五回の裏、川石(かわいし)高校の攻撃は七番から。
打のリズムリミットが続く中、西島(せいとう)高校守備陣は変わらないままだった。

球審の「プレイ!」の声に、キャッチャーの遠矢(とうや)はフゥ~と息を吐いた。

(鶴岡(つるおか)さんや要(かなめ)では、リズムリミットを超えられない。一奥(いちおく)ではもう1つのリミットを超えられない。このダブルリミットは厄介だ…。今は、みんなの力で耐えるしかない!)

一奥(いちおく)がセットに入った。その瞬間、一奥(いちおく)を見つめる三塁ベンチの幸崎(こうさき)の目が鋭くなった。

「ランナーなしでセット…。」

幸崎(こうさき)の呟きに、「ん?」と小橋(こばし)監督が鼻声をだした。

「なんだ?幸崎(こうさき)。気づかないなんてお前らしくないな。あのキャッチャーは、なかなかのくせ者だぞ?」

「キャッチャーですか?」

幸崎(こうさき)は不思議そうに、隣に立つ小橋(こばし)監督を少し見上げた。

「まぁ苦肉の策だ。ワンヒットで1点、つまり長打を食らわないように川石(ウチ)の限界を下げている。呼吸を外してな!」

幸崎(こうさき)は、「なるほど…その為の超クイックなんですね。」と、キャッチャーの遠矢(とうや)を見ながら三回頷いた。

「あのキャッチャーは限界(リミット)リミッターだ。バッターの限界を知る事ができる。元々はバッターの限界を知り、球数を最小限に打ち取るのが原点だろう。だが、俺もここまでの限界(リミット)リミッターは見たことがない。あのピッチャーと影響しあっているのが、その理由の1つだろうけどな。だから誇っていいぞ?その限界(リミット)リミッターが、川石(ウチ)のダブルリミットに苦しんでいるんだからな。」

「そうですね。そうなると、この策が三重に仕組まれていたとは思いませんでしたよ。ストレートが少し沈んでいましたからね。」

「そうなのか!?ハハハ、さすが幸崎(こうさき)だな。」

カキン! 「お?」

快音に反応した小橋(こばし)監督と幸崎(こうさき)がグラウンドに目をやると、打球はピッチャーの一奥(いちおく)の足下をライナーで襲っていた。

「おお!」と、腰を引きながらだした一奥(いちおく)のグローブは打球に押され、ピッチングの際に踏み出したスパイクでへこんでしまう穴にボールをこぼした。

一奥(いちおく)が落ち着いてボールを拾い直したその時だった。

送球体勢に入った一奥(いちおく)が一塁を見ると、視界のかなり左にファースト杉浦(すぎうら)が映った。杉浦(すぎうら)は、一奥(いちおく)がライナーでキャッチしたと思い、カバーに入っていなかったのだ。

一奥(いちおく)と目が合った杉浦(すぎうら)は、すぐに一塁ベースへ走った。だが、元々一・二塁間を守っていた鈍足の杉浦(すぎうら)では間に合わないと判断した一奥(いちおく)は、自ら一塁へ走った。

「俺が行く!」

一奥(いちおく)の声に、杉浦(すぎうら)は衝突を避ける為、立ち止まった。

徐々に一奥(いちおく)とバッターランナーの距離が縮まる。

ランナーは駆け抜ける勢い。
一奥(いちおく)は足からスライディングした。

「うおぉぉぉ!!」ダーン…

「アウト!」

審判のコールを聞いた一奥(いちおく)は、「ほぅ…。」と、一息ついて杉浦(すぎうら)を見た。目が合った杉浦(すぎうら)は謝ろうとしたが、微笑んだ一奥(いちおく)を見て口を閉じた。

「杉浦(すぎうら)先輩。俺の守備は期待するなって言われててよかったぜ。遠慮なく判断できたよ。」

「お?おぅ…ガハハ!そうだ。一奥(いちおく)、ナイスプレーだったぞ。」

立ち上がった一奥(いちおく)は、「サンキュー、杉浦(すぎうら)先輩。」とマウンドへ戻っていった。

キャッチャーの遠矢(とうや)が「ワンアウトー!」と叫ぶ中、川石(かわいし)高校の小橋(こばし)監督が動いた。

頷く八番バッターを見た幸崎(こうさき)は、ニヤッと笑った。

「監督。このシフトを潰す気ですか?」

「そりゃそうだ。いつまでも内野三人にやられる訳にはいかないだろ?」

すると、幸崎(こうさき)は「フフッ。」と笑った。

「本命は、一奥(いちおく)ですね。」

「ハハッ!バレてたか。幸崎(おまえ)には敵わないな!」

「いえ。俺も、同じことを考えてましたから…。」

幸崎(こうさき)は、マウンドでロジンを触る一奥(いちおく)を、鋭い視線で睨んだ。

(一奥(いちおく)。お前を潰し、白城(しらき)を破り、俺たちは決勝へ行く!そのシフトで、どこまでダブルリミットを止められるのか?見せてもらうぞ。)

そして、一奥(いちおく)がセットに入った。八番の右バッターがセーフティバントの構えを見せた瞬間、一奥(いちおく)は一塁側へ走った。

コン…

しかし、バントは三塁方向へ転がった。一奥(いちおく)の逆をついたとバッターが喜んだその時だった。

パシッ

「へへっ!」と一奥(いちおく)が三塁方向を見た瞬間、三塁側スタンドの愛理(あいり)が立ち上がった。

(あのプレーは!!)

キャッチャーの遠矢(とうや)は、前へ転がる打球にミットを被せるように捕ると、左足でジャンプした。

空中で曲げた右足を左回転に送って勢いをつけ、そのまま一塁へ投げた。

パン 「アウト。」

プレーを見終えて座った愛理(あいり)に、姉の舞理(まいり)が微笑んだ。

「フフフッ。遠矢(あのこ)相変わらず上手いわねー!パクるの!」

「ほんと!…でも大きなプレーだった。一奥(いちおく)を助けたわね。」

すると、舞理(まいり)が「ふ~ん。」と首をかしけだ姿に、愛理(あいり)が気づいた。

「姉さん、どうしたの?」

「あ、たいしたことじゃないよ?ただね、遠矢(とうや)君の事だから、今のプレーって前の回から決めてたのかな~って。ほら、マウンドでこそこそやってたし。」

「こそこそ?」

気楽に言った舞理(まいり)の言葉だったが、眉間にシワを寄せた愛理(あいり)は舞理(まいり)から視線を逸らすと、「あー!」と気づいた。

そして、今もマウンドで話す一奥(いちおく)と遠矢(とうや)を見ながら苦笑いをした。

「確かに…耳打ちしてたわね…。」

「そう!それそれ。」

「でも姉さん、大変なのはこれからよ?」

「そうよね~。あの二人はどうするのかな?ね~?シラックマ?」

舞理(まいり)が膝の上にあるシラックマの頭を撫でていたその時、愛理(あいり)は一奥(いちおく)が初球を投げたのを見た。バッターは見送り、セーフティバントの構えはなかった。

「やらないか…でもわからないわ。投球はボールだし、遠矢(とうや)君も様子見だったかもしれない。」

舞理(まいり)が頷く中、一奥(いちおく)が二球目を投げた。すると、バッターはセーフティバントの構えをした。

(セーフティ!)「姉さん!」

「来たわね。」

二人が目にしたのは、九番バッターがストライク対してバットを引いた姿。そして、一奥(いちおく)は一塁側に位置し、マウンド付近までセカンドの仟(かしら)が来ていた姿だった。

グラウンドの光景に、愛理(あいり)は二回頷いた。

「八番の時、セカンドの仟(かしら)はセーフティバントに対して走っていなかったわ。まぁ、罠を仕掛けた遠矢(とうや)君も相変わらずだけど、あの九番バッターはその上をいった。今のは間違いなく正面を狙っていたはずなのに、よくバットを引いたわね…これも、ダブルリミットでチームの限界が上がってこその芸当。やるわね。」

「うん、さすが愛理(あいり)ちゃんね。解説がわかりやすいわかりやすい。これでも西島(せいとう)高校の守備は、隙がありそうで隙がないポジションなのね~。」

その言葉に、愛理(あいり)は思わず「え?」と返した。

「え?」

「え?じゃないわよ!姉さん、わかってて言ってたんじゃないの!?」

「あーアハハ、ごめんごめん愛理(あいり)ちゃん、ついノリで。だってほら!よくあるでしょ?雰囲気壊しちゃいけないなぁ~とか、合わせなきゃマズイよね~って時とか。ね?」

「もう…全く…。」と愛理(あいり)が座り直してグラウンドを見守る中、三球目を一奥(いちおく)が投げた。バントの構えに愛理(あいり)は「またセーフティ!?」と声にだした。

コーン…

「うおっ!」

打球は、見上げながら声にした一奥(いちおく)の頭を越えた。

「くそっ!」

振り返った一奥(いちおく)が、ポテンと落ちたボールを拾いに走った時だった。

「きれる!」

叫んだキャッチャー遠矢(とうや)の声に、一奥(いちおく)は打球を見ながら止まった。

「ファール。」

「サンキュー!遠矢(とうや)。」

一奥(いちおく)の言葉に、遠矢(とうや)は笑顔でオーケーマークを送った。

フェアーなら完全にやられていた場面に、スタンドの愛理(あいり)は息をついた。

「これでワンツー。追い込んだわね。」

「でも、ヒッティングを防いだ訳じゃないんでしょ?」

舞理(まいり)の目を見た愛理(あいり)が頷いた時、マウンド一奥(いちおく)はセットに入った。グラウンドに目を移した愛理(あいり)は、西島(せいとう)内野陣の位置を確認した。

(やはり、追い込んでもこのまま迎え撃つのね…。この試合に逃げはない。あくまで真っ向勝負か…。)

そして、一奥が超クイックから四球目を投げた。

カキン!

捉えられた打球は、三遊間を守るサード村石(むらいし)の右をライナーで襲った。懸命にダイビングするが、村石(むらいし)はショートバウンドをはじいて止めるのが精一杯だった。

しかし、すぐ横に来ていた仟(かしら)がカバーした。村石(むらいし)のはじいたボールが狙ったかのように仟(かしら)へのトスになり、右足をグラウンドに滑らせながら右の素手で捕った仟(かしら)は、そのまま踏ん張って一塁へ投げた。

だが、ファーストの杉浦(すぎうら)のカバーが遅れていた。

「杉浦(すぎうら)先輩、飛べー!!」

叫んだ一奥(いちおく)の声に触発され、杉浦(すぎうら)は左腕を伸ばしながら一塁ベースにダイビングした。

パーン 「アウト、チェンジ。」

キャッチした杉浦(すぎうら)のファーストミットは、ギリギリ一塁ベースに届いていた。

カバーに走っていたライトの鶴岡(つるおか)と一奥(いちおく)が、喜びながら杉浦(すぎうら)の下へ駆けつけて体を起こす中、スタンドの愛理(あいり)は、「よく守ったわね…。」と、微笑んでいた。

すると、舞理(まいり)が「愛理(あいり)ちゃん。」と呼んだ。

「今度はどうしたの?」

半分呆れたような愛理(あいり)の返事だったが、舞理(まいり)の視線は二人より下で見ている名京(めいきょう)高校の国井(くにい)の背中を捉えていた。

「愛理(あいり)ちゃんは、一奥(いちおく)君が打たれてるもう1つのリミットの正体がわかってるんでしょ?」

「わかってるわよ。」

舞理(まいり)を見ていた視線を、愛理(あいり)は再び国井(くにい)の背中に移した。

「姉さんの言う通り、国井(くにい)君も気づいてると思うわ。」

「ふ~ん。」

「でも、名京(めいきょう)高校には関係ないリミットね…。」

スポンサーリンク