将棋ソフトポナンザと棋士の魅力

現役最強棋士の挑戦者、名人を圧倒した将棋ソフトのポナンザ。


指し手を間違えない人工知能ポナンザの力は、将棋界を終わらせる魅力を持っていた。

実際僕は、どこかで次の最善手を間違える棋士の一手に魅力を感じなくなりました。


それは、今までは誰も予想しない手を、棋士が指す瞬間を楽しみにしていたからです。

今では人工知能(AI)が棋士を上回ってしまいました。そして指し手を間違えない人工知能は、棋士が読めない手を次々に指します。

その驚かされる一手に、現役の棋士もお手本にするようになりました。


終わったわ……マジで将棋界は終わった。今さら棋士が指す驚きの一手なんて、人工知能に聞いた方が早い。それを楽しみに将棋の対局を見る価値はなくなった。


本気でそう思っていたのですが、

ポナンザ(AI)が現役の棋士を超えたのに、将棋の人気は逆に上がっていったのだ!


そして、そんな僕も今では棋士同士の対局を楽しみにしている一人になりました。


どうして現役棋士を超えた棋力を持つポナンザやポンポコの方が強いのに、将棋ファンは離れなかったのか?

それは、将棋界が見事に人工知能(AI)と共存したからでした。

スポンサーリンク

ポナンザやポンポコの強さに絶望したファンが将棋界から離れなかった訳

羽生さん伝説の5二銀など、将棋ファンは強い棋士にしか見えない一手に興奮していました。


そんな手を、いとも簡単に指してくる将棋ソフトポナンザ。そう……今の時代は、次の最善手は人工知能(AI)に聞いた方が早いんだよね。

だから次の一手を間違える棋士同士の対局は、アマチュアレベルの対局に見えてしまった。


これでは将棋対局がつまらない。僕は本当に将棋対局を見なくなっていた。

それなのに、こんなに早く将棋界の人気が復活するとは思わなかったです。これは、中学生プロとなった藤井聡太君の活躍だけではないね。


ポナンザやポンポコが示す優勢を表す評価値があるから、最善手を指せない棋士同士の対局が面白くなったのです。

これは、将棋界も全くの計算外だったと思いますね。

逆転に継ぐ逆転の棋士対局!間違えるから面白い!!

将棋ソフトポナンザやポンポコが優劣を示す評価値を出さなかったから、棋士同士の対局はプロ棋士の解説でどちらが優勢かを知るしかなかった。


でも、僅差に優劣を付けるのは難しい。プロ棋士の優劣の判断は、駒得だったり次の手が指しやすいという曖昧なものだった。


対局の優劣を誰が見ても分かりやすくしてくれたのが、人工知能(AI)だったのね。ポナンザやポンポコは最善手を指すから、詰み筋に一直線に向かう。だから自分が優勢を広げる目安として、数値を広げる一手を選んで指します。


棋士が言う勝負手はいらない。常に最善手を指し、数値で負けていればこれ以上悪くならない一手を選んできます。


しかし、棋士同士の対局はそうではなかった。優勢は数値でハッキリ出されるので、これを目安にすれば初心者でも一目瞭然。

棋士同士の対局は、その数値がたった一手でひっくり返るのよ!


これが本当に面白い!ニコニコ生放送などのコメントでは、人工知能(AI)が示す優劣の数値がひっくり返るのを楽しみに見ている視聴者で溢れています。


驚きの最善手を見せるプロ棋士に期待する時代は終わりました。しかし今は、

棋士が間違えることを逆手に取った逆転に継ぐ逆転の対局が、視聴者を興奮させています。


プロ棋士より簡単に最善手を示してしまうポナンザやポンポコの登場が、マイナスと考えていた将棋界の不安を見事に消しちゃった。


いやいや、消えるどころか人工知能が示す最善手を指す棋士に驚く現象も起きてます。今では人工知能がプロ棋士を上回っていますが、その両者の関係は完全にプラスに働いています。

スポンサーリンク

プロ棋士と人工知能の新たな魅力

次の最善手と優劣を数値で示すポンポコやポナンザ。

それを見事に指すかもしれないプロ棋士。そして視聴者の期待に応えた時の興奮。

僕のような素人でもハッキリわかる将棋の優劣。

その数値が間違える一手でひっくり返った時の興奮。


人工知能より弱いプロ棋士の対局は終わったと思われましたが、まさか新たな魅力を生むとは思いませんでした。


これからもっと将棋ソフトは強くなると思います。ですが将棋界は、将棋ソフトがプロ棋士より強くなっても構わない空気が出来あがったのです。


これを将棋界が狙っていたとは思えませんが、プロ棋士が間違えることで逆転に継ぐ逆転を視聴者やファンに分かりやすく伝える方法に繋がるとは思わなかったです。


僕は数年前から将棋を見るようになりましたが、一時本当にプロ棋士の対局を見なかったのです。ネットでも、人工知能に勝てないプロ棋士の対局に魅力はないと言われていましたからね。


全くの同意見でしたが、今では前より将棋対局が面白く感じています。そして、人間味溢れる対局者の仕草も注目するようになりました。


皆さんも興味があれば、新たな魅力の将棋対局をご覧になって下さい。数値で以前よりも将棋が分かりやすくなり、その面白さが伝わると思います!


例えば評価値9999は、詰み筋があるのだ。視聴者はそれがわかっているから、プロ棋士が相手を詰ませられるのかを楽しみに見る。仮に間違えた一手を指すと、その数値が逆転する!

今度は相手に逆転の詰み筋がある。それをプロが読みきれるのかを楽しみに、視聴者は見るんです。


この新たな将棋観戦の魅力は、本当に興奮しますね!将棋って面白いぜ!

スポンサーリンク