「ダブルリミットか…。」

一奥(いちおく)が呟くと、バッターの幸崎(こうさき)を見ていた遠矢(とうや)が振り返った。

「捉えられれば、おそらくピッチャー返しが来る。ここでの幸崎(こうさき)さんは打率10割だけど、頼んだよ!一奥(いちおく)。」

「ああ!…って」(サラッとスゲェ事言ってるし…。でも、燃えてきたぜ!)

遠矢(とうや)がホームへ戻る途中、チラッとバッターボックスの幸崎(こうさき)を見ると、幸崎(こうさき)は遠矢(とうや)と目が合った。

再び幸崎(こうさき)を見た遠矢(とうや)は、目を合わせたままホームベース前で立ち止まった。

「幸崎(こうさき)さん。ここは簡単には打たせませんよ?」

「ここは…か。」

幸崎(こうさき)は不敵に笑い、遠矢(とうや)から視線を一奥(いちおく)に移した。

遠矢(とうや)は、打席で歩幅合わせる幸崎(こうさき)を見ながら座り、下を向いて考えていた。

(リミッターの影響を受けたゼロスイング。すでに一奥(いちおく)のリズムは奪われてるだろう。一打席目は上手くいったけど…。)

遠矢(とうや)は一塁ランナーの新田(にった)を見た。

(発動条件は、あの人のファインプレーの可能性が高い。でも、どんなリミットなんだ…。)

遠矢(とうや)がサインを出した。頷いた一奥(いちおく)が投げると、遠矢(とうや)は右へ動いた。

パン 「ボール。」

外した遠矢(とうや)はすぐに一塁ランナーの新田(にった)を見たが、走る気配はなかった。
遠矢(とうや)が返球する中、バッターの幸崎(こうさき)は目だけを動かして様子を見ていた。

(歩かしではないようだな。新田(にった)のリミットを探っている、そんなところか…。)

遠矢(とうや)は座ると、試合前の愛理(あいり)の言葉を思い出していた。

“ 名京(めいきょう)に勝つには、国井(くにい)君を避けていてはダメね。”

(先を見るには…やっぱり行くしかない!)

遠矢(とうや)は腹を決め、一奥(いちおく)にど真ん中のストレートを要求した。

そのサインに、一奥(いちおく)は微笑みながら頷いた。

(行くぜ!幸崎(こうさき)。真っ向勝負だ!)

セットから一奥(いちおく)がストレートを投げた。

その瞬間、遠矢(とうや)がイメージしたストレートが来ていなかった。それは、投げた一奥(いちおく)自身も感じていた。

焦るバッテリーの顔とは対照的に、バッターの幸崎(こうさき)はわかっていたかのようにニヤリと笑い、スイングを始めた。

(一奥(いちおく)。新田(にった)はお前の天敵だ!) カキーン!

打球は一奥(いちおく)がグローブを出す間もなく、あっという間にセンター前へ抜けていった。

センターの要が捕球する姿を見ながら、一奥(いちおく)はこの回から感じていた違和感が大きくなっている事に気づいた。

(今のは160のはずだったのに…。)

一奥(いちおく)が電光掲示板を見ると、表示されていたのは142キロだった。

「くっ…。」

両手を膝についた一奥(いちおく)の背中を見ていた遠矢(とうや)は、幸崎(こうさき)の連打によるダブルリミット発動よりも、一奥(いちおく)の様子が気になっていた。

(こんな事は初めてだ。一奥(いちおく)がサイン通りの球を投げられないなんて…。)

大きく息を吐いた一奥(いちおく)は、振り返って遠矢(とうや)に笑顔を送った。

「ドンマイ!一奥(いちおく)。」

遠矢(とうや)が声をかけると、一奥は頷いた。

そして川石(かわいし)高校は、ついに二人のリミッターによるダブルリミットを発動させた。

ツーアウト、一・二塁。

打席には、幸崎(こうさき)とこの時を待ち望んでいた五番キャッチャーの中西(なかにし)が打席に入った。

中西(なかにし)は、マスクをつける遠矢(とうや)の鬼気迫る表情を目にし、声をかけるのを辞めた。

(ここは一気に行かせてもらう!)

座った遠矢(とうや)は、バッターの中西(なかにし)の限界が明らかに上がっている事に気づいた。

(これがリズムリミッターの力…。バッターの雰囲気が、まるで別人だ。得点の匂いしかしない。それでも一奥(いちおく)の球が要求通りに来れば、勝負できるのに…。)

悩んだ末に遠矢(とうや)が出した策は、いつものように限界を超えるのではなく、少しでも中西(なかにし)の限界を下げる事だった。

サインに頷いた一奥(いちおく)がセットに入る。二塁を一度見た後、遠矢(とうや)のミットをジッと見つめた一奥(いちおく)は、超クイックでインローへ投げた。

バッターの中西(なかにし)は気づいていないが、遠矢(とうや)は中西(なかにし)の呼吸を外した。そして投じられたストレートは、回転数を減らしたツーシームだった。

呼吸・コース・球の回転数と少し沈む軌道。

それらを目にした遠矢(とうや)が、(これでどうだ…。)とミットを閉じかけた瞬間だった。

カキーン!

「くっ…。」

思わず声がもれた遠矢(とうや)が目にしたのは、サード村石(むらいし)とショート神山(かみやま)が一歩も動けなかった三遊間真っ二つのレフト前ヒットだった。

二塁ランナーの新田(にった)は、俊足を飛ばして三塁を蹴った。

レフトの白城(しらき)がバックホームするが、遠矢(とうや)の「カット!」の声に、サード村石(むらいし)はボールを捕って二塁へ投げた。

新田(にった)がホームへ滑り込んで「よっしゃ!」と小さくガッツポーズする中、三塁を狙った幸崎(こうさき)が二塁をオーバーランし、サード村石(むらいし)の動きを見て必死に戻った。

幸崎(こうさき)はヘッドスライディングし、送球を捕ったセカンドの仟(かしら)がタッチした。

「セーフ。」

すぐに仟(かしら)は送球体勢から一塁を見たが、打った中西(なかにし)は戻っていた。

仟(かしら)がボールを返そうとホーム方向を見ると、ホームカバーに入っていた一奥(いちおく)は、ホームにいる遠矢(とうや)の隣にいた。

「すまねぇ遠矢(とうや)。やっぱ要求通りいかねぇな。」

「いや。今のは中西(なかにし)さんを誉めるべきかな。相手のリミット内でも、一奥(いちおく)の球は良かったよ。打たれたのは仕方ない。」

「そっか…でも悔しいな。」

一奥(いちおく)は、グローブをパンと叩いた。

「球審、タイムお願いします。」

「タイム!」

遠矢(とうや)はタイムを取り、マウンドへ戻る一奥(いちおく)と共に歩いて行った。

「遠矢(とうや)。俺はまた打たれるかもしれねぇ。何かこのダブルリミットを超える策はねぇか?」

話した一奥(いちおく)が遠矢(とうや)を見ると、遠矢(とうや)は「う~ん…。」と鼻声を出し、立てた人差し指を鼻にトントンと何度も当てながら歩いていた。

村石(むらいし)・神山(かみやま)・仟(かしら)・杉浦(すぎうら)がマウンドで待つ中、一足先に一奥(いちおく)がマウンドへ着いた。

「ごめん。どうやらこの回から、俺はリミット内だったみたいなんだ。」

「なに?リミット内だと!?」

眉間にシワを寄せたキャプテンの神山(かみやま)は、サードの村石(むらいし)と、そしてファーストの杉浦(すぎうら)と順番に目が合い、二人が頷いた後に目を逸らして、自分を納得させるように数回頷いた。

先輩たちの様子を見ていた仟(かしら)は、輪に加わっても何も言わず、目を閉じて考えている遠矢(とうや)が気になっていた。

すると、遠矢(とうや)の人差し指はようやく止まったが、今度は目を開けてキョロキョロしだした。

空を見上げ、目が止まった遠矢(とうや)が大きく息を吐いたその時、仟(かしら)は遠矢(とうや)に話しかけた。

「遠矢(とうや)さん。策は決まったのですね。」

仟(かしら)を見た遠矢(とうや)は、苦笑いをした。

「仟(かしら)。」

「はい。」

「神山(かみやま)さんに外野へ行ってもらおうと思うんだけど……いいかな?」

「えっ?」

スポンサーリンク