「お、戻って来たな」

 

教室を力なく歩く俺は、賢人(けんと)と目が合った。だけとなんとなく目を逸らしてしまった。そのまま俺は席に座る。賢人を目の前に、俺は窓の外を見つめた。

 

「どうした?太郎。ま、お前はわかりやすいからな」

 

確かにそう言われるが、今は違うんだ。俺はおもむろに立ち上がり、頭を下げた。

 

「すまん、賢人!俺、お前の偏差値を偶然見ちまったんだ」

「それで?」

は?
即答で返された俺は、開いた口がふさがらなかった。

 

「それでって……賢人お前なぁ」

「いいから太郎、それ以上は言うな。俺もお前も、来月の恋愛偏差値に関わるぞ」

 

ハッ!そうだ!これは校則違反だった……またやっちまった。

 

「と、とにかく俺は謝らなきゃ気が済まねぇから。ごめん!」

「別にいいさ」

 

そう言って前を向いた賢人に、動揺の色は全くない。このやり取りだって、評価対象なんだよなぁ。俺は自分の責任だけど、賢人を巻き込んだかもしれない。そう思うと、なんだかやりきれなかった。

 

午後の授業開始5分前のチャイムが鳴る。授業なんて集中できねーよ。でもこのまま過ごす訳にはいかないよな。愛の木学園といっても、勉強は普通の高校と変わらない。むしろ優秀な連中の集まりだ。

 

だが俺はすぐに、ついボーッと外を見ながら賢人の偏差値を思い出してしまっていた。恋愛偏差値78……13位かぁ。

 

「はぁ」

「太郎、まだスッキリしてないのか?なら頭より体を動かした方がいいぞ」

「賢人、だってもう昼休み終わり……」

 

あれ?体操服?次の授業は体育かよ!忘れてた!

 

「先行くからなー!」

「おい!ちょっと……」

 

賢人はグラウンドへ行ってしまった。やべぇ、後3分しかない。俺は急いで着替え、体育の授業へ向かった。

 

「佐藤太郎、遅いぞ!」

 

体育教師に声をかけられた瞬間、開始のチャイムが鳴った。

 

「すいません……ハァ」

 

賢人が俺を見て笑っている。本当に気にしてないみたいだ。少しホッとした。そして授業が始まると、賢人の言う通り体育の間に色々考える事はなかった。逆にスッキリして、俺はサッカーの授業を楽しんだ。

 

『ありがとうございました』

 

あいさつが終わった頃には、いつも通り賢人と話せた。

 

「見たか?賢人。あのボレーシュートは完璧だっただろ?」

「俺は太郎のオーバーヘッドが見たかったんだけどね。惜しかったけどさ」

 

「へへっ、まぁ仕方ねぇな」

 

こう見えても俺は中学までサッカー部だった。高校では実力を考えて辞めたけど、素人相手なら得意分野だ。

 

「あれは失敗。完全に調子に乗ったわ」

「だけど、少しもったいない気もするね。高校でもサッカーやればよかったのに」

 

「色々あんだよ。今は恋愛偏差値に一直線だからな」

 

そっか。そう言えばメモを見てなかったな。賢人と教室に着いた俺は着替えを終え、ゴソゴソと右ポケットのメモを探す。探すが……。

 

「ん?」

「どうした?」

 

「いや、なんでもない。賢人、俺ちょっとトイレ行って来るわ」

「ああ。時間ないから急げよ!」

 

「わかってるって!」

 

ヤバイヤバイヤバイヤバイ!

状況がよくわからず、とにかくトイレへ走った。なんでメモがないんだよ!もし無くしたなら、他の生徒に俺の偏差値を知られる可能性がある。

 

メモを無くした事を、学園にバレる訳にはいかない。焦った態度はトイレへ急ぐ緊急の行為!頼むぜ学校!監視されてるのはわかってるんだ。そう思ってくれよ!

 

そしてトイレへ到着し、もちろん大の方へ入る。ここにも監視カメラがあるとはいえ、更衣室やトイレといった場所に録画行為はない。現行のみの直視だ。

 

同性が監視し、いじめなどの異常行為さえなければ恋愛偏差値に影響はない……はず。

 

用を足すフリをしながら右のポケットを裏返すと、折り畳まれた紙が落ちた。よかった……あったよ。そう安心した俺の顔は、きっと監視カメラの奥で見ている奴の笑いを取ったかもしれない。

 

間に合った顔に見えてるだろうな。マヌケ顔だが、ホッとした顔には違いないからオッケーだわ。後は頑張って爆弾を投下すれば……賢人は恋愛偏差値78だったな……。

スポンサーリンク

メモの中身

無事見事な一本をトイレへ生み出し、俺はメモを開いた。へへっ、これもまるでラブレターを見ているように写っているだろうな。俺もなかなかの演技派だぜ。

 

で、肝心の恋愛偏差値は……と

 

「んー?」

 

俺は一度メモから目を逸らし、もう一度中身を確認した。ちょっと待て!なんだ?これ。

 

そこには俺の偏差値ではなく、全く別の文字が刻まれていた。

スポンサーリンク