数百年前って事かなと。ローシュたちがいたすぐ後の時代かもしれない。

 

問題は、プチャラオ村の建設。異変後に出来たと考えると、つじつまが合わないのよ。

 

これはまた考えるとしますね。ではでは!

スポンサーリンク