ネオクライシスリミット

 国井(くにい)の挑発に乗り、杉浦(すぎうら)は荒々しくバッターボックスに立って叫んだ。

「こいやぁ!」

 杉浦が左手でバットを竹橋に向けるが、竹橋は静かに振りかぶった。構えた杉浦は、あまりの不気味さにおもわず唾を飲む。

 しかし、静かに投じられた球を見た杉浦は、鼻から息を漏らした。

「フン……」(低い……何がネオクライシスだ!大人しくなっただけじゃないか)

 見逃した杉浦に対し、キャッチャーの国井(くにい)は「フッ」と笑った。

「ストライク」

「なにぃ!?」

 自信を持って見逃した杉浦が驚く。球審へと振り返ったその時、国井のミットの位置が目に入った。その高さを確認した杉浦は、「くそっ」と歯を食い縛る。そしてマウンドへと振り返り、竹橋を睨んだ。

(この野郎……次はホームランだ)

 竹橋は、投げ終えたモーションのまま眼光鋭く「ハァ……」と息を吐く。その姿に、杉浦はグリップを強く握って気合いを入れ直した。

(騒いでた時の方が、かわいく見えるじゃないか……くそぉ)

 そして、同じように投じられた二球目。杉浦は同じように反応してしまう。

(これは低い……ワンバウンドだ)

「ストライクツー」

「なっ!」

 再び驚いた杉浦が振り返ったその時、キャッチャーの国井が返球しながら呟いた。

「振らないのか?」

「く……くそっ」

 悔しそうに構えた杉浦だったが、またも同じように投じられた三球目に手が出せない。

(やはり低い……今度こそボールだ!)

 パーン「ストライクバッターアウト」

「なぜだ!どう見ても低いだろ!」

「止めろ!杉浦!」

「なにぃ!?」

 神山(かみやま)が杉浦をなだめた。肩を落としてベンチへ下がる中、三塁ベンチの遠矢(とうや)は「そういうことかぁ……」と苦笑い。すると、右隣に座っていた一奥(いちおく)が声をかけた。

「どういうことだよ?遠矢。ブンブン扇風機の杉浦先輩が、見逃し三振なんて初めて見たぞ?」

「アハハ……確かに」

 すると、その声を遠矢の左隣で聞いていた仟(かしら)が、マウンドを真剣な顔で見つめながら話した。

「選球眼ですね……遠矢さん」

「うん。どうやらあの状態の竹橋さんは、コントロールの限界も超えてる。それに……」

 遠矢は、悔しそうにベンチへ戻る杉浦の先にいるキャッチャーの国井を見た。

「これは国井さんのリードだね。一奥が鍛えた西島(ぼくら)の選球眼の良さを、逆に利用してるんだよ」

「なんだよそれ?杉浦先輩の三振は、俺のせいだって言うのか?」

 一奥は、遠矢に向かって腰を上げた。

「まぁね」

「でも、あの球はストライクなんだろ?それがわかってるなら……」
「できないんだよ……」

「え?」

 一奥は目を丸くし、仟は納得と頷いた。

「一奥さん。わかっていても体が反応しないのです。バッターボックスでは、あのストレートはボールのまま通過しているように見えると思います。そうでなければ、杉浦さんの反応はおかしいですから」

「マジかよ……」

 納得いかない一奥の側に、三振した杉浦が戻ってきた。

「なぁ杉浦先輩。なんでバット振らなかったんだ?本当にボールに見えたのか?」

「当たり前だ!あれはボールだ」

「らしくねぇなぁ。それでもいいから振ればいいじゃん」

「ムッ!」

 すると、怒った杉浦が両手で一奥の胸ぐらを掴んだ。

「おぉ……」

 あまりの迫力に、一奥は言葉を失う。だがすぐに杉浦は手を離し、一奥はドサッとベンチに座った。

「次は、ボールだが打つ……くそっ」

 呟いた杉浦がドカッと座ると、パーンというミット音に皆の目がホームへ向けられた。

「ストライク」

 杉浦と同じく初球を見逃したバッターの神山は、厳しい表情をしていた。

スポンサーリンク

金縛りの球

(ネクストからではわからなかったが、杉浦の言った通りだな……これはボールだ)

 二球目、またも神山は見逃す。

(ダメだ……手が出せない。どうしても、ワンバウンドになるイメージが邪魔をする。だが、この球はそうならない。浮き上がって低めに決まるんだ……)

 神山は、大きく息を吸って吐いた。そして、覚悟を決めたようにバットを構える。

(とにかくバットを振る!それしかない)

 三球目を竹橋が投げた。神山は、軌道に構わずスイングの体勢に入る。

(ワンバウンドはしない!予測を低めに……)「なっ!?」

「ストライクバッターアウト」

 空振りした神山は、目を泳がせながら打席を後にした。呆然と歩くその背中を、キャッチャーの国井は横目で確認していた。

(それでは、この球は打てない……)

 国井が返球する中、ネクストの村石(むらいし)が神山の下へ歩み寄る。

「神山。お前、全然違う場所を振ってたぞ?なんだあれは?」

「村石。あの軌道からでは、ミートポイントの予測ができないんだ……」

「なに?それはないだろ?ボールは必ず通過してたんだぜ?まぁ、お前らの三振は無駄にはしねぇ。俺は初球からいくぜ!」

 村石は、やる気満々で打席へ向かった。振り向いた神山は、その背中に力のない声をかける。

「あぁ、頼んだぜ……」

バッターボックスに入った村石は、「さぁこいやー!」と叫んだ。「ネオクライシス対策は出来たのか?」と、聞いた国井に対し村石は、「あぁ」と言いながらニヤリと構えた。

 だが、その笑顔も初球の空振りで消し飛ぶ。

「なんだこれは……」

 おもわず呟いた村石に、国井はため息混じりに呟いた。

「それではファールにもならない。後二球で終わりだ」

「なにぃ!!くっそぉ……」

 竹橋が二球目を投げ、村石は「うおぉぉぉ!」とスイング体勢に入る。

(ここだ!間違いなく浮いてくるんだ!!)

「ストライクツー」

「なっ……」(予測は合っているはず……なのになぜ当たらねぇ……)「くそっ。まだ一球あるじゃねぇか!!」

 自らを奮い立たせる村石の姿に、国井はため息をついた。そして三球目が投じられる。三球とも同じ球。村石は、必死にボールを見ながらスイングに入った。

(ワンバウンドする軌道……まさか、今度はワンバウンドか?いや、ここから浮く!……あぁ?だから俺は……どこを振っているんだ……)

「ストライクバッターアウト。チェンジ」

「くっ……」

 村石は、歯を食い縛りながら打席を後にした。

(これは予測じゃねぇ……。この球を打つのは物理的に無理だ……体が反応しねぇ……)

 肩を落とす村石の下へ、守備へ走るキャッチャーの遠矢が走り寄る。

「村石さん、ドンマイです」

「ハッ?遠矢か……。なぁ、あの球は……」
「わかってますよ。まるで金縛りに会ったようですね」

「そうだ。来るのかわからねぇ所にバットが出せねぇ。浮くと予測はしたが、結局見た目通りワンバウンドの位置で振らされた。どうしてもそう見えるんだよ。気づいた時には、ボールがバットの上を通過している……」

 村石が顔を上げると、遠矢は微笑んだままマウンドをならす一奥を見ていた。

「って、お前!聞いてんのか!?」

「あ!すみません。でも聞いてましたよ?」

「ならいいけどよぉ…それで、あの竹橋を攻略できるのか?」

「村石さん。とりあえず三点リードしましたし、一奥がやる気満々なので守りましょう!」

「おい……」

 遠矢は楽しそうにホームへ向かった。村石は「ったく……」と言いながらも、「フッ」微笑んでベンチへ戻った。村石が小山田(おやまだ)から帽子とグローブを受け取ると、一奥と遠矢のはずむ声を耳にした。

「遠矢!こっちもストレートで押すからな!」

「わかってるよ!」

「へへっ!」

 村石と小山田は、目を合わせて笑った。

「なんだありゃ?よっしゃ!野球バカと遊んでくるぜ!」

「はい!ガッチリお願いしますね!村石さん」

「おう、任せろ!」

バッテリーの作戦

 元気を取り戻した村石がサードへ走り、一奥が投球練習を始めたその頃。一塁ベンチの国井は斜坂(ななさか)に話しかけていた。

「斜坂」

「ほいっ!?なんでしょう?国井さん」

 防具を外し終えた国井は立ち上がり、ベンチ前でマウンドの一奥を見た。

「竹橋はスタイルを貫いている理由があるが、一奥(あいつ)のストレート宣言の狙いを知っているか?」

「アホなだけっすよ。名京(ウチ)相手に本気で言ってますから」

「フッ……そうか……。まぁいい」

 すると、名京(めいきょう)高校監督の藤井(ふじい)が「集まれ」と、静かに声を出した。

「九回の裏だ。三点差を逆転しろ」

『はいっ!!』

 一回の裏、名京の一番バッターが左打席に立った。

「プレイ!」

 球審の右手と同時に、待ちきれない一奥が振りかぶった。

「いくぜ!」

 カキン!

「あれ?」

 あっさり打たれた一奥が打球を見ると、あっという間に三遊間を抜かれていた。捕球したレフトの白城は、「なにやってんだよ…。」と呆れながらショートの神山へ返球。

 神山が一奥に返球する中、白城は定位置へ戻る途中にふと電光掲示板を見た。

(あいつ、今日は球走ってねぇのか?)「なにっ?」

 白城は眉間にシワを寄せた。

(156キロだと?一奥の奴、竹橋より速いじゃねぇか!それをアッサリと……)

 白城は面白れぇと笑ったが、二番・三番と三遊間を抜かれた打球に笑顔を消された。

「この一奥(アホおく)!真面目にやれ!」

 打球を処理した白城は、レフトからホームのカバーへ入っていた一奥へダイレクト送球をした。捕った一奥が「おぉ!」と驚いたその時、投げた白城が再び叫んだ。

「名京の実力を試してんじゃねぇ!」

 その声に、一奥と遠矢のバッテリーは目を合わせて苦笑い。すると、そこへ四番の国井が近づいてきた。

「あれから約二ヶ月……。限界(リミット)リミッターが知る俺の限界も、試させてもらおう」

 国井が二人の前で立ち止まると、名指しされた遠矢がニコッとして話し始めた。

「そうですねぇ。国井さんの限界は、確か160キロでしたよ?」

「フッ……面白い奴だ。なら、タイムリミットを止める自信はありそうだな」

「当たり前だ!国井、限界でいくぜ」

 挑発した一奥がマウンドへ戻り、国井と遠矢はそれぞれの位置につく。

 その時、VIPルームから遠矢の口を見ていた愛理(あいり)がグラウンドを見ながら呟いた。

「今……遠矢君の口が160キロと動いたような気が……」

 すると、野崎(のざき)監督が「160キロ?」と、愛理を見る。

「愛理君。衰えたとはいえ、俺が見る限り国井の限界は160キロではないぞ?」

「えっ!?……ではこの勝負……」

 野崎は、右手で頭を抱えた。

「ノーリミッターの山場がいきなり来た……。どうする気なんだ……遠矢(キャッチャー)……」

スポンサーリンク