「ストライク。」

「くっ…。」

空振りした遠矢(とうや)は、打席を外して軽くバットを振りながら考えた。

(今のはアンダーフォーク…。それも初球から来るなんて。これでは、ダブルリミットにキャッチャーの中西(なかにし)さんを加えたトリプルリミットと言っても過言じゃない…。)

チラッとキャッチャーの中西(なかにし)を見て、遠矢(とうや)は打席に戻った。

マウンドの幸崎(こうさき)がサインに頷き、振りかぶった。バッターの遠矢(とうや)は、再びチラッとキャッチャーの中西(なかにし)を横目で見た。

(構えは真ん中。フォークのタイミングは合っていた。二つのスピンとフォークの三択…どれだ…。)

二球目を幸崎(こうさき)が投げた。

ブン パーン「ストライクツー。」

(またフォークか…。)

空振りした遠矢(とうや)が目にしたマウンドの幸崎(こうさき)の姿は、正に絶対的守護神の風格を帯びてた。

(ダメだ…リズムが盗まれてるから、タイミングが合う分たちが悪い。打てると思わされてしまう。このフォークは、斜坂(ななさか)のピースパームを超えてるよ…。仕方ない…。)

遠矢(とうや)は、ゼロスイングの構えを選んだ。その姿を目にしても、マウンドの幸崎(こうさき)に動揺は全くなかった。

(正しい選択だ。引き付けるだけ引き付ければ、リズムリミットからは抜け出せるかもしれない。だが…)

幸崎(こうさき)が三球目を投じた。

(見誤ったな!遠矢(とうや)!)

向かってくるボールに対し、ゼロスイングで待つ遠矢(とうや)はいち早く球種を判断した。

(やはりフォーク!!)

遠矢(とうや)がスイングに入る。だか、遠矢(とうや)は自分の目を疑った。

(タイミングが…合っていない…。)

パーン「ストライクバッターアウト。」

三振した遠矢(とうや)は、すぐにキャッチャーの中西(なかにし)を見た。遠矢(とうや)が唖然とする中、中西(なかにし)は「フッ。」と微笑んだ。

「最期の球。遠矢(おまえ)にはどんな球か、わかったようだな。」

遠矢は、目を閉じてため息をついた。

「リズムを外したフォーク。二種類のダブルリミット…ですね…。」

遠矢(とうや)は呟きながら、打席を後にした。中西(なかにし)は遠矢(とうや)の背中に、(さすがだな。正解だ!)と頷いた。

バットが震えるほど強く握り、ベンチへ下がる遠矢(とうや)の下へ、フンと鼻息荒く一奥(いちおく)がやってきた。顔を上げた遠矢(とうや)は、気合いの入った一奥の姿に微笑んだ。

「正直参ったよ。でも、今の姿が幸崎(こうさき)さんの限界だと思う。策はないけど…」

遠矢(とうや)は目の前に立つ一奥(いちおく)の左胸に右拳を当てた。

「信じてる…。」

一奥(いちおく)は、当てられた拳を左手で握り、「あぁ!」と強く頷いてバッターボックスへ向かった。

九回の表、ワンアウトランナーなし。九番の一奥(いちおく)が左打席に立った。

「来い!幸崎(こうさき)!」

叫びながら構えた一奥(いちおく)の姿に動じる事なく、サインに頷いたピッチャーの幸崎(こうさき)が初球を投げた。

キン 「ファール。」

「ふぅ~。」

一奥(いちおく)は、バックスピンのストレートをバックネットに突き刺した。それでも、バッテリーに変わった様子はなかった。

二球目、バッテリーが選んだのはトップスピンのストレートだった。

ブン パーン「ストライクツー。」

(くそっ。沈む方か…。)

空振りした一奥(いちおく)の姿に、マウンドの幸崎(こうさき)は険しい顔をした。そして出された中西(なかにし)からのサインに、幸崎(こうさき)は首を横に振った。

(まさか…。)と気づいた中西(なかにし)がサインを出すと、幸崎(こうさき)は頷いた。

バッテリー選択したのは、

キン 「ファール。」

バックスピンのストレートだった。
一奥(いちおく)は、初球と同じようにバックネットへ突き刺した。

(そういう事か…それなら…。)

マウンドの幸崎(こうさき)がサインを出した。頷いた中西(なかにし)がミットを構え、四球目を幸崎(こうさき)が投げた。

ブン パーン「ストライクバッターアウト。」

最後は、遠矢(とうや)を三振にしたリズムの合わないフォークだった。だが、一奥(いちおく)は無表情でバッターボックスを後にした。

その姿にキャッチャーの中西(なかにし)は不思議そうな顔をしたが、マウンドの幸崎(こうさき)は、わずかに震える右手をギュッと握って動きを抑えた。

(恐ろしい奴等だ。後がない状況で、肉を切らせて骨を断つとは…。)

幸崎(こうさき)は、一塁ベンチに座る遠矢(とうや)を見た。

(全ては遠矢(あいつ)の三振から始まっていたのか…。いや。真っ向勝負と決めた時からかもしれないな…。)

三振した一奥(いちおく)は、バッターボックスへ向かう要(かなめ)に自信の表情を見せた。

「要(かなめ)。頼んだぞ!」

「うん。行ってくる!」

二人は互いの左手をパチンと合わせ、一番の要(かなめ)が打席に立った。要(かなめ)の構えは、くのいちクロスだった。

九回ツーアウト。

川石(かわいし)高校は、ついに西島(せいとう)高校を後一人にまで追いつめた。キャッチャーの中西(なかにし)がサインを出す。しかし、幸崎(こうさき)はまた首を横に振った。

マウンドの幸崎(こうさき)を見ながら、中西(なかにし)は少し首をかしげた。

(今度はバックスピンを嫌うのか…幸崎(こうさき)にしかわからない、何かがあるのかもしれないな。それなら…。)

サインに頷き、幸崎(こうさき)が初球を投げた。

キン 「ファール。」

バットに当たった瞬間、キャッチャーの中西(なかにし)は驚いた。

(幸崎(こうさき)が慎重になる訳だ。理由はわからないが、この回の三人はダブルリミットの限界へ徐々に近づいている気がする。)

その瞬間、中西(なかにし)の目が大きく開いた。

(まさか!?もし今の初球がバックスピンなら、打たれていたって事なのか?)

中西(なかにし)はマスクを外し、タイムを要求した。

「タイム!」

中西(なかにし)は、逃げるようにマウンドへ走った。

「幸崎(こうさき)!」

焦った表情の中西(なかにし)を見た幸崎(こうさき)は、「フフッ。」と笑った。

「中西(なかにし)。何を慌てているんだ?」

「ごまかすな!お前、気づいてるんだろ?」

「もちろんだ。」

「なら、なぜ俺に何も言わなかったんだ!」

幸崎(こうさき)は、両手を腰に当てて下を向き、目を閉じた。

「結末がわかったからだ。西島(せいとう)は1歩届かない
…。」

「幸崎(こうさき)…。そうか…すまなかった。お前に任せる!好きに投げろ!」

中西(なかにし)はホームへ戻っていった。その後ろ姿に、幸崎(こうさき)は微笑んでいた。

(お前は俺にとって最高の女房(キャッチャー)だ。)

中西(なかにし)が座り、サインを幸崎(こうさき)に送った。幸崎(こうさき)は、一度で頷いた。

(やはりその球か。だがおそらくは…) ビシュ

キン 「ファール。」

アンダーフォークを要(かなめ)に当てられ、驚いた中西(なかにし)はすぐにマウンドの幸崎(こうさき)を見た。幸崎(こうさき)は、ゆっくり一度だけ頷いた。

(やはり、新田(にった)と俺のダブルリミットの限界に追いついている。だからこそ、西島(せいとう)は1歩届かない……中西(おまえ)と俺の、ダブルリミットにな!)

球審からボールを受け取ると、幸崎(こうさき)はサインも見ずに振りかぶった。それがわかっていたかのように、キャッチャーの中西(なかにし)も初めからミットを構えていた。

そして、追い込まれたバッターの要(かなめ)も、次の球はわかっていた。

(みんなで繋いだダブルリミット攻略。あと1つ…。)

幸崎(こうさき)の右腕が、地をはうように前へ押し出される。

(タイミングも予測も合わない。これが俺たちの…)

ビシュ… (トリプルリミットだ!)

大きく目を開いた要(かなめ)がスイングに入った。

(フォーク!イケイケぇ。)

ブン…

スポンサーリンク

***********************************************

オマケ

焦った表情の中西を見た幸崎は、「フフッ。」と笑った。

「中西。何を慌てているんだ?」

「ごまかすな!お前、気づいてるんだろ?」

「もちろんだ。」

「なら、なぜ俺にトリプルリミットを使うと作者は言わなかったんだ!」

幸崎は、両手を腰に当てて下を向き、目を閉じた。

「書きようがなかったからだ…。さすがにやり過ぎと言っていたのにな…。全く…次は俺にフォースリミットでも使わせる気なのか…。」

スポンサーリンク