カキーン!パーン 「アウト、チェンジ。」

「やっぱりピッチャーライナーか!くっそ。キャッチャーの言う通りだな。」

一奥(いちおく)がベンチへ下がる幸崎(こうさき)を見ながら呟いていると、キャッチャーの中西(なかにし)がマスクを取って立ち上がった。

「一奥(いちおく)。お前には感謝している。俺のリミットは、幸崎(こうさき)が偶然気づいたものだ。西島(せいとう)に勝つ準備をしてきた川石(おれたち)を、ガッカリさせたまま終わるなよ!」

「当たり前だ!」

叫んだ一奥(いちおく)に対し、中西(なかにし)は、「フッ」と笑って三塁ベンチへ下がった。一奥(いちおく)も一塁ベンチへ戻ると、キャッチャーの遠矢(とうや)が笑顔で待っていた。

「いい当たりなんだけどね!」

「ホント抜けねぇなぁ、幸崎(あいつ)。」

一奥(いちおく)がバットとヘルメットを片付けると、遠矢(とうや)は帽子とグローブを一奥(いちおく)に渡した。

「さ、次は一番の要(かなめ)からだ。ゼロに抑えてついていこう!」

「よっしゃ!」

一奥(いちおく)はマウンドへ、遠矢(とうや)はホームへと走り出した。

六回の裏、川石(かわいし)高校は一番から。西島(せいとう)内野陣が変わらないのを確認した小橋(こばし)監督のサインに頷き、バッターが打席に立った。

「プレイ!」

球審の声と共に、遠矢(とうや)が一奥(いちおく)にサインを出した。

(明るくふるまったけど、早くこのダブルリミットを破らなければ…一奥(いちおく)がもたない!)

頷いた一奥(いちおく)がセットに入り、超クイックで投げた。バントの構えに、一奥(いちおく)は一塁側へ走る。

パーン「ストライク。」

バッターは、バットを引いた。一奥(いちおく)は、返球を捕りながらバッターを挑発した。

「ストライクだぜ?勝負しろよ!」

一奥(いちおく)がマウンドへ戻るが、バッターはニヤついたまま何も言わなかった。

二球目も同じ展開になったその時、三塁ベンチに座る幸崎(こうさき)が、隣に立つ小橋(こばし)監督に呟いた。

「そろそろですね…。」

「そのようだな…。」

一奥(いちおく)がセットに入った。すると、バッターがバントの構えを見せた。

(バスターかもしれない…。)と、キャッチャーの遠矢(とうや)がセカンドの仟(かしら)に動くなとサインを送る中、構わず一奥(いちおく)は超クイックで投げた。

しかし、バッターはそのままバントにきた。それを見た一奥(いちおく)は、一塁側のカバーへ走った。

パーン「ボール。」

バットは引かれ、ボールはインコース低めに外れた。

マスクを外した遠矢(とうや)が心配そうに一奥(いちおく)を見ると、「遠矢(とうや)!」と笑顔で呼んだ一奥(いちおく)は、グローブを前に出してボールを要求した。

ボールを渡した遠矢(とうや)は、マウンドへ戻る一奥(いちおく)の背中を見ていた。

(ついにコントロールに影響が出始めたか…。)

マスクをつけ、座った遠矢(とうや)は横目で三塁ベンチの小橋(こばし)監督を見ると、小橋(こばし)監督の顔は自信に満ちていた。

(狙い通りって事か…。シフトを戻せば長打がある。このままなら一奥(いちおく)は走らされて潰される…。もうひとつのリミットは、一体なんなんだ…それさえわかれば…。)

キャッチャーの遠矢(とうや)が策を見いだせないまま、四球目・五球目も一奥(いちおく)は走らされ、投球もボールとなった。フルカウントとなった六球目も、バッターはバントの構えのままだった。

一奥(いちおく)は、超クイックから懸命に腕を振った。そして、投球と同時に一塁側へ走った。

コン…

バントした打球は、マウンド方向へ転がった。止まった一奥(いちおく)が「ハァ…。」と息をきらせながら右を向くと、セカンドの仟(かしら)ではなく三遊間からダッシュするサード村石(むらいし)の姿しか目に映らなかった。

焦ってボールを追いかけた一奥(いちおく)の視界が前に来る仟(かしら)を捉えたが、ボールに近いのは一奥(いちおく)だった。

戻る一奥(いちおく)の姿に遠矢(とうや)は、キャッチャーの位置からでは間に合わないのを承知でマウンド方向へ走った。

(フルカウントでバスターもあった。それでも、仟(かしら)を走らせなかった僕のミスだ…。)

一奥(いちおく)がボールを取った瞬間、ファーストの杉浦(すぎうら)が一塁ベースへ走りながら叫んだ。

「投げろ!一奥(いちおく。)」

体勢を崩しながら投げた一奥(いちおく)は、横転した後にうつ伏せで一塁を見た。

パーン「アウト。」

「ふぅ…。」(間一髪かよ…。)

起き上がろうとした一奥(いちおく)は、サードの村石(むらいし)に左腕を持ち上げられた。

「大丈夫か?一奥(いちおく)。」

「平気平気。打たれるよりコツコツやられる方が助かるよ。」

一奥(いちおく)が立ち上がった時、仟(かしら)と遠矢(とうや)も来た。仟(かしら)は、疲れている一奥(いちおく)を見て頷いた後、遠矢(とうや)に近づいた。

「遠矢(とうや)さん。このシフトは限界です。私に一奥(いちおく)さんのバント処理をカバーさせてください。センター前に穴が空きますが、要(かなめ)の足なら止めます。」

遠矢(とうや)は目を閉じ、両手を腰に当てて頭を下へ向けた。

「リズムリミットの打球は、高確率でヒットゾーンへ飛ぶ。仟(かしら)、それではセンター前ヒットを防げないんだよ…。」

「わかっています!わかっていますが…。」

仟(かしら)が一奥(いちおく)を見ると、一奥(いちおく)は仟(かしら)の心配そうな顔に笑顔で返した。

「仟(かしら)。この試合を、お前とぶっ倒すと言った名京(めいきょう)高校が見てるんだぜ?今は梯(かけはし)高校の分もある。俺は負けねぇよ!」

「一奥(いちおく)さん…。」

「おい、長いからタイム取ってきたぞ。」

しびれを切らしたファーストの杉浦(すぎうら)も、マウンドへ来た。杉浦(すぎうら)は、一奥(いちおく)へボールをトスした。

「ほれ、一奥(いちおく)。」

「おう。」 パシッ

すると、杉浦(すぎうら)は黙ったままの村石(むらいし)・仟(かしら)・遠矢(とうや)を見て「フン…。」と鼻息を漏らした。

「お前ら、なんだ?そのへこんだ顔は。策ならあるじゃねーか。」

すると、三人は一斉に杉浦(すぎうら)を見た。だが、怪しむ表情に杉浦(すぎうら)は一歩引いた。しかし、期待感溢れる一奥(いちおく)と目が合うと、照れながら目を逸らしてゴホンと咳をした。

「天上ボールを投げろ。あれなら時間を稼げる…。」

ファーストミットで口を隠しながら言った杉浦(すぎうら)に対し、四人は口を丸くしてそれぞれと目を合わせた。

「仟(かしら)、杉浦(すぎうら)先輩がまともなこと言ったぞ…。」
「一奥(いちおく)さん聞こえますよ?でも意外でしたね。村石(むらいし)さん。」
「あぁ。付き合いの長い俺も初めてだぞ?遠矢(とうや)も気づかなかったんだからな。」
「これは、杉浦(すぎうら)さんのリミットですかね…。」

「んな訳ねーだろ!普通だ!普通。」 バシッ 「いでっ!なっ、なんで俺なの?」

杉浦(すぎうら)は、柄に会わない行為を一奥(いちおく)のケツを叩いてごまかした。

「うるさいぞ!一奥(いちおく)。…いいから抑えろよ。」

杉浦(すぎうら)は一・二塁間へ歩いていった。その姿に、遠矢(とうや)は軽く頭を下げた。

「よし!それじゃ僕らも行きましょう!」

「はいっ!」「しゃ!」

三人もポジションに戻り、マウンドの一奥(いちおく)は気合いを入れ直した。

(天上ボールを忘れてたな。これなら、ダッシュする事なくカバーに行けるぜ!)

一奥(いちおく)は、杉浦(すぎうら)を見た。

「サンキュー!杉浦(すぎうら)先輩!!」

杉浦(すぎうら)は、腕を組んで左を向いた。その姿に一奥(いちおく)は微笑み、ホームを向いてピッチャープレートを両足で踏んだ。

すると、すぐに三塁ベンチの幸崎(こうさき)と小橋(こばし)監督が変化に気づいた。

「監督、どうやら振りかぶるようですね。」

「そうだな。一球、バットを引かせて様子を見るか。」

小橋(こばし)監督が待てのサインを出し、二番バッターが打席に立った。

「プレイ!」

振りかぶった一奥(いちおく)は、腕をおもいっきり振った。バッターがセーフティバントの体勢に入った瞬間、三塁ベンチの川石(かわいし)メンバーの目が上を見た。

一奥(いちおく)はランニングのように一塁側へ走る。ようやく落ちてきたボールを、キャッチャーの遠矢(とうや)がミットに収めた。

ポスッ「ボール。」

その瞬間、ファースト杉浦(すぎうら)の眉が上がった。首をかしげながら返球を受け取った一奥(いちおく)だったが、遠矢(とうや)はこの結果に大きく息を吐いた。

(杉浦(すぎうら)さんのアイディアは間違いじゃない。これも僕のミスだ。より繊細なコントロールが要求される天上ボールを、今の一奥(いちおく)が操るのは手遅れだった…。)

座った遠矢(とうや)は、一奥(いちおく)にセットからの超クイックのサインを出した。

一奥(いちおく)は、迷いなく首を縦に振った。遠矢(とうや)は一奥(いちおく)の姿に、感謝と共に胸が苦しかった。

(このダブルリミットは、強大すぎた…。)

二球目、セットに入った一奥(いちおく)の姿に、三塁ベンチの幸崎(こうさき)は納得の表情で頷いていた。

(少し驚いたが、今の一奥(いちおく)では天上ボールを続けても、カウントを悪くするだけだったな。残念だが、素早い判断は誉めるが状況は変わらない…。)

そして、一奥(いちおく)は投球と同時にまた一塁側へダッシュした。

パン「ストライク。」

その瞬間、ファーストの杉浦(すぎうら)は「一奥(いちおく)!!」と叫んだ。だが、一奥(いちおく)に杉浦(すぎうら)の相手をする余裕はなかった。

三球目のセットに入った一奥(いちおく)の姿に、杉浦(すぎうら)は「くそっ。」と呟いていた。

パン「ボール。」

バントの構えから見極めるバッター。一球ごとに走らされる一奥(いちおく)。見ていられず、自然に体が前へ出ようとする足を必死で止めるサード村石(むらいし)とセカンド仟(かしら)。もどかしい想いを抱えたまま、何もできないファーストの杉浦(すぎうら)。

そして、自分の立てた苦肉の策で必死にダブルリミットへ立ち向かう一奥(いちおく)の姿に、誰よりも悔しい想いを内に秘めるキャッチャーの遠矢(とうや)。

それでも一奥(いちおく)は、なんとか二番バッターをフルカウントまで追い込んだ。

(マジでヤバイな…。本当に強いぜ…川石(かわいし)高校…。)

一奥(いちおく)が六球目のセットに入った。相変わらずのバントの構えに、投げた一奥(いちおく)は一塁側へ走った。

しかし、バットを引いた川石(かわいし)高校の作戦は、バスターだった。フルカウントが影響し、コントロールの怪しい一奥(いちおく)は真ん中へ投げてしまい、さらに繰り返されたセーフティのフェイクで自然に体が一塁側へ行ってしまった。

バスターに気づいた一奥(いちおく)が左足で踏ん張った瞬間、膝がガクッと下がった。

カキーン!

引っ張った左バッターの捉えた打球は、一・二塁間前方で止まった一奥(いちおく)をライナーで襲った。

「くっそぉ!」

必死にグローブを出したが、一奥(いちおく)は打球を触れなかった。そのまま打球は真後ろにいたファーストの杉浦(すぎうら)を襲う。

沈むストレートでバッターがボールの上を叩き、ドライブ回転のかかった打球が杉浦(すぎうら)の前で急激に落ちた。

(絶対に止める!)

ドスッ 「ぐ…。」

痛烈な打球を、杉浦(すぎうら)は体で前に止めた。
しかし、一塁カバーには誰もいなかった。

バッターランナーが一塁を駆け抜ける姿を、杉浦(すぎうら)は見ているしかなかった。

ボロボロの西島(せいとう)内野陣を見つめるキャッチャー遠矢(とうや)の視界に、リミッターである三番の新田(にった)が追い討ちをかけるかのように打席に立った。

がく然とする遠矢(とうや)が頭を下げながら立ち尽くしていると、突然耳に「タイム!」と叫んだ球審の声が響いた。

驚いた遠矢(とうや)が顔を上げると、目にしたのはマウンドに立つキャプテン神山(かみやま)の姿だった。

スポンサーリンク