MFGHOST(エムエフゴースト)と頭文字D(イニシャルディー)の魅力

馴染みあるスポーツカーで、深夜の公道バトルを熱く描いた大ヒットアニメの頭文字D(イニシャルディー)

その続編として連載中のMFGHOST(エムエフゴースト)ですが、成功が難しいとされる二世漫画ではなかった。

まぁ、それでも二世みたいなものだけどね(笑)


そんな中、MFGHOST(エムエフゴースト)は絶好調!やはり公道最速理論は、車好きの読者にはたまらないお話ですよね!

では、MFGHOST(エムエフゴースト)は頭文字D(イニシャルディー)の続編として成功するのか?


答えはもちろんイエスですね。是非、今後アニメ化して欲しい漫画の1つです。

スポンサーリンク

そもそもMFGHOST(エムエフゴースト)とは?

主人公は片桐夏向(かたぎりかなた)。イニシャルDの主人公、藤原 拓海(ふじわらたくみ)の息子かと思ったんだけど、夏向の見た目は外人さんだったんだよね。


あれ?

もしかして、結局恋多き拓海は金髪ねぇちゃんと結婚したの?

なーんて思いましたが、MFGHOST(エムエフゴースト)は二世漫画ではなかったです。


片桐 夏向は、藤原 拓海の教え子だったんですね!

そんな夏向が新たな公道バトルに挑戦するお話が、MFGHOST(エムエフゴースト)という漫画。続編では、公道バトルを正式レースにしたアイディアがすごくいいですね!


そんな新たな公道バトルはMFGと呼ばれ、予選上位15名で決勝レースが行われる仕組み。決勝レースの結果でポイントが与えられ、年間チャンピオンが決まります。

こんな頭のいい考えを思いついたのは、謎の男であるリョウ・タカハシだ!(笑)

MFゴーストのリョウ・タカハシ?

二世アニメや続編漫画の楽しみとして、イニシャルDで人気だったキャラクターがMFGHOST(エムエフゴースト)に出てくるのかという興味がありますよね?

ちゃんと出てきますよ~。イニシャルDでプロジェクトDの参謀だった史浩(ふみひろ)は、MFGの主催者ですからね!

ということは、リョウ・タカハシなる人物は誰なのか?


そんなの、赤城の白い彗星に決まってるじゃんね!(笑)
でも史浩にMFGを任せっきりでの登場だから、あの涼介の魅力は健在です。

こんな面白い企画を考えたのは、やはり天才リョウ・タカハシでしたね。そりゃ成功しますわ(笑)

スポンサーリンク

藤原 拓海と片桐 夏向の魅力

イニシャルDの主人公である藤原 拓海(ふじわらたくみ)と、MFGHOST(エムエフゴースト)の主人公である片桐 夏向(かたぎりかなた)。

二人は親子ではないけど、キャラは似てますね。普段はボーッとしてるけど、ハンドル握れば人が変わるパターン。


イニシャルDの拓海の魅力は、天性のドライビングセンスでした。追い込まれると覚醒したよね。

こんな速い奴に、皆にオンボロと言われるハチロクでどうやって勝つんだよ!って思わせての奇跡の走り。

それがとても面白かったのですが、MFGHOST(エムエフゴースト)の夏向の魅力も拓海と似ています。


やっぱり、普通に走らないのが魅力なんだよね!峠には峠の走りがあるのだニャ。


よく二世アニメになると、同じような話を書きたくないから主人公の設定を変える傾向があります。決してBORUTOやmajor 2ndとは言ってないぞ?(笑)


それはわかるけど、意外に読者はイニシャルDをもっと見たいという欲求の方が強いんですよ。

だから、拓海と夏向のキャラ設定や魅力が似ていて良かった。物語は天才から天才へ受け継がれた、みたいなね。

二世アニメの作り方は、同じ魅力なのが正解ですよ!

作者のしげの秀一さん、やっぱりスゲェや!

頭文字DにMFGHOST(エムエフゴースト)への布石はあった

高橋 涼介さん?サングラスかけても峠ならバレバレですよ?

と、言わんばかりに峠レースに夢を追いかけていたイニシャルDの涼介。


峠からプロレーサーのスターを!って感じでイニシャルDの涼介は終わってましたけど、天才の閃きは公道を実際のレース会場にしてしまった!

イニシャルDからMFGHOST(エムエフゴースト)は、20年くらい時代が進んでるのかな?

まさかイニシャルDのあのシーンがMFGに繋がるとは思わなかったけど、それも涼介の魅力であり天才であるとしておきましょう(笑)


リョウ・タカハシの出番の少なさも、MFGHOST(エムエフゴースト)成功の理由の1つですね。

いい塩梅ですよ。


続編を面白くするのは、本当に難しいと思います。なにせ舞台や設定は大きく変えられないし、読者はまだ見たことのない世界や話が見たいんですから。

でも分身のような続編の主人公が、同じような設定で新たな戦いに挑むというシンプルな設定が一番なんだとMFGHOST(エムエフゴースト)で思いました。

いくら読者がまだ見たことのない世界と言っても、それが主人公の魅力を変えるのとはイコールではないんですよね。


イニシャルDの続編としてMFGHOST(エムエフゴースト)が人気なのは、新たな藤原 拓海の戦いを見ている感覚と似ているからです。

少なくとも僕はこの類似設定で楽しめてますし、MFGHOST(エムエフゴースト)が人気な理由もうなずけますよ。

これからも続編アニメや漫画が登場すると思いますが、蛙の子は蛙でいいんですね!

イニシャルDファンの皆さん。

この先、藤原 拓海のイカれたドライビングを受け継いだ片桐 夏向の天才的活躍を楽しみに読んでいきましょう!


MFG最高じゃ!

スポンサーリンク