初球のストレートを振り抜いた九条(くじょう)の打球は、ライト方向へ飛んだ。

 

「ファール!」

 

だが、惜しくもポールから三メートル程横に逸れた。九条は打席に立ったまま打球を見つめ、マウンドの竹橋(たけはし)は打球を見ず、その九条を見つめ続けていた。

 

(やはり怖えぇなぁ……)

 

そして、バッターの九条は一奥(いちおく)との対決を思い出す。体は喜びという恐怖に震えていた。

 

(破滅へ向かうこの感覚……。体が壊れそうだとしても、喜びで力を止められない!)

 

九条は構え、竹橋が振りかぶった。

 

(倒す!) (倒す!)

 

ガシャ「ファール!」

 

バックネットに突き刺さった打球も見ず、九条と竹橋は睨み合ったまま大きく息を吐いた。そしてバットを見た九条は確信した。

 

(これがブレイクリミットの感覚……白城(あいつ)の力に、ついに俺は到達した……)

 

さらに気合いが入った九条が構える。

 

(今の俺と竹橋(おまえ)は同等。さぁ来い!)

 

そんな九条の姿にマウンドの竹橋が「ケッ」と笑ったその時、九条の後ろから声が聞こえた。

 

「1つ……足りなかったな……」

 

呟いた国井の一言に、九条の眉がピクリと動く。

 

(1つ足りないだと?)

 

竹橋が振りかぶった。九条は視線をマウンドへ戻し、三球目が真ん中低めに投じられた。

 

(ブレイクリミッターの俺を……)

 

九条がスイングに入る。

 

「ナメるなぁ!」

 

スパーン……「なっ……」

「ストライクバッターアウト」

「うおぉぉぉ!」

 

マウンドで叫ぶ竹橋。空振りした九条は唖然としながら振り返ると、キャッチャー国井(くにい)のミットは、左腕を上へ伸ばした先にあった。予想を超えた浮き上がる球に、驚いたスタンドの愛理(あいり)が立ち上がる。

 

「姉さん!」

 

愛理は舞理(まいり)を見ると、苦笑いをして頷いた。

 

「やっぱりこれって……名京のダブルリミットよね……」

 

下を向いてバッターボックスを去る九条を見ながら、愛理は静かに座った。

 

「タイムリミッターの国井君も、自らのリミットを超えていた……」

「まさか守りにもタイムリミットの力が及んでいたとはね……。でも愛理ちゃんみたいじゃない?」

 

「そうだけど、これは驚いたわ……。私のリバースリミットには、悔しい思いをして満塁ホームランを打つ条件がある。でも、ここまで2ホーマーの国井君にはマイナス要素がない。守りのタイムリミットはいつ……って姉さん……」

「え?なに?愛理ちゃん」

 

舞理は、スマホをいじり仕事をしていた。

 

「しっかりしてるわね」

「どうもー!これでも私、二十歳(はたち)ですからぁ!」

 

笑顔でピースした舞理を見た愛理が「フフッ」と微笑む。

 

そしてベンチに座った九条は、呆然とするメンバーを振り払うように、マウンドの竹橋を見て「フフッ……ハハッ!」と笑った。

 

そんな楽しそうな九条に皆が安心する中、九条の背中越しに木村(きむら)監督が話しかけた。

 

「九条君。答えは出ましたかな?」

「ええ、木村監督。俺はさらに野球が好きになりましたよ」

 

「ホホッ。それは良かったですな!」

 

「ところで監督。俺が三振する前ですが、国井さんはひとつ足りなかったと言いました。何かわかりますか?」

「それは、ダブルリミットですよ」

「ダブルリミット?」

 

「ええ。リミッター同士が影響し合い、互いを高めあう……まぁそんな所でしょう」

 

「なるほど。それがダブルリミットか……」

 

九条は立ち上がり、防具を付け始めた。すると、木村監督が「五十嵐君」と呼んだ。

 

「はい、なんでしょう?監督」

「君は、近いうちにリミッターとなるでしょう」

 

「えぇ!マジですか?俺が九条と同じリミッターに……?」

 

九条は防具を付けながらフッと笑い、他のメンバーは五十嵐同様驚いた。

 

「いえいえ五十嵐君。同じではありません。そうですなぁ……超のリミット、リードリミッターですかな」

「リードリミッター?すか……はぁ」

 

「そのうち、君自身が気づくでしょう」

「わかりました!あざっす!」

 

続く五番の八木も、名京ダブルリミットの前に三振。六回表が終了し、8対3のまま六回裏へ。

 

キャッチャー九条の警戒が続く中、ピッチャーの松原は一番・二番を打ち取ってツーアウトとした。

 

(この回も後一人……)と、キャッチャーの九条が思う中、名京ベンチからタイムがかかった。九条が一塁ベンチを見ると、左バッターが素振りをしている。

 

(代打か。ツーアウトランナーなしで三番に代打……何かあるな……)

 

すると、ベンチから斜坂(ななさか)がホームへ歩いてきた。

 

「球審、代打平勢(ひらせ)さんです」

「平勢君ね」

スポンサーリンク

名京のかくし球

球審が三塁ベンチの木村監督の下へ交代を告げに走ると、斜坂が九条に話しかけた。

 

「なぁ。この試合は七回で終わりらしいぞ」

「なに?」

 

「それと、俺は出番無しだから松原に謝っといてくれ。じゃあな」

 

去っていく斜坂の背番号1を、九条は厳しい表情で見ていた。選手交代の放送を聞いたスタンドの愛理は、平勢の名前にピンときた。

 

「姉さん、平勢って……」

「う~ん、そう言えば愛理ちゃんの引退試合の時も国井君の前に出てきたわよね」

 

「そうよ。国井君の前……ハッ!」

 

その瞬間、愛理は左手で頭を抱えた。

 

「やられたわ……。代打だと油断していたけど、あのバッターはリードリミッターだったのね……」

スポンサーリンク