女声の出し方

男が女の声を出す事を両声類(りょうせいるい)と呼びます。両生類とかけてある言葉ですね。

 

一部では、あまりに女性の声にしか聞こえないので、変声機を使っているのではないか?と疑われる程の技術を持った人がいます。

 

そんな女声をマスターした人たちの共通点として、自分の声が好きではなかった。だから変えたかった。という理由がありました。

 

実は僕もです!自分の歌声が好きじゃない!!(笑)
だから声を変える事に興味を持ちました。

 

女声を出したいけど、どうすればマスター出来るの?

 

それはまず、女声の出し方のコツを掴む事ですね。そして個人差がありますので、出来るまで諦めない事です。

 

俺も女声を出したい方の為に、ここでは僕の体験記を書きたいと思います。

スポンサーリンク

喉仏が上がる感覚を掴む

男が女声を出しますので、元々喉仏の出ていない女の人と同じ状態にしなければ、女声は出ませんよね?

 

喉仏が上がる感覚を掴む方法として、一番のオススメは水を飲むことでした。

 

鏡を見たり、手で軽く喉仏を触りながら水を飲むと、その動きがわかります。

 

僕は女声を出してみようと思うまで、水を飲み込むと喉仏が上がっているとは気づきませんでした。鏡を見ていると、面白い動きをしますね!

 

人によっては喉仏を引っ込めるとも言いますが、経験上は喉仏が上がっていると思います。

喉仏を上げると苦しい

唾を飲み込んで喉仏を上げたままにすると、鼻から息をするしかありません。喉が狭くなっている証拠ですね!だから苦しくて当然です。

 

あくまで喉仏が上がる感覚を掴む練習なので、無理はしないで下さい。

口を話す形にしてみた

口の形はアでもイでもいいのですが、これも女性が話している感覚を掴む練習ですね。

 

口を開けて唾を飲み込みます。そのまま声を出してみると、色んな場所に違和感を覚えると思います。

 

喉回りはキツく感じますね。鼻で息は出来ますので、焦らず少しずつやってみて下さい。そのまま声を出してみると、なんとなく女声になっていると思います。

とにかくまずは、女声を出している感覚を掴む事が大事ですね。

スポンサーリンク

女声がすぐに出来る人と出来ない人の差は、筋力の違いにある

コツはもちろんですが、女声は今まで話すときに使っていない筋肉を使います。

よく女声を三日でマスターしたなど言われますが、それはその人が女声を始める前に声を出す練習をしていたからです。もしくは普段からカラオケが好きだったり、大声を出す機会が多かったりするのが理由ですね。

 

日々の生活の違いから、初めのスタートラインが違うという事です。

 

僕は昔アホみたいに歌の練習をしていたので、ミックスボイスやヘッドボイスなどのコツを知っています。しかし現在は、歌う為の筋力はなくなっています。

腹式呼吸もそうですね。女声は息をたくさん使いますので、呼吸する筋肉をつけなければ出来ません。

 

ですが、毎日少しずつ積み重ねていけば体は鍛えられてきます。なので、無理に声を出すのは辞めましょう。喉を潰しますからね。

ある日突然女声っぽく出せる?

練習をしていれば、喉回りの筋肉や腹式呼吸での息の使い方が上手くなってきます。そして声を楽に出せるようになってきますので、ある日突然女声が出るようになるようです。

 

僕の場合は、一週間程で変化を感じ始めました。一日の練習は10分程です。喉を潰したくないので無理はしません。

 

喉仏を上げたままキープする事はまだ出来ませんが、アーという単語だけなら女声に近づいてきました。

 

しかし、話そうとすると喉仏の位置が戻ってしまいます。息を吐く量が調整出来ていないからですね。

 

これは、筋力がつかなければどうしようもありません。なので、続けていればある日突然女声が出るようになるという事ですね。

とりあえず、今は女声の入り口みたいな声です(笑)

目標は、二ヶ月で女声を出したい

このままのペースで行きますと、おそらく二ヶ月後にはそれなりに女声が出せそうです。(本当かな?笑)

 

それから歌声を変えて行きたいですね!僕は中性声で歌いたいと思っているので、最終的にはそのように声を作って行きたいと思います。

女声練習を始めて三週間目

ひたすら唾を飲み込んでは喉仏のキープを繰り返しています。これが少しずつ出来てきました。(喜ばしいのかよくわからない笑)

 

というのも、これってモノマネを目指して声を似せていく作業に近くない?

 

そう思いました。

 

後気づいたポイントは、喉の閉まり具合を変えないこと

 

例えば音が高くなっていくと、口だったり首だったり形が変わっていってしまいます。特に高い声を出す時に、余計な力が入ってしまうんですよね。

 

そこで三週間目に上手く行ったのは、

 

女性の普通の声を聞きながら喉の閉まり具合を体で覚え、とにかく一音だけ似せてみる。その音を出せた形をキープしたまま、音の高さが変わっても崩れないようにする!

 

これは本当に練習が必要ですね!どうしても筋力不足でフォームが崩れますのでね。

 

女声の練習を初めて四週間目

全く進歩しないぞー(笑)

 

モノマネを継続しつつ練習していますが、まだまだそれっぽい音が出るだけです。

 

この一週間で思ったのは、口角を横に広げること。そうすることで、喉仏をいしきしなくても女声に聞こえる声が出るようになりました。

 

そして喉仏を上げようとしていたら、舌を下の奥歯の方へ引いている事に気づきました。(でも、唾を飲み込む時より喉仏は上がらない……)

 

そこで別のアプローチを追加しました。ヒソヒソ声と呼ばれるウイスパーボイスですね!

 

とりあえず喉仏は意識せず、かすれたウイスパーボイスで女声っぽく似せていきます。

 

これがかなりキツい!使う息の量が半端ないので、すぐに疲れます。息を吐く筋力が弱い証拠ですね。

 

でも、喉を痛めないメリットがありました。喉を細くして声を出すと、どうしても喉を痛めます。ですがウイスパーボイスで女声に似せる練習は、その負担が小さいです。

 

ヒソヒソ声を女声に近づければ、後は少しずつ音を足していく感じですね。今はまだ呼吸が上手く出来ないので細い声ですが、腹式呼吸が出来る筋力がつけば、声量は上がると思います。

 

後は、ヒソヒソ声で覚えた女声が出る喉のキープですね。ヒソヒソ声からの女声アプローチはキツいので、慣れるまで無理はしない方がいいです。

女声の練習を初めて一ヶ月後

ウイスパーボイスを繰り返しましたが、これにモノマネを追加しました。つまり、女声ではなくウイスパーボイスのモノマネです。

 

これ、やってみて下さい。マジで出来ません!女性のヒソヒソ声を録音して、ひたすらそれに似るように繰り返しました。

 

すると、かなりの息を使う事がわかって、腹筋が痛くなります。この時、喉仏や喉の閉まり具合は気にしてません。

 

確かに喉仏を上げると女声にはなるのですが、高い声(裏声など)を出すと、自然に喉仏は上がってました!

 

喉仏を上げてキープするというコツは、女声の感覚を掴む練習と思えば良さそうですね。

 

そして喉を狭めるコツですが、喉を狭めようとはせず、出来る限り吐く息の量を減らす方が近道かもしれません。

 

息を吐く量を限りなく減らすとウイスパーボイスにはなりませんが、その状態で裏声を出そうとすると、それでも女声っぽくなりました。

 

ただね、息の吐く量を一定にしないとダメなので、かなり疲れると思います。そこから自分の感覚で息を吐く量を調整して、ミックスボイスにしていきました。

 

これでかなりコツがつかめたので、後は反復練習あるのみですね。どうしても女声を出す為の体が出来ていないので、慣れてくればスムーズに女声を出せそうです。

喉仏の上げ方

女声を出すには、とりあえず喉仏の位置が大事でした。喉仏のより簡単な上げ方を覚える事で、女声にまた一歩近づけました。

女声の練習三ヶ月経過。喉仏は勝手に上がる

二ヶ月では無理でしたぁ(汗)

ウイスパーボイスを毎日数分繰り返しているうちに、喉の狭めかたはわかってきました。ですが、どうしても低い響きが加わってしまいます。

低音が混じると、女声には聞こえません。


そこで注目したのが、ガラガラ声です。まず、低い声でガラガラ声を出します。普通に出しやすい高さでいいですね。これは誰でも簡単に出来るかなと思います。

ここからが女声のコツで、

ガラガラ声を出すと、勝手に喉仏が上がります!

これ、凄くないですかね?僕はビックリしたぞ(笑)

喉仏の上げ方がわからなくて女声が出せない人は、ガラガラ声を出しやすい高さで出してみて下さい。本当に喉仏が勝手に上がりますのでね!その際、喉仏の位置をキープするのも同じです。ガラガラ声を出そうとすれば、喉仏の位置も勝手にキープ出きます。

 

そしてここからが本番です。そのガラガラ声を出した喉の状態をそのままに、裏声を出してみて下さい。コツは、ガラガラ声で裏声を出す感じです。


すると、女声っぽく聞こえるようになります。
1つ注意したいのは、喉のどこで音が鳴っているのか体感して下さい。そして、ガラガラ声とガラガラ声のまま出した裏声の音が同じ位置で響いているのか確認しましょう。


これができれば、喉仏を上げるように意識する必要はありません。後は出した声を聞きながら、ガラガラの裏声にならないように練習してみて下さい。

僕はこれで、かなり女声になってきました!ようやく自分にとって分かりやすいアプローチ方法が見つかったと思いました。

後、女声は息をたくさん使います。でも息をたくさん使っていてはとても歌は歌えません。そこで、腹式呼吸を使って息を最小限にします。

喉は、ガラガラ声で裏声を出す感じのままです。


女声の微調整と安定には時間がかかりそうですが、引き続き練習してみたいと思います。

継続は力なり!

 

また経過報告をしますので、これから女声をやってみようという方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク