「!!!」白城(しらき)の眉がピクリと動いた。目にした打球は上がらず、三度(みたび)幸崎(こうさき)の顔面を襲った。

バッ…

だが幸崎(こうさき)は、顔を左へ避けながらグローブの網で当てるのが精一杯だった

かに見えた。

(なにっ!?)

走り出した白城(しらき)が見たのは、ボールを後ろへやりながらも、不敵に微笑む幸崎(こうさき)の顔だった。

「チッ!」と悔しがりながらも、白城(しらき)は弱まった打球の行方を見た。
すると、やはりショートの新田(にった)が二塁ベース付近で打球に飛びついていた。

(今度は止められるはずがねぇ!)

白城(しらき)は、打球が新田のグローブへ吸い込まれる瞬間確信した。

(ぶっ飛ばせ!!)

バン… 「なっ!!」

走りながら驚いた白城(しらき)が目にしたのは、開いていた新田(にった)のグローブが打球を捕る寸前に閉じ、打球を下へ叩き落とした姿だった。

すぐに白城(しらき)が一塁ランナーの仟(かしら)を見ると、仟(かしら)はライナーでスタートが遅れていた。

落としたボールを新田(にった)が素手で拾う中、白城(しらき)が(一塁はセーフにする!ゲッツーはやらねぇ!!)と、両腕をさらに振った瞬間だった。

新田(にった)は、膝立ちのまま先に一塁へ投げた。

パン「アウト。」

そして、すぐにファーストが二塁へ投げる。だがこの前、一塁ランナーの仟(かしら)は、先に一塁へ投げた新田(にった)の動きを横目で確認していた。

(タッチプレーなら二塁は間に合う!)

仟(かしら)がスライディングに入った。送球を捕り、足にタッチしたセカンドとほぼ同時に、二塁審判を見上げた。

「…アウト!」

セカンドは「よっしゃ!」とホッとした表情のショート新田(にった)の下へ喜びながら走った。仟(かしら)は、スライディング体勢のまま下を向いて、静かに立ち上がった。

そのまま一塁ベンチへと走って向かうと、一塁を駆け抜けた白城(しらき)がファールグラウンドで待っていた。

「すみません、白城(しらき)さん。間に合うと思ったのですが…。」

白城(しらき)は、ランニングで戻る仟(かしら)に合わせるように走り出した。

「まぁ俺も、破ると思ったんだがな。」

舌打ちした白城(しらき)を仟(かしら)が見ると、マウンドの幸崎(こうさき)を見ていた。

幸崎(こうさき)はマウンドでキャッチャーの中西(なかにし)と話していた。すぐに中西(なかにし)が幸崎(こうさき)の左肩をポンと叩いてホームへ戻ると、白城(しらき)と仟(かしら)は、一瞬だがチラッと見た幸崎(こうさき)と目が合った。

二人は、ニヤリと微笑んだ幸崎(こうさき)の顔を目にした。再び仟(かしら)が白城(しらき)を見ると、歩き出した白城(しらき)は「フン。」と鼻息を漏らした。

「あの顔は間違いねぇ。サウスポーリミットの発動を、狙っていたんだな。」

「はい…そうですね。」

四番の杉浦(すぎうら)が打席に入る中、ベンチへ入った白城(しらき)の下に、遠矢(とうや)が来た。

「白城(しらき)さん。さっきの幸崎(こうさき)さんのプレーは、リズムリミットに必要な捕るプレーと、記憶を失った間に磨いた避けるプレーの合わせ技ですか?」

「あぁ。ついでに言えば、サウスポーリミット発動も加えて三つだな。まんまとやられたわ。」

ヘルメットを取った白城(しらき)はベンチに座り、遠矢(とうや)は隣に座った。

「それで、次の回も投げます?」

「投げねぇよ。今はサウスポーリミットだけだ。リズムリミットがなければ…」 カキーン! 「ん?…げっ!」

快音を聞いた白城(しらき)がグラウンドに目をやると、杉浦(すぎうら)がピッチャーライナーに打ち取られていた。

両手で頭を抱えながら下を向いた白城(しらき)に続き、「あっちゃ~。」と声を出した遠矢(とうや)と仟(かしら)は、苦笑いをしていた。

そこへ、一奥(いちおく)が嬉しそうにきた。

「今の杉浦(すぎうら)先輩の打球!凄かったな。弁慶打法が進化してるぜ!」

すると、白城(しらき)は冷たい目線で一奥(いちおく)を見た。

「そういう問題じゃねぇ。これでリズムリミットも始まったんだぞ?またダブルリミットだ。」

「へ?」

キョトンとした一奥(いちおく)は、遠矢(とうや)・仟(かしら)と目が合うと、二人も頷いていた。

「白城(しらき)、幸崎(こうさき)の打のリズムリミットは連打じゃねぇのか?」

「古いんだよ!情報が。幸崎(こうさき)さんはな、リズムリミットを超えてたんだよ。今は投打共に1つの条件で発動する。お前がたった六回でバテたのもそのせいだ。初回からずっと、リズムリミット内だからな。遠矢(こいつ)の限界(リミット)リミッターの力がなければ、お前はとっくに火だるまかガス欠だったんだ。川石打線(あいて)の限界ギリギリで、一奥(おまえ)のスタミナを温存してのピッチャーライナー。よくここまで抑えたもんだぜ。」

「アハハ!俺ってスゲェじゃん!!」

「誉めてねー!!それに、抑えたのはお前じゃねぇだろ!ったく…。」

すると、会話を聞いていた紀香(のりか)監督が横目で声を出した。

「ねぇ、あなたたち。チェンジよ?早く守備に行きなさいよ。それでピッチャーは誰なの?」

「監督!オレオレ!次はダブルリミットの幸崎(こうさき)だからな!」

一奥(いちおく)は、勝手にマウンドへ行ってしまった。帽子とグローブを手にした白城(しらき)は、立ち上がってレフトへ歩き出した。すぐに、遠矢(とうや)が隣にいった。

「いいんですか?白城(しらき)さん。」

「いいもなにも、お前だって一奥(いちおく)とやりてぇんだろ?あの状態の幸崎(こうさき)さんとよ。」

「バレましたか。」

遠矢(とうや)はニコッと笑った。そして、白城(しらき)は走り出した。

「俺もダブルリミットを止められたんだ!ぜってぇ抑えろよ。」

白城(しらき)はグローブで一奥(いちおく)のケツを叩き、レフトへ走っていった。

遠矢(とうや)がホームへ歩き出すと、バッターボックスへ向かう四番の幸崎(こうさき)の姿が目に入った。二人はほぼ同時にホームへ到着し、睨み合った。

すると、幸崎(こうさき)は視線をマウンドの一奥(いちおく)に移した。

「わかっていながら、それでも一奥(いちおく)で勝負か…。」

「はい。幸崎(こうさき)さんたちが白城(しらき)さんのダブルリミットを超えたように、僕も一奥(いちおく)と川石(かわいし)高校のダブルリミットを超えます!」

楽しそうに微笑んだ遠矢(とうや)の顔に、幸崎(こうさき)も笑顔で応えた。

「本当に、楽しい夏だ…。」

一歩下がった幸崎(こうさき)は、バットを構えた。そしてスイングをしながら、ホームへ座った遠矢(とうや)を横目で見た。

「限界(リミット)リミッターに1つに聞きたい。俺の限界は、今何キロだ?」

「それは…16……1です。」

「なるほど。愛報(あいほう)高校の蝶蜂愛理(ちょうばちあいり)と同じか…。十分だ!」 ブン…

すると、マウンドの一奥(いちおく)が遠矢(とうや)に叫んだ。

「遠矢(とうや)!話は終わったか?そろそろこっちも行くぜ!」

「あぁ!」

遠矢(とうや)がミットを構え、一奥(いちおく)が投げた。

ビシュ パーン!

「つぅ…。」

キャッチした遠矢(とうや)は、ミットから伝わった衝撃に右目を瞑った。一奥(いちおく)の投げたストレートを見た幸崎(こうさき)は、マウンドへ叫んだ。

「一奥(いちおく)!この球で勝負しろ!!」

「当たり前だ!幸崎(おまえ)の限界は、俺が超える!!」

スポンサーリンク