絶対的守護神の球

 トラストリミットの影響により、打席の遠矢(とうや)に動揺は全くない。ピースサインの握りが丸見えの斜坂(ななさか)のフォームに、遠矢はつい記憶と重ねて微笑む。二人の自信と自信のぶつかり合いは、遠矢の豪快な空振りから始まった。

「ストライーク」

「どうした?遠矢。このまま三振でもいいが、幸崎(こうさき)さんからパクったゼロスイングは使わないのか?」

「あ、そうだったね。忘れてたよ」

 遠矢はリクエストに乗り、大きく両足を開いたタイミングゼロの構えを見せた。

(監督のリミットによる気持ちの高ぶりは変わらない。それでもピースパームにカスリもしないなら、やるしかないか。国井(くにい)さんも、三球勝負で来るはずだ)

「行くぞ、遠矢。ピースパームだ!」

 楽しそうな斜坂が振りかぶり、遠矢は苦笑いをした。

(斜坂らしいね……でも、ピースパームは……)

「ストライクツー」

(もっとえげつない球に進化していた……)

 静から一気に腰の回転で動へ移るゼロスイング。ボールを引き付けるだけ引き付けた遠矢だったが、ナックルに近いボールの動きに惑わされていた。

 斜坂は、遠矢の二度の空振りを見て調子に乗る。

「ハハッ!諦めろ諦めろ。リミッターとストッパーじゃ、初めから相手にならないからな」

 遠矢は再び苦笑いし、打席を外して空を見上げた。大きく一息つくと、ブンと一回素振りをして足場を作る。

(確かに斜坂の言う通りだ。どんなに凄いリミッターでも、ストッパーにはまともに勝てない。ここまで僕なりにピースパームの対策はしてきたけど、進化した無限変化は予想外だった。少し曲がるかと思えば、そこから一気に曲がる。また少し曲がると思えば、今度は逆へ曲がる。ストッパー特有の限界は読めないけど、簡単には終われない)

 すると、遠矢はバットを短く持った。すぐに国井が反応する。

「無駄な抵抗だと、お前ならわかっているはずだがな」

「えぇ。でも僕は、早めに斜坂を引っ張り出せた事に満足してますから」

「なるほど。お前もかなりの野球バカという訳か……」

 斜坂が三球目のピースパームを投げる。遠矢はミートポイントを必死に探した。

(国井さんがキャッチ出来るなら、当てる事くらいは出来るはず……)

 遠矢の視界に、ピースパームと国井のミットの両方の位置が移った瞬間だった。

(ここだ!)

 遠矢の体が、一気に静から動へ。短く持ったバットは素早く回転し、国井が構えるミットの位置へバットを送った。その瞬間だった。

(え……?)

 遠矢の視界に、国井のミットがクルリと股下へ移動する光景が映る。ボールは、見た目より遥かに鋭く落ち、遠矢のバットは止まらなかった。

「ストライクバッターアウト!」

 空振りして方膝を着いた遠矢は、「くっ……」と悔しがる。

(まさか、タイムリミットを止めた事が裏目に出るなんて……。ここから先を考えるのが嫌になるよ)

 抑える気満々の斜坂は、当然とばかりに「よーし、次は一奥だな」と、ネクストを指差した。

 遠矢は立ち上がり、国井は返球しながら遠矢へ話しかける。

「どうやら、分析は終わったようだな」

「はい。国井さんの努力には驚きました。今の僕では、斜坂のピースパームは捕れませんので」

 全力を尽くした遠矢は、弱気な言葉とは裏腹に笑顔だった。「フッ。今の……か」と、国井も思わず微笑む。そして九番の一奥がホームへ歩いてきた。

「やっぱりダメか?」

「うん。これが本当の、斜坂の全力だったよ」

「そっか……で、ストッパーには監督のなんちゃらも効かねえんだよなぁ……」

 一奥は、両手で握ったバットを空へ掲げた。

「それなら、思いっきり三振してやるぜ!」

「じゃ。頼んだよ、一奥」

「ああ!」

 一奥と遠矢が微笑み合い、遠矢は打席を後にした。そして一奥がマウンドを見る。

スポンサーリンク

ノーリミッター対ストッパー

「斜坂。今日は小細工するなよ?」

「はぁ?なんの話だよ」

「お前、忘れたなんて言わせねぇぞ。昨日お前が星見に投げたピースパームは、俺にはいらねぇって言ってんだよ」

「当たり前だろ!俺だって昨日はな……」
「斜坂!!」

 国井の怒鳴り声に、斜坂は「はいぃ!」と直立した。そして国井は、一奥に話しかける。

「斉藤一奥。お前も星見と戦ったのか?」

「あぁ。すげぇバッターだったぜ」

「そうか。なら教えてやろう。今投げているピースパームは、その星見でさえバットにかすらない。名京全国制覇の切り札的球だ」

「へぇ~。そいつは面白れぇ」

 一奥がバットを構えた。

「斜坂!出し惜しみは無しだぜ」 

「お前に言われなくても、全力で投げてやるわ!」

 初球、ピースパームを目の当たりにした一奥の眉が「うおっ!」と上がる。ボールは掴み所がない斜坂の性格のように通過し、国井のミットに収まった。

「ストライク」

「マジか……」                                見逃した一奥が呟いたその時、国井の目は鋭く一奥を捉えていた。

「おい、斜坂!少しは手を抜けよ!」
「どっちだよ!お前は!……ったく、いちいちウルサイ奴だ。まぁ、よく知ってるけど」

 斜坂は、静かにボールをキャッチする。

「一奥。文句はピースパームを打ってからにしろ。この絶対的守護神の球をな!」

 調子に乗る斜坂が二球目を投げた。一奥はスイングをするが、どこか集中しきれていない。空振りしたボールがミットに収まり、国井はジッと一奥を見ていた。

(こいつ、気づいたのか……?)

「くそっ。やっぱり当たらねぇ」

 一奥がぶつぶつ言う中、国井はスッと返球する。

「斉藤」

「ん?」

「もし打てるなら、自慢していいぞ」

「ふ~ん……」

 バットを構えた一奥の集中力が上がった。

「お前がそう言うなら、絶対的守護神とやらの球をぶちかまして自慢するぜ!」

 斜坂は、「させねぇよ」と振りかぶる。そのピースした右手が振られた瞬間、一奥は違和感に襲われる。それは、遠矢が打席を後にしてすれ違った時に発した言葉が関係していた。

“今の斜坂は、ストッパーだよ……”

ストッパーの弱点

(遠矢。ようやく意味がわかったぜ!) 

「ファール」

「あらら」

 斜坂は、かろうじてバットに当てた一奥に苦笑い。すると一奥は、ニヤリと笑った。

「なんだよ?斜坂。結局は手抜きしてくれるんじゃん」

「うるせーよ!ちょっとミスっただけだ。次は空振り三振だ」

 返球を受けた斜坂が、腕のストレッチをする。そんな斜坂を見て、一奥が呟いた。

「斜坂、キャッチャーは女房だ……国井に感謝しろよ」

 その声に、一奥を試した国井の眉がピクリと動く。

(三球目に様子を見たのは失敗だった。西島高校を惑わす目的だったが、ストッパーの弱点に気づいているなら無意味だ。そして今の俺が、タイムリミッターではなくストッパーの力を引き出す専用キャッチャーだという事にも気づいている……)

 そして四球目、一奥は宣言通りに豪快なスイングで空振り三振となった。しかし一奥は、満足そうに打席を後にした。

「やっぱ当たらねぇか。斜坂!」

「なんだ?負け惜しみか?」

「ストッパーの本気の球、凄かったぜ」

「なっ!?お前、打つ気なかっただろ!」

「そんな事ねぇよ。アハハ、またな」

「なんなんだよ……調子狂うなぁ」

 ついマウンドを蹴る斜坂。一番の要が打席へ向かう中、国井はタイムを要求してマウンドへ向かう。

「国井さん?どうしたんすか?俺は絶好調っすよ?」

「あぁ、ボールは悪くない。次の一番バッターも、楽に抑えられるだろう。お前はストッパーだからな」

「へへっ。それなら、任せて座ってて下さいよ。早く反撃と行きましょう」

「その前に、一言言っておく」

 目を閉じた国井に、斜坂は「ん?」と首をかしげた。

「トラストリミッターを止めるには、お前のストッパーとしての力が必要だった。だが、それはこの回までだ」

「国井さん、何を言ってるんすか?今までだって俺は、ピースパームで抑えてきたじゃないっすか」

 国井が目を開けた。

「俺はな、リミッターでありながらストッパーの力を引き出す専用キャッチャーとして目覚めた。お前には、言わなかったがな」

「マジっすか!?……ということは、先発した時の俺の好投って……」

「そうだ。相手の力量にもよるが、お前はリミッターとして抑えていたんだよ」

「うおぉぉぉ!やったぜ!!」

 突然空へ叫んだ斜坂の姿を、ベンチに並んで座る一奥と遠矢が見ていた。

「さすが国井さん。完成されたストッパーの限界は一イニング。打つ手が早いね」

「まぁいいんじゃねぇの。こっちもそのつもりだったしさ」

「ベイグネス……本当、斜坂の性格にピッタリなリミットだよ」

スポンサーリンク