ストッパーとリミッター

 ストッパーでありリミッターでもあると知った斜坂(ななさか)は、興奮しながら国井(くにい)へ一歩詰め寄った。

「国井さん!それでそれで、俺は何のリミッターなんすかぁ?」

 すると国井は、顔から接近する斜坂をクルリとかわしてホームへ戻り始めた。

「っとっと。国井さ~ん?」

「斜坂。お前がどんなリミッターかは、斉藤一奥同様知る必要はない」

「え~そんなぁ……」

 ガックリする斜坂に、国井が振り向く。

「ピースパームを投げれば、わかるさ」

「ハッ!?わっかりましたぁ!」

 国井はフッと笑い、駆け足でホームへ向かう。

 ツーアウト満塁。バッターの要(かなめ)は、バットを左肩に乗せて国井を見ていた。目をパチクリする要の視線に気づいた国井は、

「くのいちでも一本足でもいい。ストッパーではない斜坂なら、チャンスはあるかもな」

「ん?あ、はい」

 要は、一本足で打つ普通の構えを見せた。その時、西島(せいとう)ベンチでは白城(しらき)が遠矢(とうや)に絡んでいた。

「ここからリミッター斜坂の登場か?」

「そのようですね。この回はストッパーの力を生かせるのに、一イニング早く斜坂のリミットを見せる自信はさすがですよ。でも、国井さんのタイムリミットがない今はチャンスですね」

「あぁ。要が打てば儲けもんって所……っておい!遠矢」

 遠矢と一奥は、キャッチボールの為に立ち上がった。

「勝負を見ねぇのかよ!」

「すみません、白城さん。実は要に、この回の斜坂はストッパーだから三振していいよって言ってしまいましたので」

 額を押さえた遠矢に白城は「ま、確かにな……」とたて肘にアゴを乗せ、(だが、面白くねぇな……)と、要の初球空振りを見た。

「要ぇ!打て!満塁ホームランのチャンスだぞ!」

「ほわっ!?」

 要はビクッとし、白城の大声を背中越しに聞いた遠矢は、一奥と並んで歩きながら苦笑いをした。白城の檄に、要はやる気満々でバットを構える。

「よーし!打っていいなら打っちゃうぞ~」

 その姿に、国井は視点を合わせず真っ直ぐ前を見た。

(リミッターではない者が、常人では考えられない野球の限界を超えたリミッターに勝てはしない。西島のトラストリミットが止まった今、リミッター以外は打つ手がないと理解しているのは、遠矢(あいつ)だけか……)

 国井は三塁側で一奥とキャッチボールをする遠矢を一度見て、ミットを構えた。その気迫に斜坂はニヤリと微笑み、二球目のピースパームが投げ込む。要は空振りしたが、投げた斜坂は不思議そうに首をかしげた。

スポンサーリンク

仟の助言

(あれ?俺のピースパーム、何か変わったのかな?)

 そう斜坂がピース型にした右手を見ていると、国井が「ナイスボールだ」と、返球した球を捕った。

(まぁいっか。国井さんがいいって言ってるんだから)

 その時、要はくのいちクロスの構えに変える。

「よーし、今後こそ」

「おっ?最後はくのいちクロスかぁ。いつもは応援してる要(かな)ちゃんだけど、敵として打たせる訳には……」

 そう、斜坂が振りかぶろうとした瞬間だった。右から「タイムお願いします!」という声に、斜坂は動作を止めた。

(仟ちゃん?)

 斜坂はロジンを拾い直し、仟(かしら)は手招きをしながら要に近づく。

「どぉしたの?」

「要、ここはその構えじゃダメだよ」

「え~。でもさぁ、クロスなら当てられるかもしれないじゃん?」

「そうじゃなくて、これは私の勘だけど……」

 仟は要に耳打ちした。「何やってんだぁ?あいつら」と白城が呟くと、「ウフフ」と微笑む紀香監督と目が合った。

「白城。前に仟が俺に似てきたって言ってたわよね?」

「ん?あー、あれはそんな気がしただけ……って、はぁ!?」

 驚いて立ち上がった白城に、紀香監督は微笑んだ。

「待てよ姉貴!……じゃなかった監督。俺が言ったのは要じゃなくて仟だぞ?」

 すると紀香監督は、笑顔で別れる仟と要の双子の姿を微笑ましく見ていた。白城は(マジかよ……)とベンチへ座る。

 そして、バッターボックスへ戻って大きく構えた要を見た白城は、

(信じられねぇ……双子はアディショナルリミッターだろ?その要が、俺と同じブレイクリミッターだと言うのか?)

不器用だったから

 ネクストサークルに座った仟は、要の堂々たる構えにうなずいていた。

(要は、いつも私が教えた事をマネしてた。つい逆手に持ってしまうバットも、私がそのまま生かせる方法を考えて要は極めた。でも一本足打法だけは、要の中から偶然生まれたオリジナル。誰よりも遠くへボールを飛ばしたい気持ちが、そのフォームになって現れたんだ。白城さんが常に自分の限界を破るように、要はその白城さんの限界を破る事に喜びを感じてた。だから……)

 仟は横目で白城を見ると、白城は面白くなさそうにシッシとその視線を手で払った。白城の仕草にニコッとした仟は、再びバッターボックスの要を見る。すると、大振りした要のバットがピースパームにカスってファールになった。

 これに、国井が気づかない訳がなかった。

(タイムの後、わずかだが嫌な予感はしていた。西島白城は九条(くじょう)に似たリミッターだが、要(こいつ)は二人のブレイクリミッターとは少し違う……)

 すると、国井は要が目にする視線の先に気づく。

(あれは、西島白城が一打席目に放ったホームランの位置。なるほど……俺の飛距離に対抗心を燃やす、大阪の大道(だいどう)に似ているのか。ならば条件は西島の飛距離……初回に打たせたのは俺だが、厄介だな)

 国井は、おもむろにサインを出す。(ん?)と斜坂が不思議に思うが、グローブの中にあるボールはピースパームの握りになった。

 斜坂が振りかぶる。要はいつも以上に興奮していた。

(白城(しら)先輩の飛距離を越えたい!)

 そして斜坂の右腕が振られる。

(絶対にこの一球で終われって。打たれる訳ないっしょ!国井さん)

 放たれたピースパームが要に接近する。一本足で構えた要は、いつものようにピョンとバックステップ。重心が前に向いた勢いそのままに右足を下ろした。

スポンサーリンク

勝つという意味

(いっけぇ~!)

 パン……

「あれ?」

「ストライクバッターアウト!」

 国井は、マウンドへボールを転がしベンチに下がる。照れ笑いでベンチへ戻る要の横に、待っていた仟が並んで歩く。

「すっごい打てそうな気がしたんだけどなぁ」

「仕方ないよ、要。あのラスト一球は、ストッパーの球だったから」

「そうなの?う~ん、確かに捉えたと思った瞬間、ボールが逃げるように落ちたけど……まぁ凄い変化だった!」

 要は仟に笑顔を向けると、仟も思わず「そうだね」と笑ってしまった。そして斜坂が国井の下へ走り寄る。

「国井さん。あれで良かったんすか?」

「それは、最後にストッパーの球を使った話か?」

「ええ、まぁ……」

 すると、国井は斜坂のお尻をバチンと平手で叩いた。

「いでぇ!!くっ、国井さん!?」

「フッ。その元気があれば、大丈夫だな」

「当たり前っすよぉ……おーいてぇ」

 斜坂がお尻を擦りながらベンチへ入ったその時、歩いてきた双子の前に白城が立った。

「おい要。お前がブレイクリミッターなら、当てる事くらい出来ただろ。俺が三振した気分じゃねぇか」

「アハハ……でも白城(しら)先輩とはタイプが違うみたいだし、遠矢(とや)くんは三振していいよって言ってたからドンマイなのですよ」

「ったく……お前には呆れるわ」

 白城が頭をかくと、仟が頭を下げた。

「すみません、白城さん。まさか最後にストッパーの球が来るとは思わなかったので……」

「まぁ、そうみてぇだな。最後はまるで、国井のミットがピースパームの軌道を操っているようだった。要のバットを避けるようにな。あれをやるには、相当な努力と執念が必要だぜ?」

「そうですね。真のストッパーの球を実現するには、並のキャッチャーでは不可能です。遠矢さんや、愛理さんのような……」

「ハハッ!愛理(あの人)が今の国井を見たら、心中穏やかじゃねぇだろうな」

「一奥!待ちなさい!!」

「ん?」

 突然ベンチに響いた声に、三人はベンチ上に目を向けた。キャッチボールを終えてマウンドへ歩き出した一奥の足を止めたのは、噂をしていた愛理だった。

ド素人の一奥

「よっ!愛理先輩」

「よっ!じゃないわよ!このアホ」

「なんだよそれ。ま、俺たちが名京を倒す所を見ててよ」

「一奥!……全く」

 一奥は、ランニングでマウンドへ行ってしまった。すると愛理の後ろから、「愛報高校の蝶蜂さんですな?」との声に振り返る。

「はい……あ、木村監督!?いらしてたのですね」

 愛理は木村の横に座った。木村を挟むように、隣には落ち着かない様子の九条が座っていた。

「九条君よね?始めまして。私、蝶蜂愛理……」
「知ってますよ」

「あぁ……アハハ……」

 愛理の苦笑いに、木村が「ホホッ」と笑う。

「それより愛理さん。一奥君に何か用があったのですか?」

「はい、そのつもりだったのですが……」

 愛理の表情が曇る。

「心配いりません。一奥君は大丈夫ですよ」

 木村の言葉に愛理は顔を上げ、九条も驚いたように反応した。

「木村監督。一奥が大丈夫とは、どういう意味ですか?」

「そう言えば、九条君には伝えていませんでしたな。彼はノーリミッター。限界を知らないリミットの持ち主です。名京の斜坂君と同じ、天性のリミッターですな」

「一奥が……天性のリミッター……」

 九条が投球練習をする一奥を見ると、愛理が木村に話しかけた。

「木村監督は、それを知っていて一奥を止めないのですか?トラストリミッターの紀香監督が理由ですか?」

「えぇ。私はそのように、西島一理事長と約束しましたから」

「そう……ですか……」

 愛理も一奥に目を向ける。元気そうにラストボールを投げる姿を、ジッ見つめた。そして唾をゴクリと飲む。

「その西島理事長ですが、バックネット上のビップルームから試合を観ています。とても強ばった顔で、斉藤一奥はすでに壊れているかもしれないと……」

「なっ!?今、なんと……」

 木村は、驚いて愛理を見た。そして九条の目が泳ぐ。

「一奥が……壊れている?まさかあの時すでに……」

 呟いた九条に、愛理と木村が目を向ける。

「九条君。あの時とは、君たちが中学生の頃の話かね?」

「はい。俺と一奥が入学した一年目ですが、あいつは野球経験があると威張るだけの素人でした……」

スポンサーリンク