遠矢(とうや)がホームへ戻る中、バッターの中西(なかにし)は首をかしげながら遠矢(とうや)を見ていた。

「なぁ。あの子は左ピッチャーってわかってるよな?」

「はい、もちろんですよ。」

「なら、いいけどさ。」

中西(なかにし)は素振りをし、遠矢(とうや)が球審に交代を告げた瞬間、球場全体がマウンドの要(かなめ)へ大歓声を贈った。

要(かなめ)が投球練習を始めると、それを見ていた中西(なかにし)は少し驚いた。

「なるほど。アンダーサウスポーか。」

キャッチした遠矢(とうや)は、ニコッと中西(なかにし)を見た。

「面白いですか?」

「あぁ。正直、さっきの一奥(いちおく)…いや、お前らバッテリーだな…今の俺には、打てないなとネクストで見てたよ。」

「そうですか…。」

遠矢(とうや)は苦笑いをしていた。そして投球練習が終わり、球審が右手を上げた。

「プレイ!」

笑顔で初球を投げた要(かなめ)のボールに、バッターの中西(なかにし)は顔色を変えた。

「なにっ!ナックルだとぉ!?」

パン「ストライク。」

遠矢(とうや)は「フフフッ。」と楽しそうに笑うと、再びバッターの中西(なかにし)を見た。

「ありがとうございます。中西(なかにし)さんがその顔をしてくれるなら、自信になりましたよ。」

「よく言うぜ。わかっててこの球を選んだんだろ?」

遠矢(とうや)はマウンドの要(かなめ)に返球した。

「このボールに、リズムがない確信だけはありましたけどね。」

「お前タヌキだな。西島(せいとう)にまだ川石(おれたち)の為の策が残っていたとは、思わなかったよ。」

中西(なかにし)が構えた。

「だがサウスポーだ。リズムを超えられても、簡単にはやられないぜ!」

「フフッ。」

遠矢(とうや)がノーサインでミットを構え、要(かなめ)が再びアンダーナックルを投げた。ボールの軌道に集中したバッターの中西(なかにし)が、スイングに入る。

(どこまで浮いてくる…ここか?そして揺れながら曲が…)

パン「ストライクツー。」

(今度は曲がらないのか…。)

見逃した中西(なかにし)は、離したバットをパチンと右手を振って悔しそうに掴んだ。

この時、遠矢(とうや)は幸崎(こうさき)の当てたバックスクリーンを見ていた。

(この偶然はラッキーだ。バッターの中西(なかにし)さんは、何キロのナックルを相手にしているのかわからない…これなら試せる。)

三球目を要(かなめ)が投げた。
その球に、バッターの中西(なかにし)の気づきは遅かった。

(回転…これはナックルじゃない!!)

パーン「ストライクバッターアウト。」

「くっ。」

空振り三振した中西(なかにし)は、スコアボード付近を見ながらバッターボックスを後にした。

(8キロじゃわかんねぇ…。今の高めのストレートは速かったんじゃねぇのか…。)

その姿を、返球した遠矢(とうや)は見ていた。

(今の要(かなめ)のストレートは140近く出る。これで、要(かなめ)は川石(かわいし)打線のダブルリミットを超えてるのがわかった。でも問題は…)

遠矢(とうや)は、ベンチで腕を組みながら座っている幸崎(こうさき)に視線を移した。

(ここが今の要(かなめ)の限界。幸崎(あのひと)を超えていない…。)

そして遠矢(とうや)はセンターに視線を変えると、一奥(いちおく)はゆっくりフォームを確認するような動きをしていた。

(遠矢(とうや)の狙いはわかったけど、俺のナックルじゃ幸崎(こうさき)に打たれるだろうな…要(かなめ)が休ませてくれてるうちに、限界を超えるしかねぇ。)

続く二人のバッターも、要(かなめ)はダブルリミットを超えていた。三人目の打球は大きく上がったが、センターの一奥(いちおく)がほぼ定位置でキャッチした。

パシッ 「アウト、チェンジ。」

「一奥(いちおく)さん!センター守れたんですね!」

近づいていたセカンドの仟(かしら)が、いたずらっぽく一奥(いちおく)に叫んだ。

「うるせーぞ!仟(かしら)。ほれっ!」 シュッ

バッ 「あれ?」

仟(かしら)は、一奥(いちおく)からの返球をグローブ親指部分に当てて落とした。仟(かしら)が不思議がりながらボールを拾うと、一奥(いちおく)が追い抜いて一塁ベンチへ走っていった。

「へへっ。下手くそ!」

「あー!待って下さいよー!!」

仟(かしら)は怒りながら叫んで一奥(いちおく)を追いかけたが、その表情はすぐに不思議そうな顔に変わった。

(さっきの返球…変だったよね…。何を投げたんだろう…。)

戻る仟(かしら)の目に、マウンドへ到着した幸崎(こうさき)が映った。

(そうだ。また幸崎(こうさき)さんはダブルリミット。点差は1だけど、もう八回…。)

仟(かしら)は、握っていたボールをグローブを差し出したマウンドの幸崎(こうさき)へ鋭い目線で投げた。

(絶対に逆転します!) ビシュ

パーン (いい目だ…)

ボールを捕った幸崎(こうさき)は、不敵に微笑んでいた。

(だが俺は、まだリミットの先を見ているぞ。)

幸崎(こうさき)は、一塁ベンチに下がる一奥(いちおく)の背中を見ていた。

(後六人だ。さらなる限界に、俺たちは挑戦する。このまま終わらないであろう西島(せいとう)に、勝つ為にな!)

気合いの入った八回の幸崎(こうさき)は、圧巻だった。

五番の神山(かみやま)、六番の村石(むらいし)、七番の鶴岡(つるおか)を全球ストレートの空振り三振に仕留めた。

西島(せいとう)ベンチは、幸崎(こうさき)のリズムリミットがまた限界を超えていた事に、五番の神山(かみやま)が気づいていながらの結果だった。

七番の鶴岡(つるおか)がベンチへ下がると、その顔はわかっていたはずなのに打てなかった絶望に溢れていた。

「神山(かみやま)と村石(むらいし)の言った通りだった。確かにアンダースローだが、今までのストレートとはまるで違う。タイミングは合っているんだ!それがピッチャーライナーにならず、なぜ当たらない!!……かすりもしないなんて…。」

肩を落とした鶴岡(つるおか)の前に、笑顔の遠矢(とうや)が立った。

「チェンジですから、ヘルメット取りましょう。」

「遠矢(とうや)…そうだな…。」

まだ呆然としながら、鶴岡(つるおか)がヘルメットを取ってバットをしまう中、遠矢(とうや)がマウンドを歩いて下りるピッチャーの幸崎(こうさき)を見ながら声を出した。

「答えは簡単でした。」

ベンチにいる全ての西島(せいとう)メンバーが、遠矢(とうや)の背中を見た。

「僕らが要(かなめ)を隠していたように、川石(かわいし)高校も隠していたんです。」

反応したのは、この回最初に三振したキャプテンの神山(かみやま)だった。その驚いた表情は、遠矢(とうや)と同じく答えにたどり着いていた。

「ダブルリミットのストレートが、ルックアウトしたって事か…。」

神山(かみやま)に振り向いた遠矢(とうや)は、目を閉じてゆっくり頷いた。

スポンサーリンク

***********************************************

「一奥(いちおく)さん!センター守れたんですね!」

近づいていたセカンドの仟(かしら)が、いたずらっぽく一奥(いちおく)に叫んだ。

「うるせーぞ!仟(かしら)。ほれっ!」 シュッ

バッ 「あれ?」

仟(かしら)は、一奥(いちおく)からの何かをグローブ親指部分に当てて落とした。仟(かしら)が顔を赤らめながら拾うと、一奥(いちおく)が追い抜いて一塁ベンチへ走っていった。

「へへっ。下手くそ!」

「なっ、何を投げるんですかぁ!!」

仟(かしら)は怒りながら叫んで一奥(いちおく)を追いかけたが、その目にマウンドへ到着した幸崎(こうさき)が映った。

仟(かしら)は、グローブを差し出したマウンドの幸崎(こうさき)へ鋭い目線で投げた。

(絶対に後悔しますよ!) ビシュ

パーンツ (うっ…)

捕った幸崎(こうさき)は、不敵に微笑んでいた。

スポンサーリンク