ドラクエ11の異変後の記憶がないセーシェル

異変後から過ぎ去りし時へ戻ったセーシェル

ドラクエ11の異変後の世界は、勇者が時のオーブを破壊したことでリセットされました。

 

その異変後のイシの村ですが、異変前の爆発で家族を失ったセーシェルという少女がいました。

関連記事はこちらです。

異変後のセーシェルが見つからない件

 

異変後のセーシェルをメダル女学園へ送ると、無事に入学を認められましたね?ですが過ぎ去りし時を戻った後のセーシェルには、異変後の記憶がありませんでした。

 

それだけではなく、

セーシェルの運命も変わっていました。ですが、結末は同じでした。

 

ということは、やり方は違うけど成功ルートは変わらなかったということですね。

スポンサーリンク

異変後から戻ったロトゼタシアのセーシェル

異変後から過ぎ去り時へ戻った後のセーシェル2

 

過ぎ去り後にメダル女学園へ行くと、異変後に勇者が救ったセーシェルがいます。ですが、セーシェルの言葉がおかしい……。

異変後から過ぎ去りし時へ戻ったセーシェル3

異変後のセーシェルも、先生になりたいと言っていましたね?その経緯は違いますが、結果的にセーシェルの運命は変わらなかった訳ですね。

異変後と過ぎ去りし時のイベントの違い

過ぎ去り時へ戻ると、異変後と似たようなイベントを繰り返します。ですが、

 

異変後では各イベントをクリアーしなければ進められなかったストーリーを、過ぎ去りし時では進めなくてもクリアーできます。

 

例えば、異変後に天空魔城へ入ろうとすれば、勇者の剣が必要です。なのでサマディーでの勇者の星破壊イベントや、ホムラの里での火竜イベントをやらなければなりません。

 

しかし過ぎ去りし後は、勇者の剣を作る必要はありません。ケトス覚醒後、すぐにニズゼルファ戦へと行けます。

 

もっと言えば、

 

ネルセンの迷宮も無視してクリアーできるんですよね!ニマ大師もセレン王女も、すでにお役御免です。

 

過ぎ去りし後にロトゼタシアを冒険すれば、異変前や異変後に行ったイベントと結果の違うストーリーを楽しめますが、ニズゼルファ討伐には関係ないイベントになっています。

 

異変前とイベント結果が変わるので、過ぎ去りし時は異変前に戻ってきたと勘違いしますが、勇者がニズゼルファを倒す結果とは関係ない作りになっています。

スポンサーリンク

過ぎ去りし時の成功ルート

・命の大樹で勇者の剣・真を入手
・魔道士ウルノーガ撃破
・忘却の塔で、ケトス覚醒
・ニズゼルファ討伐

 

これだけですので、これらの運命が変わらなければ、他は特にどうなっても関係ないという事ですね。

セーシェルのように、結局最後は変わらない運命への道のりが変わってしまっただけ?

 

異変前の大樹では、魔王の剣がなかった。魔王の剣がなかったから、魔王ウルノーガが誕生してベロニカを失った。

 

ベロニカを失ったから、過ぎ去りし時でケトスを覚醒出来なくなった。ケトスを覚醒出来なかったから、勇者はニズゼルファを討伐出来なかった。

 

これらを直せば、結局は運命通りにストーリーを進めて、勇者たちはロトゼタシアを平和にできました。

 

勇者が異変後のイシの村でセーシェルを助けなくても、セーシェルはメダル女学園に入学して先生を目指していました。

 

ということは、勇者がニズゼルファを討伐する成功ルートはシンプルだったのでしょうね。

 

異変前から過ぎ去り時→八人の仲間が命の大樹へ行き、勇者の剣・真を手に入れる。そしてニズゼルファを倒した。

 

この冒険の書が狂ってしまったから、様々なキャラやイベントが必要になったのでしょう。

 

存在しなかった異変後の世界。
存在しなかったローシュパーティ。
存在しなかったいにしえの夫婦像。
などなど……

 

結局、勇者の成功ルートが穴だらけになってしまったので、その穴を埋めたから副産物が生まれてしまったと思います。

 

そのおかげで、新たなロトゼタシアの歴史が赤本と緑本になったと思いますね。

 

 

ここまで読んで頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク