完全無農薬でキュウリが作れた

これ、土に付いていたので白くなったのかな?(笑)

どうも、農業ド素人の管理人ふう船です。

土地が除草剤でやられていたりと苦戦をしていましたが、ついに完全無農薬野菜1号となるキュウリが出来ました!


やったぜ!


そして、前回書いた化学・化成肥料をも全く使わず立派に野菜が育ってくれました。まさか本当に出来るとは思わなかったけどね。

野菜が育たないなら肥料を使え!

そんなことなかったね……うん。


キュウリは育ちやすいと聞きましたが、年々不作ぎみだそうです。

そんな中で、農薬を使わず化学肥料も使わずキュウリを育てられたのは嬉しかったですね。

これは僕が来年見る為の日記みたいな記録ですが、よかったら続きを読んでください。

相変わらず農業プロの方が読むと怒られそうな内容ですが、ふう船流完全無農薬キュウリが出来るまでの記録です。

スポンサーリンク

泥団子と草マルチ

キュウリの種を泥団子に埋めて畑にポトッと落とし、その上にその土地に生えていた草をマルチみたいに乗せました。

泥団子は、種が発芽に必要な水分を与え続ける為。その泥団子の上にかぶせた草マルチは、後々の自然な肥料と泥団子の乾燥を遅らせる為でした。


フレンドリー畑を借りたのは五月中旬。実は、今日採れたキュウリは例のドSプレイで乾燥しきっていた泥団子から頑張って発芽したキュウリです。本当によく育ったよ(笑)

植物の力って、スゴいね!

この時、泥団子キュウリは10個作り、発芽したのは3個。この失敗を生かして、先週30個の泥団子キュウリを植えてみました。今度はさっき書いたような草マルチを泥団子の状態からやりました。

そしたら、キュウリ発芽率が80%を越えたよ。これは嬉しかったですね。


数を作るとなると泥団子は面倒ですが、とにかく僕は野菜に水をあげたくなかったんですね。

だから、泥団子が乾きにくいように草マルチを乗せたのが正解でした。森で言うなら、落ち葉の下から生えてきたような感じかな。

キュウリへの水は雨だけ

この一週間、メチャクチャ暑くて雨が全く降りませんでしたが、そもそも泥団子の水以外、キュウリや他の野菜に一切水をあげませんでした。

その理由は、強い野菜は立派な根っこを生やすから。とはいえね、水をあげたくなるんですよ(笑)

だけど野菜に水をあげてしまうと、立派な根っこが伸びない。グッとこらえて頑張ってるな!と、野菜たちには声をかけてあげました。


でね、そんないい天気が続いて雨が降ると、野菜が一気に成長しました。(周りの草たちも一気に成長するよね!)

雨は予測できないので不安でしたが、一度も野菜に水をあげてないのに成長してくれたのは良かったですよ。


結果的に、野菜が一度もヘタる事もありませんでした。きっと、強く元気に育ってくれたからでしょう。

スポンサーリンク

懸念である残留肥料

フレンドリー畑では、地主さんが趣味で野菜を作っている程度。一応去年の様子を聞いたのですが、ほとんど肥料は使っていないとのことでした。

今年僕はフレンドリー畑に肥料を使っていないのですが、庭に植えたキュウリは育たなかったんですよ。

でも、庭を見ると雑草と呼ばれる草も小さい。僕はこれまで庭の草をむしって捨ててましたので、土に返していませんでした。


さて、それでは今回キュウリが育ったのは運が強かったからなのでしょうか?

僕ね、残留肥料のおかげかもしれないと思っています。だからキュウリも完全無農薬野菜ではあるけど、完全天然肥料野菜とは言えない可能性があるのよ。

この答えが出るのは、二年後くらいかもしれないですね。

とにかく完全無農薬キュウリは出来た!

畑に虫はブンブン飛んでますし、草マルチの下は涼しいのか色んな虫がいます。多分だけどね、これらの虫たちも完全無農薬野菜作りに必要なんじゃないかなと思っております。

草や葉っぱが地に落ちれば、その下に虫が寄ってくるのが自然ですからね。

何がどうなって草が元気に生える土が出来上がるのかはわかりませんが、結果的に草マルチは一石何鳥なのかわからないくらいすごかった!


・草マルチのおかげで雑草がほぼ生えない。

・草マルチの下に虫が寄ってくるので、自然な形を保てた。

・草マルチが土の渇きを防いでくれた。

・おそらく草マルチが来年以降の肥料になる。

・草マルチが土の温度を保ってくれた。

・僕はやることがない(笑)


農業は大変だと言いますが、大変なのは種まきと収穫ですね。後はやることがありませんでした。(草刈り機があれば楽ですね!)

今回はキュウリでしたが、キュウリは成長が早いのかな?

今後も完全無農薬野菜の続編を書いて行きますが、ニンジン、ナス、トマト、枝豆、いんげん、キャベツ、ブロッコリー、ししとう、アスパラガスなど、グレーゾーンの化成肥料も使わずに育っています。


今の僕が言いたいのは、やはりこれ。

みんな完全無農薬野菜を求めてるけど、それはいわゆる無肥料野菜でもないと意味ないかもよ?

有機野菜やオーガニックはイメージがいいけど、この辺もグレーゾーンなんですよね?野菜の栄養を語る前に、野菜に含まれる余分なものは気にしないの?無肥料でも立派に育った元気な野菜に栄養が少ないイメージを持つけど、本当はどっちが体にいいの?

ってこと。

無肥料野菜です!

こう言うとね、本当にただの草を食べてるイメージなのよ(笑)

そうではなくて、作られた栄養より自然な栄養を僕は求めたいと思いますね。どちらがいいかは、もちろん皆さん次第ですよ?

僕も本当のことはわからないのでね。


ということで、完全無農薬・自然肥料(いわゆる雑草)野菜でキュウリが出来た話でした。

キュウリや野菜が大きく育ったのは、残留肥料のおかげかもしれないから楽しみは先送りだけどね(笑)

今年は立派に育った野菜の種を取って、一生懸命いわゆる雑草を土に返して行ければ満足ですから。


とりあえずやったニャ!

スポンサーリンク