no name 8

私とno name

 ヒロムの嘆きも聞こえぬまま、戸を明けて勢いよく外へ出た。居酒屋burstの壁沿いにある鉄製の階段を目にした瞬間、私はついゴクリと唾を飲み込む。

 階段を見上げると、すぐに木造の扉を発見した。あの奥にネオがいる……。

 よし!と気合いをいれて、階段を一段ずつ登り始めた。そしてドアの前で立ち止まると、大きく息を1つついてノックした。

「ネオ?いるんでしょ?」

 反応なし。いないのかな……。

 ふと右に目をやると、ガラス窓があることに気がついた。電気が消えてるってことは、ネオはいないかも……。

 そう思ったその時、ガチャっとドアの鍵が開いた。

「え!?」

 突然ドアが開くと、眠そうなネオが頭をかきながら「うるさい……」と出てきた。

 ビックリしたけど、すぐにバイトの事を思い出して両手を強く握った。

「う、うるさいって。ネオ、お店手伝ってよ!忙しいんだから」

 って、聞いてないし……。

 ネオはドアを開けたまま、振り返って部屋へ戻ってしまった。すると、うっすらと部屋の中が見えた。これがネオの部屋……何もない……。

「え?」

 再びネオが戻って来ると、私を無視したままギターケースを握りしめて階段を降りていった。

「ちょっとネオ……」

 ギターを持ってどこに?……そっか、路上ライブへ行くんだ。

 ポケットからスマホを出すと、時間は八時半。こんな時間から路上ライブをやってたんだ。だから私は、あれから一度もネオの姿を見なかったんだ……じゃない!

 私は急いで階段を降り、ネオを追いかけた。

「ネオー!」

 叫んでみたけど、後ろ姿のネオは止まらなかった。すると、burstの戸が開いた。

「ナオぉー!早く手伝ってくれぇ!」

「あ!うん。今戻るから」

 そう言うと、ヒロムは賑やかな店の中へ戻っていった。私はため息をつき、お店に戻った。

スポンサーリンク

自分勝手過ぎる存在

 ヒロムはネオが来ないことがわかっていたのか、ネオのことを何も聞いてこない。私は仕事をこなしながらも、やっぱり路上ライブを続けるネオに納得できなかった。

 レイやみんなの気持ちを考えると悔しい。no nameがあるのに、どうして……。

「お嬢ちゃん?聞いてる?」

「ハッ?すみません!」

 注文中に考え事はダメだ。私はお客さんに誤り、再度注文を取った。

「ウーロンハイにレモンサワーですね。少々お待ち下さい」

 今は忙しいんだから、仕事に集中しなきゃ!

 スタスタ歩いて、カウンターに立つヒロムの前に注文書を置いた。

「マスター、ウーロンハイにレモンサワー入ります!」

「はいよー」

「すいませーん」

「はーい!今行きまーす!」

 今度は別のテーブルへ。

 見た目は仕事をしてはいるけど、やっぱりネオの後ろ姿が頭から離れなかった。

「ごちそうさまぁ」

「ありがとうございましたー!」

 最後のお客さんを送り出した時、時計を見ると日付が変わっていた。

「はぁ~、終わった……」

 ドアを閉め、ホッとして振り返る。すると、ヒロムがカウンター越しに一杯のグラスを置いてくれた。  

「ほれナオ、ウーロン茶だ。疲れただろ?」

「ありがとう……マスターぁ」

 好意に甘えてカウンターに座る。本当に疲れた。

「もうヒロムでいいぞ。バイトは終わったからな」

「そっか」

 ヒロムは食器を洗い始めた。手伝おうとして立ち上がろうとしたけど、足がプルプルして立てない。すると、ヒロムが背中を向けたまま嬉しそうに話し始めた。

「いやぁ、今日は俺も疲れた。ナオ、お前は客寄せ天使かもしれねぇな?売上げ出たし、マジで助かったぞ」

「うん、良かったねぇ……」

 やっぱり、今日は忙しかったんだ……。力尽きるように、私はカウンターに顔を伏せた。

「でもヒロム。それは私じゃなくて、悪魔が出て行ったからじゃないの?」

「は?悪魔ってお前。それネオのことか?アハハ。どっちのおかげかわかんねぇけど、明日もバイト頼むな」

「それはいいけど、明日ネオはお店に出るの?」

「う~ん、それはわかんねぇなぁ。まぁナオの言い方だと、ネオが店にほとんど出てないように聞こえるけど……無理もねぇか」

 洗い物を終えたヒロムは、グラスにアップルジュースを注いだ。

「だってネオだよ?私は普通の考えだと思うけど」

「その言い方……」

 ヒロムはジュースを飲みながら私の前に来ると、ため息をついて肩を落とした。違うの?

「まぁいいや。俺もネオの奴はよくわかんねぇし。今日は遅くなったから、車で送ってくわ。続きはまた後な。とりあえずこれで、そこの戸を閉めてくれ」

「うん」

 鍵を受け取り、ウーロン茶をグイッと飲み干す。外して簡単にたたんだエプロンをカウンターに置き、出口に歩き出した。私はまた、何か勘違いしてるのかなぁ……。

 ヒロムは車の鍵を持って外へ出た。すぐにエンジン音が聞こえてきたので、入り口の戸を閉める。すると、白い箱形のバンが店の前で止まった。

「ナオー、鍵閉めたか?」

 助手席の窓が開き、ヒロムがこっちを覗き込んだ。

「うん、はい鍵」

 窓から鍵を渡すと、ヒロムは手を伸ばしてそれを受け取った。

「サンキュー。じゃ、乗ってくれ」

「うん」

 助手席に乗った私は、ついうつむいてしまった。その態度を気にしてくれたのか、ヒロムはすぐに車を走らせなかった。
 
「ナオ、お前そんなにネオが気になるのか?」

 ヒロムの声に、私は小さく頷いた。

「そう言われると、自分でもよくわからないけど」

 チラッとヒロムを見ると、運転席側の窓から外を見ていた。

「まぁ、男の俺から見てもネオのカリスマ性は否定出来ない。レイが惚れるのもわかるわ」

「私は別に!……惚れるとか、そんなんじゃなくて……その」

 そうだよ。私は別にネオが好きな訳じゃない。ただ、no nameに対する姿勢が納得できないだけ……。

 すると、ヒロムが車を走らせ始めた。

「ちょっとさぁ、寄り道してみるか?」

「どこに行くの?」

「それはな、着いてからのお楽しみだ」

ドライブの行き先

「また冗談?」

「いやいや、これは本気。っていうかこの会話おかしくねぇか?もうちょっと俺を信用してくれよ」

「だって……」

 私には、no nameのやってることが本当によくわからないから。

「緊張をほぐすにはな、冗談言って笑わすのが一番なんだよ」

「それはわかるけど……」

 するとヒロムは、「ん~」と左手であごをかき始めた。

「ネオねぇ……あいつは冗談すら通じねぇ鬼門だからな。それでもナオなら、突破できるかもしれねぇけどな?」

「無理無理!ネオが一番何を考えてるのかわからないし」

「まぁ、何でもやってみないとわからないだろ?ほれ、着いたぞ」

「え?」

 着いたって……ここは駅前じゃん!あ……もう日付は変わったのに、ネオはまだ歌ってる。あれから四時間も経ってるのに。

「あいつまだ18だろ?高校行ってれば三年だぜ?だから遅い時間は辞めろって言ったんだけど聞きゃしねぇ。だから俺も大変でな……」

「そうなんだ」

 ヒロムは両腕をハンドルに置き、頭を伏せた。 

「ヒロムは、毎日ネオを迎えに来るの?」

「ここならいいんだけどな……」

 顔を上げたヒロムは、駅前の駐輪場のある方向を見た。交番を目にした私がまさか……と思った瞬間、ヒロムがガバッと涙目で私を見た。

「だってよぉナオ、あいつここんとこ補導されまくりだぞ?家族がいねぇから、保護者ヅラした俺が警察署まで行くんだぜ?」

「それは……大変だね……」

「……まぁ、たま~にレイに頼むけど……」

 ヒロムの苦労が顔に出ていた。交番どころか警察署って……確かにあの警官なら、手に追えなそうだけど。ヒロムやレイは、普段ネオの為にそこまでしてたんだね……。

「ヒロムが家族って言ったけど、no nameって不思議な場所だね。私には、ついて行けないよ……」

「そうか?ナオは素質あると思うけどな?」

「え?」

 心配した私がバカだった。ヒロムが悲観したのは一瞬て、今は呑気に鼻をほじってる。

 でも素質って言われても、私はサナじゃないから無理だよ……。

「まぁ、縁があって今があるんだろうな。それに、no nameの連中とだって悪いことばかりじゃないだろ?」

「そうだけど……」

 ネオの為にここまでするのは、ヒロムにとってはレイの為だよね?それなら私にもわかるけど。

「あれ?アイツ今日はギター下手くそだな。まさかまた喧嘩したのか?」

 喧嘩……

「あ!」

「なんだ?ナオ知ってるのか?」

「うん。今日burstに行く途中に絡まれちゃって、ネオが助けてくれたの」

「へぇ、そいつは正当防衛だな。なら、怒るのは無しにするか」

「うん。それでお礼言ったんだけど、ネオに無視されたんだけど……」

「は?お前そんなの気にしてたのか?そいつはいつものことだぞ?アイツの辞書にお礼の文字はねぇからな」

 ヒロムも大変なんだね……。

「まぁ、怪我してんならそろそろ帰るだろ。んじゃ、行くか?」

「うん」

 それから私の案内で、ヒロムは家まで送ってくれた。車から降りて「ありがとう」と言うと、ヒロムは笑って「明日も頼むな~」と走り去っていった。

スポンサーリンク

これからどうすれば

 家に入って湯船に浸かると、あまりの気持ちよさに「あ~」と声が漏れた。でもすぐにno nameのことを思い出すと、ボーっと天井を見つめてしまった。

 ヒロムはバイトがno nameと関係ないって言ってた。それなら、どうして私はレイにno nameのメンバーにされたんだろう?バイトは行こうと思うけど……。

 その時、ヒロムの言った通りネオのギターがおかしかったことを思い出した。

 ネオは、私がno nameのメンバーだと知らなかった。ならどうして、私を助けてくれたんだろう……?

 考えてもわかるはずがない。お風呂を出た私は、ベットに倒れてうつ伏せのまま寝てしまった。

スポンサーリンク